ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

FluffyFox

FluffyFoxの感想・評価

2.9
この辺りのアメリカ歴史に興味が無いと、楽しく観ることはできない。
メリルストリープが見どころをほとんど持っていってしまい、トムハンクスの影が薄く感じる。
ラストのウォーターゲート事件を示唆するシーンは要らないと思った。
2時間ずっと興奮していた。
素晴らしすぎる映画。
me

meの感想・評価

3.8
決断しなければならない時の怖さと勇気
メリル・ストリープは上手いなと思いました。
仕事に対する信念の持ち方を考えさせられました
自由の国アメリカでさえ女性にあの扱いたったのかと、、、
タケ

タケの感想・評価

4.0
最後は痛快。
でも、あの時代の背景が分からず、最初はちょっと理解できないとこがあった。
kekq

kekqの感想・評価

3.0
なんだろうこの気の抜けた感じは。

1971年、ベトナム戦争の長期化により国民感情が複雑化していくなか、複数の大統領が関与した最高機密文書を二大新聞社が入手。国家の威信と報道の自由を天秤にかけたギリギリの駆け引きが繰り広げられていく。
世界的に有名な新聞社どうしの特ダネ争い、惰性で腐敗していく政府批判と民主主義の再認識、そして成り行きでトップに立ったカリスマ性に欠ける女性社主の苦悩と成長など、おもしろ要素はもりもりに盛りすぎなほど。

しかし「大変だ!どうしよう!?」となった問題が唐突に解決し、「このままだと大変なことになるぞ!」がそれほど大変なことにならず、「バラバラの4000ページを10時間で読むぞ!」がなんとなく読めてしまう…。
それが史実なのだからしょうがないといえばそれまでだが、あたかもそこで生きているような研ぎ澄まされたリアリティは無く、演出はとことん映画的。ラストもまぁ、そうだろうね、と言う感じ。
主演二人の演技の厚みや演出の説得力は死ぬほど高く、活版印刷のアップや高く伸びた輪転機が稼働するシーンはとても美しい。

これだけ濃厚な内容を120分にまとめたことは功績だが、圧縮率が高すぎて全体的に大味になってしまった印象。スピーディでテンポも良くなるはずなのに、絵面の地味さと状況説明のセリフの多さからかまあまあ眠かったり…。

どうしてこんな風に感じたのかなともいろいろ考えたけれど、そういえばスピルバーグ監督の社会派映画はけっこうこんな感じだったということを思い出した。
わい

わいの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

最後、向かい側のホテルにはフォレストガンプがいるんですよねわかりますよ
masa

masaの感想・評価

4.2
記録。
下記の2作を受けてなのかスピルバーグが、呟きのように短期間で仕上げたという本作は米国でのトランプ政権の横暴、日本では安倍政権での公文書改ざん事件などなど、たまたま機ぜずしてシンクロするものがある。

しかしながら、現代では権力の監視機能としての新聞報道は過去に比べ力を失い結局は野党的な実際性をもたない批判に終わってしまったのは周知の通り。

だが本作のようにジャーナリズムが機能していたかつてのかくあるべき態度は、歴史的に振り返るに値する価値があると感じた。

それにしてもスピルバーグの映画はストーリーの見せ方がうまくカメラワークが自然すぎてつい内容に没頭してしまうが、その形式的技法はあらためて吟味しなおしたいところ
まりー

まりーの感想・評価

2.5
残念ながら勉強不足でして、ウォーターゲート事件と同時期の話というところがわからず…
見終わってから解説を読みました^^;
お勉強してから見たほうが良いですね。
メリルはプラダを着た悪魔がハマり役過ぎて、意志の強いバリキャリ女性なイメージだけど、今作の役もすごくハマっていました!
真逆のような人物も完璧に演じ分けられるのだから、ハリウッドはメリル使い過ぎじゃない?とも思うけど、こんなすごい人使いたいですよね。
おこた

おこたの感想・評価

3.6
ストーリーはわりとデジャヴ感あったのですが、印刷所での新聞が刷られていくシーンにかなり興奮してしまいました……
>|