ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

メリル・ストリープのアカデミー賞ノミネートもういらないだろ派なのだが、やっぱこの人すごいんだなと思わされた。
話の主軸は報道の自由ではあるものの女性の活躍的なものも盛り込みたかったのかケイの葛藤や決断にもフォーカスされている。
ウォーターゲート事件を描いた「ザ・シークレットマン」からの流れで鑑賞したせいかニクソンがただひたすらにクソという印象しか残ってないが、政権側の立場から見た言い訳作品も観てみたい。
両方に出ていたブルース・グリーンウッドは政治家がよく似合う。
mami

mamiの感想・評価

3.5
物語中盤から面白くなる感じ
政治と歴史にもっと詳しければより引き込まれるんだろうな、といった印象
adieu

adieuの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます


面白いも何も
難し過ぎて 分からん ⍨⃝

最後は爽快だったけど
良かったねー みたいな

この出来事に詳しい人が観たら
もっと楽しめるかも💧

ただ、トム・ハンクスと
メリル・ストリープの
演技だよねー (*」´ェ`)」スゴイヨネ−
トムハンクスとメリル・ストリープのキャストって。日本でいうと誰だろう。役所広司と樹木希林的な?
ストーリー ★★★★☆
難しいテーマなのに、人物に寄り添って描かれているので感情移入がしやすく、割と頭に入ってきてわかりやすかった。

キャラクター★★★★★
夫の自殺でそれまで仕事はしていなかった女性がいきなり社主になって、周りの男性達からは居ても居なくても良いような扱いを受け、それでも会社と伝統を守る為に奮闘し、大きな決断を下すシーンにはグッと来た。クライマックスでやり込める所はスカッとした!

オシャレ度 ★★★☆☆
新聞社が主な舞台なので、全体的にモノトーンが多い中、ポイントで色を使っていて上品な印象。
あと壁にかかっているアートがどれもオシャレ!
ラストの構図が「大統領の陰謀」のオープニングに繋がっているというのも、すごく意図を感じる。
ワシントン・ポストのオフィスも同じ場所?と思うぐらい似ていた。
自分の制作ではない映画と繋げるって斬新だし、この映画の中で描かれていた「(自分の一作品としてと言うよりも)社会全体のものとして捉える」というテーマにも沿っていると思った。

エンタメ度 ★★★☆☆
過度な演出や誇張した表現は使用せず、事実と演者に委ねられた作風でリアリティがあった。

メッセージ性★★★★★
報道の自由。権利と義務。
強敵に向かう大人たち。
国のために政府と戦う姿 かっこいい!

もう少し 大統領側も観てみたかった。
くー

くーの感想・評価

3.8
メリル・ストリープとトム・ハンクスの演技がすばらしい映画だった。それぞれぴったりの役だったと思う。

映画としては実話ってことを考えるととても面白く見れた。
でもちょっと政府側を極端に悪役にしすぎなような印象。
あまりに政権側を悪く描きすぎて体制批判の色が強すぎる。特にラストにあのシーンをいれたのは最悪。偏りは仕方ないけど中立性を意識してない政治を取り扱う映画は好きではない。
まあ、そこを除けばストーリーや演出も良く、最後まで楽しめる作品だと思う。
命がけで闘っている姿が素敵だった。
自由ってこんなに大変なんだ。
mushikera

mushikeraの感想・評価

3.6
陰謀系社会派作品は好きです^_^

前半、登場人物の立場や設定が理解できないまま物語が進んでしまい、かなり置いてきぼりにされてしまった、、、
しかし、中盤に物語が大きく動き出してからがすごく引き込まれた。

登場人物をしっかり把握した状態でもう一度見たいとところです。。


関連するウォーターゲート事件ってのがあって、そちらの作品も見たいですね。
ザ・シークレットマンという作品らしい。
ウォーターゲート事件って単語は聞いたことあるけど内容は全く分からないんで
(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎