ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

ベトナム戦争に関する隠蔽された最高機密をマスコミ(ワシントン・ポスト)が政府の圧力を受けながらも公表し、ニクソン政権を倒し報道の自由を勝ち取った社会派ドラマ。スティーブン・スピルバーグ監督のもとで、メリル・ストリープとトム・ハンクスの2大オスカー俳優が初共演を果たした。
さすがに二人の演技は結末が最初からわかっていても飽きさせない。紙面にするか否か、印刷に回すまでのギリギリの駆け引きも面白い。
999本目の記録作品\( ˆoˆ )/!

品川プリンスの映画館レイトショーでの鑑賞。

作品の良し悪しは人それぞれだけど、私は最後にスッキリー!というよりも、あの部分はなんだったんだろう?と少し謎が残るような終わり方だったり、考えさせられる作品が好き!だから今回の作品もそれにバッチリと当てはまってきて大満足。


スティーブンスピルバーグ
トムハンクス
メリル・ストリープ

とんでもない豪華メンバー!!!
これだけでも見る価値がある。

最近よくある作品の共通点はやっぱり『女性の社会進出』
見飽きたくらいテーマにされてて今回もやはり、メインテーマである『言論の自由』に加えて扱われてた!裁判後メリル・ストリープが女性陣の熱い視線を受けながら、道を歩くシーンが印象的だった!

最後の共産党も謎だったし、気になる点が多々あって解説して貰いたい!!
YuiYabu

YuiYabuの感想・評価

2.5
前半がちょっと難しすぎたかな。。
でも、報道の自由と政府を守ることのせめぎ合いは実物でもあったかと。主演2人の演技力は素敵でした!
報道する責任、政府の圧力 の攻防
締め方いい、ウォーターゲート事件
メリルとトムハンクスて共演あんまないや
Mayu

Mayuの感想・評価

3.2
報道の自由とは。何を感じようと、事実を発言しようと、自由なわけで。でもそれも結局は切り取られたもんなわけで。そこは気をつけなきゃなと思いつつも自由のために戦うみんなはかっこいい。男社会の中で戦う女性みたいなのも描かれてて頑張れーって応援したくなった。
報道の自由について、女性の社会進出について、考えさせられる作品。
nonono

nononoの感想・評価

4.5
今の日本だからこそ響くものがある

ザクッと概要だけチェックしてから鑑賞しましたが、ストーリーはまさに今の日本が直面している文書捏造(本作では隠蔽)問題とそれを暴こうとする新聞社の激闘だけでなく男社会の中で闘っていく女性の物語でした。

映画の内容とは逸れるけど、最近の文書捏造、アメフトやmeetoo等の問題を見ていて日々感じていた事を改めて考えさせられた。
多くの人がこれらの問題を知り、社会に対する不信感や不満を感じながら起こすアクションはせいぜい非難のツイートやネット上のバッシング。デモなんて極端な人達がするものと言うイメージで結局行動には何も現れない。少なくとも私はそういう態度でいた。

けれどずっとずっとモヤモヤしていて、間違いなくこんな嘘まみれの政治や、国民の知らぬ間に勝手に都合よく変えられている労働環境や税金に関わる法律、賃金は変わらないのに年々上がっていく年金や社会保険料、性別だけで様々なハンデを負わされるストレス、、、もういっぱいいっぱいになった不満を抱えながらどうしたら良いのか分からない。

映画の中で不祥事が発覚して市民はすぐにデモをして抗議運動を始めていたシーンを見てショックを受けた。多分これは映画の脚色ではなく現実の姿だと感じた時の、日々の自分や日本の”政治的無関心”への恥ずかしさと、どう行動をしたら良いか分からないもどかしさでいっぱいになった。
私達は世界の他の国と比べて圧倒的に自国に関する関心が薄く、不満や問題に対する瞬発力が足りない。そして大きな社会に喰い物にされていっている。

もし自分がケイの立場だったらどうしたか?答えは勿論Goだ。私もそういう選択をして行動に移せる人になっていきたい。自分の子ども達にも地獄を地獄のまま渡したくない。

長くなったけど、とにかくそこまで考えさせられる映画でした。
やっぱりベタだけど正しい事に向かって闘う物語って胸アツ!
妻と観ました。
前半はだるかった。
後半は良かった。
ラストから「大統領の陰謀」が始まった。
今の世界情勢にとても不安を感じる。そんな時にスピルバーグほかハリウッドの俳優が頑張ったと思う。
映画自体は今一つかな。やはり今のアメリカ映画は元気じゃない。
この前の「ウェストン・チャーチル」良かったーー☺
マリン

マリンの感想・評価

3.1
ベトナム戦争についての最高機密文書、通称ペンタゴン・ペーパーズ。これを巡る新聞社とアメリカ政府の攻防を描いた作品。

まだ地方紙であるワシントンポストの女性社長をメリル・ストリープ。スクープを貪欲に追い求める編集主幹をトム・ハンクスが演じる。

当時は、政権にとって不利益な記事を書くことは難しかったんだろうと想像できた。それでも記事を載せるワシントンポストの面々は素晴らしい・・・けと、最初のスクープはニューヨークタイムスなんだよなぁって思った。
しかし差し止め命令が出て、記事にすると投獄される可能性がある中での戦いは勇気ある行動だ。これがあったから、ワシントンポストを世に知らしめたウォーターゲート事件があったんだろう。
Ketchup

Ketchupの感想・評価

3.8
個人的にメリル・ストリープは歌う女優のイメージだったけど、こういう真面目系作品もすごく合ってる気がする。告発した人にもう少しスポットが当たって葛藤とか決意とか深く描かれると良かったかも。当時の時代が感じられる演出でリアリティあってよかった、会社のトップは大変だね。トムハンクスも編集長がっつりハマってた。新聞の刷り方がみれておもしろ。