ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

こんな世の中だからこそ映画化したんだろう。

ベトナム戦争に関して勝てる見込みがないという調査結果が出ていたにもかかわらず、その結果を隠蔽しベトナム戦争を行っていた政府にたいして、4000ページもの機密文書をリークしそれを掲載したワシントン・ポストの話。

フーバー(このときのFBI長官)とかいろいろ知った名前がでてくるけど、Jエドガーみてたのでだれかわかるのでニヤッとした

メディアが何をすべきなのかということを強く表現している。
報道は統治者のためにあらず、国民のためにある。

終わりも最高にかっこいい。この後のニクソン大統領のあれにリンクする感じです。
ザ・シークレットマンと大統領の陰謀もみよー
yuta

yutaの感想・評価

4.0
1971年ニクソン政権下のアメリカで、ベトナム戦争に関する機密情報が漏洩し、NYタイムズにより報道されるところから物語は始まる。実話。
正直なところ結構固い内容の映画ではあります。アメリカの政治的、歴史的な知識は必要不可欠であるかと。その上で報道記者たちの、信念や責任の中で揺れ動く熱い人間ドラマが展開される。トム・ハンクスとメリル・ストリープの存在感が大きな助けにもなって、そんなに苦痛に感じることなくドラマに入り込めるし、最後きっちり感動させてくれるまとまりになっている。
『報道の自由を守る唯一の方法は報道する事だ』
この信念を貫いていくトム・ハンクス演じるベンがとにかくかっこ良くて胸が熱くなります。 最後はあの有名な事件へと繋がって終わっていく。スピルバーグらしいというか、映画的なワクワクを忘れない監督だなあ。
難しい内容だったけど
当時の緊張した感じとアメリカ情勢
女性の立場についても勉強になりました!
おがた

おがたの感想・評価

3.0
終盤の葛藤はかなりアツい 前半はだれてる
ユウヤ

ユウヤの感想・評価

3.5
映画の終わらせ方がまた何とも言えない。
決断をするということ。
それを簡単そうに思う人がいたとしても、それはただの妄想にすぎないんだよね。
簡単なことではないし、その決断の重さは本人にしかわからない。
悩んでも自分を信じて、しなやかな女性でありたいと感じさせる映画。
見た後に残るものが特になかった~

最後のシーンは調べてなるほどってなった、無知辛い

単純な女だから最後の盛り上がりに乗せられて感動はした
TheListof

TheListofの感想・評価

4.0
ベトナム戦争に対するネガティブな見解を記した極秘文書が新聞社に流出しててんやわんやの大騒動になるお話。実話。

スピルバーグってもうオワコンじゃない?って最近思ってたけどいい意味で期待を裏切られたそれくらい面白い作品。時代背景を知らないとついていけない部分が多いので予備知識を持ってから見ると「なるほど~」と思う。いつの時代も臭い物には蓋をしたがる権力者がいるけど、それを暴く人間もまたいると、そういうことですかね。ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストの関係性も分かっていろいろと勉強になる映画だった。

見どころ
・メリル・ストリープの演技。実際のキャサリン・グラハムがどんな人か知らないけどまじで上手いと思った。
・権力にすり寄らないジャーナリズムの重要性

トム・ハンクスって何を演じてもトム・ハンクスなんだけど、それが何とも言えない雰囲気でそれぞれの映画にマッチしちゃってる不思議な俳優だべな。以上!
Leon

Leonの感想・評価

3.4
仕事の話

自分が今行ってる仕事、あなたはどれくらいの温度で向き合ってる?て聞かれた気がした。
toshi

toshiの感想・評価

4.0
原題は「THE POST」邦題が「ペンタゴンペーパーズ」詳細は「マクラナマン文書」
後世の為に残したベトナム戦況の機密文書がベトナム取材記者の良心によってコピーされ新聞社に持ち込まれる。掲載したニューヨークポストは差し止めに。次に持ち込まれたワシントンポストは掲載するか否かで大激論になる。

「報道は権力を監視しなければならない。」政府に都合の悪い情報を大統領の圧力で封印するというのは新聞社が国民が負けるということ。6年前から負けると分かっていて政府はベトナムに若者を送り続けた。アメリカが負けるという不名誉を避ける為に。というより軍需産業の利益の為やろて思ったけど。

長い付き合いの親しい仲が友達なのか敵なのか。こちら側が思っている関係と相違があった時の失望。何を優先させるのか。人には大事な決断をしなければならない時がある。その葛藤を演じるメリル・ストリープがさすが。
>|