ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

マイク

マイクの感想・評価

2.1
政府が隠してる事を暴露する人たちという
ジャンルの映画だけでレンタルビデオ屋は
1コーナー作れますよね。

一年に一本はあります。

スピルバーグもこういうの撮りたかったんやー
という印象です
は

はの感想・評価

4.4
熱くなりますねえ。
結末は、わかってても、
いけ!やれ!そこだ!!
野球観戦状態になりますねえ。
、、野球、観ませんけども。
面白い。
見ていて主人公に没入してしまう感じ。
難しそうな話だが、わかりやすく見やすい。
政府の機密文書を暴くとは
存続が危ぶまれるということだが、
何のためにブン屋をやってんだ!
って感じで、こんな気概を日本の新聞会社にも
持って欲しいもんだと思って観た。

自分の仕事に誇りを持って。

女性社主の気合いで
いやいやこちらも気合いが入った。

トムハンクスは良い俳優だけど、
齢を重ねて益々味が出てきた。
好きだなぁ。

ボブオデンカーク大活躍!
清水

清水の感想・評価

3.7
いつかこんな仕事してみたいわいね。
いちや

いちやの感想・評価

4.2
ワシントン・ポストの女性社長として決断を下した映画。仕事にプライドを持って挑む姿が最高に格好いい。この社長の過去は映画に描かれていないが調べてみると面白い。
実話として勉強になったし、熱い想いをもった仕事人たちの物語はとても胸に来た。キャストの演技は改めて凄さを感じて何度泣かされたことか。スピルバーグ外れなし。
my

myの感想・評価

4.1
圧巻です。メリルストリープの演技はやはり神の賜物!!!!!!です。

内容は冒頭から、あ、難しいやつと直感で感じたので脇目振らず観たけど
新聞社の記事ネタの裏側を見れた気分。
活字となっていく過程は鳥肌が立ったし、一つのネタで周りが巻き込まれていくのを感じ、真実を伝えるっていうのは勇気と覚悟と責任が必要なのだとしみじみ感じた。
YuyaTaziri

YuyaTaziriの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

国を揺るがす最高機密文書を
掲載するべきかどうか。
自分達の立場を揺るがしても
アメリカ国民に伝える記者でいられるのか。

ベトナム戦争の最高機密文書を入手した
ワシントン・タイムズの人間達の
それぞれの葛藤を描いた映画でした。

政府に逮捕までほのめかされるが
ジャーナリストとして伝えなければならない文書を手にしたワシントン・タイムズ。
社主であるケイ(メリル・ストリープ)は
掲載するべきか否か決断に迫られます。

伝説のように語られる亡き父と夫から
引き継いだこの会社を守るにはどのように進めばいいのか。

最初は頼りげないケイが
悩みながらも決断する姿は素敵でした。

報道の自由とワシントン・タイムズの為に
現場を駆け回り、ケイを説得する
ベン(トム・ハンクス)もかっこよかった。

また観たあと気づいたんですが
この映画スピルバーグ監督なんですね。
政治と女性の活躍をテーマに
映画としても綺麗にまとまっていてやっぱり凄いと思いました。
KO

KOの感想・評価

3.2
アメリカの最高機密文書をめぐる、政府とジャーナリズムの攻防。

ニューヨーク・タイムズ、そしてワシントン・ポストの社主と記者達の戦いが熱く描かれる。

報道に関わる者達の取材力と使命感に、ただただ脱帽。

輪転機のシーンには報道の責任と歴史的重みを感じた、一方で
今やワシントン・ポストは、「ジェフ・ベゾス」の所有になり、デジタルにシフトしていることを考えると感慨深いものがある。


最後にウォーターゲート事件につながるシーンで終わり、気になってしょうがなくなり、続いて古い名作「大統領の陰謀」(1976)を観賞。ワシントン・ポストの若き記者の奮闘が描かれる。こちらはこちらで大変面白かった。
>|