ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

まぁまぁ。『スポットライト』を見たスピルバーグが俺にも出来るぜ的なノリで撮ったのかな?と邪推。
あとこれホントにカミンスキーのカメラなん?ってくらいイマイチな撮影。
トム・ハンクスのドスを効かせた声の演技も鼻につく。
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

3.8
はい、いい話なのはとてもわかる、わかるんだけどね、わたしはこのタイプの映画はどっかで確実寝る

メリル・ストリープ、強い女性役ぴったり!!
途中ちょい寝たけどおもろかった。が、一番良かったのは印刷シーンってのがなんだかなあ。ヌルヌル動き回る撮影も正直イマイチ。良い子はウォーターゲート事件について調べてから観ましょう。
matsu

matsuの感想・評価

3.6
想像してたのと違ったけど、なんか国家機密とか想像もできない世界って案外地味なのかもしれない。
ymymym

ymymymの感想・評価

3.4
必要とされていなかった女性編集者がどんどん強くなっていき、必要とされる存在になるのは気持ちよかった。
でも、それにしてもちょっと感情移入が難しく、飛ぶな〜みたいな印象受けた。
hotamilk

hotamilkの感想・評価

3.8
早稲田松竹にて

編集部を忙しそうに歩き回る人びと、タイピングの音、新聞が擦られる、トラックから運び落とされるとき……スピード感のある映像と音が印象的だった

女性たちの列が待ち受けてる中、最高裁からメリル・ストリープが歩いて出てくるシーン、同じ女性として胸にくるものがあったなぁ……

頼りないと思われてた女性の勇敢な決断に人々の心が動かされたお話、ということで #metoo と重なるものもあった。
t70

t70の感想・評価

3.7
上に立つ者が全ての責任を負い決断を下す瞬間がかっこいい、そこが全て。
トム・ハンクス×メリル・ストリープという映画ファンでなくても誰もが知っている名優の共演に相応しい重厚な作品。
じぇ

じぇの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

2作連続で見た。最初の方はちょっと難しく、睡魔に勝てなかった。それはほんとに残念
途中から映画の方向性を探しながら見てたけどわかった途端すごい入り込んでしまった
報道の自由っていうのは国に従うのではなく国民に仕える
国民に情報を与えるためにはいくつもの障壁があるってことを知った。
すず

すずの感想・評価

3.8
5月に1回見たけど、早稲田松竹でやると聞いて2回目の鑑賞
世界的にもタイムリーな作品だし、朝日がモリカケ問題をすっぱ抜いた日本でも通じる内容ってことで、かなり感慨に浸ってしまいました
何が真実か嘘か、自分の頭で考えて情報を選び取ることが求められている現代だからこそ、この史実を今知れてよかったと思いました
そして最後の最後に後の事件を示唆するカットからエンディングに入った瞬間、鳥肌が立ってしまった〜!
地味に音楽も素敵!
撮影がただ単に雑な気がした。メリルストリープより松岡茉優の方が演技上手いのでは...?というか老けたせいなのか分からないけど顔に迫力がない。