ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

ニクソン大統領時代のベトナム戦争に関するトップシークレットをワシントンポストが入手して記事にした実話もの。その後のウォーターゲート事件に繋がる。キーパーソンの人間性の描写が荒い気がするが、アメリカ人が見る分には不要なのかも。
新聞の全盛期、記者が報道の自由、国民の知る自由、そして新聞社の利益を純粋に追及している点が伝わってくる。
現在の日本の新聞社が最も大切にしていると思われる世論を作り出す自己満足(幻想)のようなものは含まれていない。

『報道機関が仕えるべきは統治者ではなく国民だ』
mei

meiの感想・評価

4.0
この時代に女社長としてやっていたケンは自分の無力さも感じていただろうけど勇敢な女性だった。報道機関は国家に属してはいけないと示した映画。
洋画の社会派ドラマは、セリフに付いて行くのがやっとでら、下手したら意味不明状態。

けど、さすがはスピルバーグ。アホな俺でも少しウルッとしてガッツポーズ。すげ〜(笑)
megachang

megachangの感想・評価

4.0
ジャーナリズム、言論の自由、メディアの在り方 完全に現代に落とし込める映画。

サイドとして過小評価されていた女性の地位向上がテーマ
Moekos

Moekosの感想・評価

3.4
あらゆる所から緊張感が伝わってきた。
やるべき時にどう決断するか、どう行動するか。
hmmovieee

hmmovieeeの感想・評価

4.1
女性の立場の弱さに触れながら報道の自由について書いた作品。外れなわけがないし、よかったけど、前半は登場人物を把握するので精一杯だった。
スピルバーグて「父性性」の映画多い
riku

rikuの感想・評価

4.6
こんな風に働けたら格好いいなあ
>|