ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

こけし

こけしの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ウォーターゲート事件を前線で追い続けたワシントンポスト社の、その始まりに至るまでの物語。

文書の掲載を断念してたらその後の歴史が変わってたかもしれんと思うと、考えさせられる。
最後の終わり方が良かった。
ryo

ryoの感想・評価

3.0
記録
matsuko

matsukoの感想・評価

4.1
予想以上に面白くて時間が経つのがあっという間だった。
アメリカが何代もの大統領に渡って、ひた隠しにしてきたベトナム戦争に関する最高機密を、当時地方紙だったワシントンポスト紙が掲載するってお話。

最高機密を持ち出した人や掲載する側は、非合法的にその情報を手に入れた訳だから法に問われる。そんな人生を賭けた大勝負に観ている側はとてもハラハラした。

日本にも情報開示制度があるけど、のり弁文書だったりで事実が隠蔽されてることとかあるなって、観ながら思った。自分の国はどうなんだろうなって政治に少し関心を向けられた気がする。
報道する側の責任も大きいんだなって、マスコミを初めてリスペクトした作品。
ベトナムの話がわんさか出てきて、知ってることもちらほら有り面白い!
最後の終わり方ええやん
20180921iTunesにてレンタル視聴

報道とは何か。これに尽きる映画。
今の日本のマスコミに見てもらいたい。
報道する自由と同時に、報道しない自由を使いまくるマスコミさん。
jitsumon

jitsumonの感想・評価

3.9
メリルストリープの演技力が何とも言えない殆ど素晴らしい。
政府の機密保持と報道の自由、ネットの普及によって大きく変わってしまったのだろう。
原題の報道技術に合わせるとどのような展開になるのだろう?

作品としては現代の男尊女卑撤廃を強く意識しているのが感じられた。故にニューヨークタイムズよりワシントンポストにフォーカスを置いたのでしょうね。

日本にも彼等のような信念を持った人達がいて欲しい。
この手の映画の予想通り、『動き』よりセリフが多く疲れた😅。
分かっていたけど、やっちゃえ!
やるのか?とハラハラしながら見ていた。社主はさぞキツイ決断だったと思う。
時代が違うから比較は難しいけど、『忖度』なんて慣習がある日本なら出来なかったと思う。
SOR

SORの感想・評価

3.5
記録
報道の自由って、Free to publish っていうのねー。
>|