ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

みくし

みくしの感想・評価

3.5
お花見の帰りに見たので、疲れ果てていてちょっと寝てしまった。。つらい。。

先日ビーバップハイヒールで、アメリカ映画は社会風刺がスゴイみたいなのをやっていたのでまさにって感じでした。

組版と印刷のシーンがめちゃくちゃカッコ良かったです。
あああ

あああの感想・評価

4.5
たのし!
マサ

マサの感想・評価

3.5
とても興味深く見れました。

重苦しくなく、見やすくて良い。

これを短期間で撮る
スピルバーグは凄い。
AI

AIの感想・評価

3.4
スティーブン・スピルバーグ監督による実話が元の社会派ドラマ。報道の自由を貫こうとする勇気や重大な経営的決断を下す選択のシーンなど見応えのある重厚な作品。
ラストシーンの
最高裁から電話かかってくるシーンにうるっときた。
エイジ

エイジの感想・評価

3.7
ベトナム戦争に関しては『合衆国最後の日』が強烈に印象に残っているが、これは事実に基づいての話。それたけで説得力満点。

加えてスピルバーグの骨太演出。

面白くないわけがない。


ペンは銃より強し

しかしペンは凶器にもなる
日本のメディアは腐っているからな😅

名優の演技は見もの(^o^)/
報道の自由は全体通してわかりやすく伝わって、男性社会で活躍する女性像みたいな、そういうところも描かれていておもしろかった。

政府の隠蔽って自国でも関係はあるので、、、なによりメリルストリープがさらに好きになった。彼女の演技力が際立つ作品☺️

スピルバーグ作品ははずれが少ないですね。
toshi

toshiの感想・評価

3.9
一人でBD鑑賞。
社長がフライト中に見たとかで、
おススメしてきたので
見ておこうと思ってチェックしてました。

まさに今のトランプ大統領と
CNNのやりとりを風刺してる
ような作品。

こういう映画って話の内容が
難しすぎてついていけないと
思ってたら
結構楽しめました。

見てから知ったけど、
スピルバーグだったんですね。

メリルとハンクスの演技がすごい。
なんていうか、喜怒哀楽をあまり出さずに
喜怒哀楽を出しているという感じ。〇
主人公たちが何に苦悩を抱えているのかが明確でわかりやすい。〇
途中の印刷シーンが見事。あの時代を知ってる人も知らない人も
あのシーンのインパクトはすごい。〇

邦題がペンタゴンペーパーズですが、
原題はThe Post。あまり知らなかったけど、
PostはワシントンポストのPostだったんですね。
ペンタゴンペーパーズに訳した人は
良いカッコしたかったんでしょうが、
完全に失敗ですね。
Postとペンタゴンだと完全に焦点が違う。
そして、この映画を見たら
どっちに焦点が当てられてるか
一目瞭然。
せめてワシントンポスト
でいいと思うが?
なんか陰謀チックなタイトルにすればいいと
思ったのかな?
スピルバーグの映画のタイトルを
変更するなんて身の程を知れ。

邦題を作ってる人の名前も公表してほしい。
そして、ちゃんと映画を見てほしい。

最近、こういう邦題批判が自分でも
すごいって実感してます。

だって、映画のタイトルって
結構「命」だと思うんですもん。
今後も言い続けます。
>|