ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価・動画配信

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

ラッコ

ラッコの感想・評価

4.1
メリル、良いわ〜!!
coj

cojの感想・評価

3.7
メディアVS政府の構図に胸が熱くなる👍

この時代で女性ながらトップとしての決断に迫られるシーンは感動😢メリル・ストリープとトム・ハンクスの演技に、言葉は少ないもののそこにある様々な想いを感じることができました。

当時の新聞がアメリカ社会に与える影響の大きさを知ることができる作品ですね
たまにはこういう映画もよき😌
prdd

prddの感想・評価

3.8
史実を基にしたあくまでも「映画です」スタンスがかっこよく、久しぶりに色々ごちゃごちゃ考えない歴史のエンターテイメント作品を見たなぁと思った。映画としての細部へのこだわり、特に印刷機のシーンとか楽しませてくれる演出を忘れないスピルバーグだなぁ。
主演二人はもう、二人のやりとりを謳歌してるように見えた。ラストに長い長い解説がなにもなく、ウォーターゲート事件の始まりで終わらせるところが1番痺れたなぁ。あ、映画人による「映画」観たなぁって。
オデンカークとジェシープレモンスが対峙するところは、2人も楽しそうだった。
Zealot

Zealotの感想・評価

4.2
⭐︎ 伝記/ ドラマ/ 歴史/ スリラー
nozomi

nozomiの感想・評価

4.0
自分の人生を掛けて仕事に取り組む人達はすばらしい✨

特にメリルストリープが素敵でした❗️

また観たくなる映画です🎞
otomisan

otomisanの感想・評価

4.1
 W紙が首都の地元紙から賞獲得を常に目指すような高級紙に躍進するきっかけとなった経緯がよくわかる。鵜呑みにしていいのなら。たとえば、トム・Hがメリル・Sに国防長官からペンタゴン・ペーパーズを入手すべく動けと頼むあたりだ。窮すれば何とやらだが、本当にそんなやり取りがあったんだろうか、とても信じられない。
 また、御用新聞というのではないのだろうが、新聞として政府発表を信頼し、新聞人個人として政治家と親しく交流できた時代が直前まであって、と言うのだが、大恐慌後とか対枢軸国、対共産主義の姿勢を同じくする分には頷けなくないが、ニクソン政権の国防長官を相手にする姿勢を説明する事としては納得できない。そもそも、連邦政府の地元で共和にも民主にも顔が利く連邦政府御用的地元紙の立場を抜け出して高級紙を目指すべく、ベンを編集主幹に据えたのだろうに。
 ただ、初の女性社主でしかも高級紙を志向するとか株式上場と紙面の維持のジレンマを抱えるとかウォーターゲート事件にまで繋がる本件に食らいつくところを見ればまさにW紙の大転機である、旧時代の作法を対象的に示すいい題材とは思った。
 良くできてるだけに、そんなことに気が立つ。つまりW紙の事情が多すぎて「大統領の陰謀」のような事件一本に集中しにくい感じがいやなのだ。そう考えるとNYT紙を主としたドラマにすべきだろうし、"The Post"の話がいいなら、Pペーパーズに関わるところをもっと整理して対権力のドラマを厚くするべきだったのではないか。よくできてると思う割に食い足りない感が募る不思議な映画だ。
 それでも良くできてる。新聞社の仕事の細々が断続して初めから紐で括って流れていくまでよく見える。また、文書を持ち出すダンの心情や、ダンを追うバグディの興奮、ニールのしっぽを掴むインターンの緊張感、経営陣の困惑、法務の苦慮、最高裁に助言書を送る議員、報道の役割を解明する判事、同罪を顧慮せず応援記事を出す他紙、追い込まれやがて自爆の瀬戸際に向かうニクソンまで、この件に関わるあらゆる立場の人が余さず見えるのがいい。おまけと言うべきか、レモネード売りの娘の荒稼ぎが可笑しかった。終わりよければまあいいか。
morning

morningの感想・評価

3.7
印刷のラインが一斉に動き出すシーン、鳥肌たちました。メリル・ストリープがうつくしいドレス姿で「もう寝るわ」、シビれる演技であります
KoRn

KoRnの感想・評価

4.1
正義のために働く新聞記者は、 映画『スポットライト』と同じように観てて熱くなりました🔥

決死の決断がカッコ良かった!!

アナログな印刷機、タイプライター、タバコ🚬充満する事務所。
細かいところですが、かなり好きな部分です。

『スポットライト』でマークラファロが言っていた「知ってて記事にしないことも罪だ。」みたいなことを思い出しました。
ストーリーに集中できず夢の中に行ってしまい話についていけなくなってしまった。

あの時代の新聞の印刷の様子が見られるのは面白い。
>|