ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

あの当時は、ベトナム戦争を続ける為に、嘘を付いてでもやっていたんしょうね?
あのセキュリティの低さは、今では考えられないです。
今の日本のマスコミとは違います。
にしても、国家に情報操作をされるのは怖いです。
スピルバーグ監督、「レディ・プレイヤー1」と公開順序を変える、降り幅の広さは凄い。
I watched the movie in Japanese.
Because I can’t understand character name in English.
Washington post ‘s decision impress government.
They obtain free of to inform by newspapers.
KERRY

KERRYの感想・評価

3.3
スピルバーグ監督作品。各々の信念がすごい映画。女社主が主人公なのも見どころ。トム・ハンクスは尋常じゃなくキャラが濃い。植字や輪転印刷が見れるのも新聞映画ならでわ。「輪転」というキーワードが懐かしかった。
京楽

京楽の感想・評価

4.3
ハリウッドが大好きな暴露系社会派ドラマ。
機密文書の公表を中止するよう要求してくる国家&公表すると反逆罪になりうるという絶望的な窮地に立ち向かう姿が、池井戸潤の日曜ドラマを見ているかのよう。

もっとアメリカの闇を晒してほしい。
というか日本も実際の不正とか陰謀を映画すればいいのに。

「自分たちの国はこんな不正があったんだ!見てくれ!」
と堂々と見せてくるアメリカは気持ちいいね。
今でこそテレビやスマホが主流となり、新聞が持つ重要性が薄れてきてはいるけど、それらメディアによる報道の始まりである新聞とそれを作る人間たちの力強さが伝わってきたし、改めてジャーナリズムの影響力の強さを思い知ることができた。
報道こそが権力と分離し俯瞰し、間違いを正すことができる手段であり、それこそが現代においても求められる姿なのではと思った。
前例がないことを恐れず、権力に屈しず、思ったままに行動し、人々を救済する。
一人一人の思いの強さが世論を変える。
痺れました。
TOMMY

TOMMYの感想・評価

3.6
2018-101
Kazu

Kazuの感想・評価

3.7
それなりに面白い。日本より報道の自由が進んでいるアメリカならではの映画。
おしん

おしんの感想・評価

3.7
前半面白いと思って観たけど、難しくてわからなくなってきた。
>|