ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

あの当時は、ベトナム戦争を続ける為に、嘘を付いてでもやっていたんしょうね?
あのセキュリティの低さは、今では考えられないです。
今の日本のマスコミとは違います。
にしても、国家に情報操作をされるのは怖いです。
スピルバーグ監督、「レディ・プレイヤー1」と公開順序を変える、降り幅の広さは凄い。
かっこよかった〜。
日本と比べてアメリカとかは、司法がちゃんと判断してくれるから、国家に臆することなく挑戦する風潮があるように思う、、。
ノエル

ノエルの感想・評価

3.7
思っていた感じと違いました
バリバリの女性がというのをイメージしていましたが、真逆です
メリル・ストリープとトム・ハンクスを観る映画ですね。私はメリルファンなのでやっぱり彼女の良さを再確認しました。それでこれ続くの?っていう。
最後がいいね、あとトムハンクスなかなかかっこよかった。
Masa

Masaの感想・評価

3.4
原題: The Post
直訳: 掲載
※Washington Post紙にもかかる

ー 「今」を弾丸のように撃ち抜く、真実の物語

ちょっと引っかかるところがあって、スコア低め。
最後が巻きで終わって勿体無い感かはあるけど面白かった
Yukki

Yukkiの感想・評価

3.7
クライマックスでの主演2人の格好良さがしびれた ✈️
ANAの機内で。
地方紙レベルで家族経営なワシントンポスト紙の奮闘を描いた作品。
ニューヨークタイムズが圧力に屈しそうになるところを、ワシントンポストも記事にしたことで形勢が変わっていく。
記事にするかしないかの葛藤や争い、報道の自由。女性経営者としての葛藤なども描かれている。
昔の新聞が印刷されるまでも描かれているので、興味深い。
メリル・ストリープ大先生に乾杯しかない。仕事頑張ろう。
>|