ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

kuro

kuroの感想・評価

3.8
ちょこちょこと出てくる名ゼリフ。

終盤がマジで熱かった。
Risako

Risakoの感想・評価

3.8
いまさらながら
スピード感すごい、メリルストリープって名女優なの初めて感じた、自信なさげで萎縮してた社主がどんどん成長して覚悟を決めてく演技が全くいやらしくなくてすごい
新聞が印刷されて、しかも活版印刷、投げられて、ばらまかれて、手に取られて、これが紙の威力なのね、タイプする人、工場で働く人、新聞を配る人、新聞に関わるすべての働く人を映してたのがとても良かった、勝利の後の工場の引きの図、ベルトコンベアーにのせられた無数の新聞、圧巻だった
編集室は正義感と緊張感に溢れて、たまに結束力をみせて、重要な電話は外の公衆電話から
かっこいいなあ

少し老けたトムハンクスをビル・マーレイに見間違えたのは内緒
ZAKI

ZAKIの感想・評価

3.2
報道とは何か。組織の一員である以上に社会を人間としてどうしたいのか、考えさせられつつ胸に熱いものがこみ上げる良作だった。
勇気、誇り、使命、口に出すのは簡単だけど、これらをもって仕事してる人ってほんの一握り。私ももってるとはいえないな。

新聞記事は”歴史書の最初の草稿だ”
これ最高。
アル

アルの感想・評価

3.5
報道の自由を勝ち取る物語。

元々知っていた話ではありましたが、テンポもよく、後半はあっという間に展開していくので楽しめました。
ベトナム戦争あたりの知識をしっかりと持っていれば楽しめる作品
実話を題材にしているからこそスピルバーグならではの雑さがたまに見えてしまう

報道の自由を勝ち取るというテーマを映画化したことは素直にすごいと思うし、そこまでの流れはとても良かった
そこを失ったら国家として形をなさないと個人的には思っているが…
Ryota

Ryotaの感想・評価

3.4
政権を相手取って機密を暴くという、メディアの役割。時々それって犯罪になるんだろうかいや大丈夫なんだろうかとか考えたりした。
しのの

しののの感想・評価

3.9
終盤スピルバーグ特有の雑な空気感になっててあれだったけど面白かった
hi1oaki

hi1oakiの感想・評価

3.8
活版印刷のかっこよさを全力で見せてくる映画!
気持ちがいい!
スピルバーグがトランプとそれに従う者達に叩きつける“アメリカの自由ってこういうもんだろ!”というメッセージ。
『レディ・プレイヤー1』のポストプロダクションと並行して、準備期間含めてわずか9ヶ月で作ったとは思えないクオリティ。この振り幅の2作品を短期間でキッチリヒットさせるスピルバーグ。恐ろしい。
直接的に関係は無いけれど、ウォーターゲート事件をまったく知らない人はアウトラインをウィキペディアあたりで読んでおくと、より楽しめる。
>|