ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

anankeigo

anankeigoの感想・評価

4.0
公開2日目の深夜六本木ヒルズにて鑑賞。

作品は伝えたいメッセージとその表現の仕方だが、本作はそれに加えて、制作期間の短さが特筆すべき点でしょう。
タケダ

タケダの感想・評価

4.0
最後の終わり方本当に好き

ウォーターゲート事件に至るまでの新聞社のお話。結構楽しめた。
Tomotaka

Tomotakaの感想・評価

3.5
メリルストリープにトムハンクスをスピルバーグ。そりゃ内容以上に見やすくわかりやすくなるよな。さすが。
toru

toruの感想・評価

3.8
国家権力vsメディアの話
社会派の映画でこんなにハラハラドキドキしたのは初めてかもしれない

民主主義と謳ってはいても、裏では何をしているかはわからない国家権力
それを国民が知る術はテレビや新聞といったマスメディアであり、だからこそ思想の自由や報道の自由は憲法で保護されている

しかし、逆を言えばマスメディアによって大衆の思想や価値観は簡単に左右され得るものであり、昨今のフェイクニュースやメディアの腐敗と言った問題に警鐘を鳴らし、個々人のメディアリテラシーが重要になってくるのがよくわかった

演出的な面では近代のパソコンで打ってコピーアンドペーストからコピーよりも、
ワープロで打って1文字ずつ金具を成型して輪転機を回す作業が、メディアに携わる一人ひとりの仕事を強調して表しているようで良かった

なによりトムハンクスとメリル・ストリープの仕事人としての表情が素晴らしい
報道の自由を守れるのは報道しかないっていうフレーズもグッとくる
みる

みるの感想・評価

3.6
私は馬鹿だからよくわからんかった。
まず誰が誰かがわからなくて困った。
盛り上がるのは最後だけかなぁ。
kao

kaoの感想・評価

3.8
ラストの終わり方、好き。
deepsky

deepskyの感想・評価

2.6
盛り上がる場面は無く淡々と進んでいく
yum

yumの感想・評価

3.5
アメリカに関わらず、政府には隠し事がたくさんある、と思わずにいられない。トップにコントロールされる国民があってはならないと、隠された戦争の事実に立ち向かった新聞社の実話。
今のメディアにこの勇敢さはどのくらいあるのだろう。どのくらい人が、真面目にニュースを受け入れるのだろう。
取捨選択が個人に任されるこの時代に描かれるべき話だと思った。
終始そんなに盛り上がらなかったなぁ…。
盛り上がりどころが少ないというか…。最後、報道の自由を勝ち取ったけれど、別にみんな報道の自由のためにスクープするんだ!みたいな意気込みでもなかったし。むしろ、「あの会社に負けてたまるか!」「女社長でバカにされてたまるか!」みたいな私欲のうえでの決断みたいな感じに見えてしまって。
いろんな理由があってワシントンポストにしたのかもしれないけれど、ニューヨークタイムズの方が主人公じゃんって思っちゃうなぁ。
見ても見なくてもいい作品。
>|