ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

あの当時は、ベトナム戦争を続ける為に、嘘を付いてでもやっていたんしょうね?
あのセキュリティの低さは、今では考えられないです。
今の日本のマスコミとは違います。
にしても、国家に情報操作をされるのは怖いです。
スピルバーグ監督、「レディ・プレイヤー1」と公開順序を変える、降り幅の広さは凄い。
役者・スタッフ・製作陣、全ての層が厚いので安心感がすごい!
メリル・ストリープ様の決断を下すシーンが圧巻でした…。
最近の映画は男勝りな強い女性が何かと注目されがちですが、弱々しくも女々しくないメリル・ストリープ様の役作りが流石だなあと思いました…。
印刷機のカットがすごくセンスがいい!あのシーンだけずっと見ていたいかも笑
たま

たまの感想・評価

4.0
実話を基にした話で一番面白かった。
やっぱスピルバーグってすごい。
SFだけでなく、こういう話も引き込むあたり本当にすごい。
前半は説明書並みにつまらない感じでしたが、怒涛の後半。
トムハンクスの独壇場かと思えば、メリル・ストリープの悩みながらも芯のある強い女性は見応えがあった。
裁判が終わって、法廷を出て行くシーンで女性がみんな彼女を見ているところはいい演出だった。
判決を電話越しで伝えて、結果はおっさんがいうあたり、いい意味で期待を裏切ってくれる。
その後に続く判事の内容を女性が力強く答えるところも魅力的。
ラストのオチのところはウォーターゲート事件でニクソンが大統領戦で再選を目指すために、民主党を盗聴したのを揶揄しているのかな?それを報じたのもワシントンポストだし。
これはかなり遊び心あるラストですね!さすが!
大変面白い作品でした!
Kazumasa

Kazumasaの感想・評価

4.5
すげーリアリティがあって面白かった。
そして、「ザ・シークレットマン」を観てたから、最後めっちゃ痺れた!
文句ナシに面白い。これを作れる羨ましさと、作れぬこちらに悔しさと怒りが。
見終わって即、FEAR をポチった。気弱で頼りないメリル・ストリープが新鮮。
ニクソン大統領政権下の71年、ベトナム戦争を分析・記録した国防省の最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在をニューヨーク・タイムズがスクープ。ライバル紙でもあるワシントン・ポスト紙は、編集主幹のベン・ブラッドリーらが文書の入手に奔走——。

実話を元にした映画はどれだけ脚色が入るかでリアル路線から、エンタメ路線まで幅があり、本作はエンタメ寄りだが、スピルバーグらしい絶妙なバランス感覚に仕上がっている。

メリル・ストリープが、重い決断をするときの迫真の演技は見応え十分だ。素晴らしい役者さんだと改めて感じさせられた。

そして何よりも、スピルバーグ監督のどんなジャンルでも素晴らしい映画をつくれる多才さには、驚くばかりだ。
Eriko

Erikoの感想・評価

3.0
ベトナム戦争の背景を知らないで見たらちんぷんかんぷんでした。勉強不足。見終わってからちょっとググったら色々繋がった。
ハル

ハルの感想・評価

-
こういの好きです。
Chizuru298

Chizuru298の感想・評価

3.0
主役も含め俳優陣の味のある演技が良かった。ラストは、分かり難いという感想も聞いたが…私にしては珍しく…理解できた。なるほど、というスリリングなエンディングという感じでした。
>|