ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

kuro

kuroの感想・評価

3.8
ちょこちょこと出てくる名ゼリフ。

終盤がマジで熱かった。
スピード感凄すぎてついていけない〜
頭良い人とか映画好きな人は好きって言いそう
ポロリ

ポロリの感想・評価

4.2
顔の陰影の付け方が格好いい。スピルバーグの重厚な社会派ドラマ
ゆき

ゆきの感想・評価

3.5
なかなかの重厚なお話。
報道の自由って簡単に言えないほど、すごいなーって思った。
国民は知る権利があるし、報道は伝える努力を惜しまないし。
たくさんの人たちが報道によって動かされるようすがわかる。
新聞社の活字を打つシーン、初めて見たのでおもしろかった。
Yumi

Yumiの感想・評価

3.1
難しかったけど
スピルバーグっぽかた
賢太郎

賢太郎の感想・評価

4.0
「スポットライト 世紀のスクープ」という作品があったのを思い出しました。あの話は教会のとんでもない裏事情を暴露するというストーリーで、どちらかというと"メディアの意義"と"それによる計り知れない影響"がテーマでした。

今作は同じメディアでもそういう側面だけでなく、女性として1会社を率いていたキャサリン・グラハムの"決断力"の側面からも描かれている作品です。ワシントン・ポスト紙もNYタイムズ紙も読んだことや耳にしたことがある筈ですが、彼等がどのようにして『真実を報道するのか』という立ち回り自体が非常に丁寧に描かれていました。

ベトナム🇻🇳戦争って世界史で学んだ際に悲惨なイメージがあり、「被害の記録」を資料集等で確認した記憶があります。正確な事実を確認し、それを報道するのがメディアの意義だと思うので、この物語の"決断"には感銘を受けましたね。当時の手作業感のリアルさも然りですが、一人一人に与えられた役割の大きさが現代の流れ作業のような仕事とは違い、非常にやり甲斐があるように思えました。

主演2人の演技はもうわざわざ記載する必要も無いかな。
スピルバーグ監督のこのすぐ後に公開された『レディプレイヤーワン』と比較してみると面白いくらい違う作品で、スピルバーグ監督の技量の深さも改めて伺い知ることが出来ました。
Sayu

Sayuの感想・評価

3.9
メリルストリープがかっこ良かった。
強い女性が戦う姿、良かったです。
「え、どういうこと?」「この人誰?」と、ついていけなくなるほどのスピード感が良い。いかに切迫した中で記事を世の中に出したのか伝わってきた。

好感度の塊のようなトム・ハンクスが、記事のためにならキツい発言もする、なかなか曲者の編集主幹を好演していました。
keko

kekoの感想・評価

3.5
うむー🤔
私にはちょーっと難しい内容だった🤦‍♀️
なので、簡単に。

夫の死後、ワシントン・ポストの社主となったキャサリン(メリル・ストリープ)。
最初は、どこか頼りない感じだったけど、
あの決断する時は頼もしかった。

その頼りなさと強さを、メリル・ストリープが上手く演じてたなって思う。

トム・ハンクス、ヅラ被ってて
最初目を疑ったw

以上!
>|