ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

コウ

コウの感想・評価

4.0
報道はかくあるべしというお手本みたいな実話が元になった映画。
圧力を加えられようと社の存続の危機であっても、報道の自由を貫く姿勢はさすが。
雇われ編集者である夫に、ケイの決断の重さを語る妻の場面と、他社の新聞の下りが好き。
権力側から与えられる情報を右から左に公表するんじゃなく、報道のあり方に誇りを持って圧力に立ち向かう新聞社の人たちがかっこいいし、それを司法側も権力に阿らないのが素晴らしいなあと。判事のコメントも好きだなー。
この後ウォーターゲート事件が起こるわけたけど、その辺ちょっといろいろ資料読んでみたい。

"今"だからこそ観るべき映画なんでしょうね。
Kyo

Kyoの感想・評価

3.8
報道について色々言われてる今だからこそってかんじ
やあメタルマンだ、この作品はレディ・プレイヤー1の準備中にわずか半年ほどで制作されたらしいのだが、控え目に言って変態だよねスピルバーグ(良い意味で)。

映画界を新たな時代へ導く傑作と、アカデミー賞ノミネートの超一級社会派エンターテイメントを並行して作れるのは銀河を見回しても貴方だけですよ。
ほんと変態(良い意味で)。

想像も出来ないような重圧の中で闘い抜いたキャサリン達へのリスペクトがしっかり伝わる作りで、ああ、本当にこの映画が撮りたくて仕方なかったんだろうなと感じた。

マスコミの在り方に度々疑問符が投げかけられている今だからこそ、このような作品が必要なんだと、スピルバーグの声が聞こえてきそうな映画でした。
sabonis

sabonisの感想・評価

3.9
もうメリル・ストリープは演技をしていない。
Shimizu

Shimizuの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ベトナム戦争に関わる分析等を記録した政府の最高機密文書ペンタゴン・ペーパーズ。文書を手に入れた新聞社が報道をしたことに政府は圧力をかける。「報道の自由」対「政府」の結末は。

報道の自由に則り、国民に真実を伝えること。政府に屈せず掲載の決断をした、社を背負う強い女性の姿は魅入ります。仕事に全てを賭ける新聞社の情熱もすごい。トムハンクスの存在感。
きちんと背景を勉強してもう一度見たい映画です。
「レディプレイヤー1」にスピルバーグらしさを殆ど感じなかった事もあって、同時期に製作されたという本作には、その分、彼の個性が色濃く表れているのではないかと期待していた。観終わって思うのは、確かにスピルバーグっぽさはあるのだけれど、映画監督してというより、1人のアメリカ人としてのスピルバーグらしさである。

本作は、ベトナム戦争時代の最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」のスクープを巡る、ワシントンポスト関係者の奮闘を描いた実話物である。ドラマティックな演出は無く、記者を始めとする局内の敏腕達による会話劇がほぼ全てと言って良い。かなり多くの人間が登場し、しかも大半が同じ会社の人間なので、各々の人物像を記憶、把握するのは難しく、とにかくハードルが高い。

しかも、この文書はNYタイムズが先にスクープした物であり、ワシントンポストはそれを追従する立場にある。なのに何故、スピルバーグは本作を「The Post」と題し、ワシントンポストをメインにした作品に仕上げたのか? そして本作が何故トランプ政権に向けたメッセージになり得るのか? そこを理解するには、アメリカ特有の「地方紙」の仕組みや、ワシントンポストとトランプ大統領の関係を知る必要がある。実際僕も、本編鑑賞後にネットで調べ回って、その辺りの背景をようやく把握した次第。

本来このスクープは、文書が隠蔽された結果、多くの米軍人が無駄死にしたという事実に対する告発として大きな意味を持っているはずなのだが、本作ではそこにスポットを当てておらず、あくまで「報道の自由を守るのは報道」という新聞屋としてのプライドや、ワシントンポストのスタンスを描く事に終始している。スピルバーグとしても、映画作りというよりも、個人としてのスタンスやメッセージを表明する意味合いが強い作品なのではないだろうか。主演がメリル・ストリープなのも、演技力だけではなく、彼女が表明している反トランプのスタンス故なのだろう。
青星叫

青星叫の感想・評価

3.2
ジャーナリズムと政治
法の解釈の屁理屈ゲーム

巨大権力を潰すってのは
爽快感があってエンタメには欠かせないですな

今やそれが個人的なSNSでも出来てしまう時代となって
昔話感の強い作品に感じた
80点
468

硬派な映画。中だるみもなく、こちらも引き込まれて観ることができた。
>|