ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

こけし

こけしの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ウォーターゲート事件を前線で追い続けたワシントンポスト社の、その始まりに至るまでの物語。

文書の掲載を断念してたらその後の歴史が変わってたかもしれんと思うと、考えさせられる。
まつき

まつきの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・鑑賞後、というか鑑賞中もだけど、さすがスピルバーグさすがスピルバーグってずっと思ってた。なんて無駄がないのだろう…。製作裏話もレビューやネット記事でいろんな人が報じたり語ったりしてて、一定以上の映画ファンならそれを常識みたいに知ってるし、もうなんかすごいなほんと。話題性、作家性、エンタメ性、メッセージ性、情熱、全部ある!

・もう何度も言ってるけど、自国の負の歴史を、一線どころかレジェンドの映画監督が映画にして、それが大々的に公開されるって、日本人の私、本当に羨ましく思う。しかも、昔話を語っているようで、一応遠まわしに(わかる人にはめちゃくちゃ直接的だけど笑)、今の自国の最高権力者を批判してるんだから、そんなのもうかっこよすぎるよね…。

・トランプや今の世の中の風潮へのカウンター映画、本当に多いんだけど、その大半が1960年〜1970年台前半を描いてる。監督の皆様は口を揃えて「今はあの時と同じ」という。問題がその時と比べて少しも良くなってないというわけじゃないだろうけど、やっぱり完全に解決はしていないし、今の風潮が昔へ逆行し始めているのを危惧してるんだろうなぁ。そういう映画たちを観て、監督の想いをしっかり受け止めなくちゃなぁと思うわけです。
かっこよかった〜。
日本と比べてアメリカとかは、司法がちゃんと判断してくれるから、国家に臆することなく挑戦する風潮があるように思う、、。
ノエル

ノエルの感想・評価

3.7
思っていた感じと違いました
バリバリの女性がというのをイメージしていましたが、真逆です
メリル・ストリープとトム・ハンクスを観る映画ですね。私はメリルファンなのでやっぱり彼女の良さを再確認しました。それでこれ続くの?っていう。
最後がいいね、あとトムハンクスなかなかかっこよかった。
Masa

Masaの感想・評価

3.4
原題: The Post
直訳: 掲載
※Washington Post紙にもかかる

ー 「今」を弾丸のように撃ち抜く、真実の物語

ちょっと引っかかるところがあって、スコア低め。
最後が巻きで終わって勿体無い感かはあるけど面白かった
Yukki

Yukkiの感想・評価

3.7
クライマックスでの主演2人の格好良さがしびれた ✈️
ANAの機内で。
地方紙レベルで家族経営なワシントンポスト紙の奮闘を描いた作品。
ニューヨークタイムズが圧力に屈しそうになるところを、ワシントンポストも記事にしたことで形勢が変わっていく。
記事にするかしないかの葛藤や争い、報道の自由。女性経営者としての葛藤なども描かれている。
昔の新聞が印刷されるまでも描かれているので、興味深い。
>|