ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価 - 312ページ目

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

Sise

Siseの感想・評価

3.9
偶然とは言えないタイミングでの日本公開

つくらねばならないモノこそやっぱり力が働く。ジョンウィリアムズの音楽はやっぱり良いし、食い気味やどもりも込めながらもきっちりとした脚本。
何の為誰の為のジャーナリスト及び新聞なのか明示してくれてる。
我が国とのさばるトップはおろされるんだよ
主に室内での会話中心になりがちなこの種のジャーナリズム映画でもヤヌス・カミンスキーのやや不安定な独特のカメラワークが演者の揺れる心境にグイグイと迫るようで飽きない。
内容的にも会話劇なので英語だけでのヒアリングはキツかったけど、要所要所のキャストの決め台詞なんかはバシッとわかりやすくて痛快だった。
MiwaKoka

MiwaKokaの感想・評価

3.5
報道の自由と責任。

ケイの決断と、反対する役員に言い放った言葉が、彼女の決意の強さを表していて、小気味良かった。「私はベッドに。」秀逸!

「報道は国民に仕えるものであり、国家権力に仕えるものではない。」

マスコミは常に念頭におき、報道のあり方を改めて問い質して欲しいと思った。
ひよ

ひよの感想・評価

4.3
なんも知らずに観ても言葉ほとんど理解できなくても面白かったからまじもんのやつ。復習をネットでしたのでそれを踏まえた上でもう一回見たくなりました。途中のレモネードはマジで笑った
Eriko

Erikoの感想・評価

3.0
報道の自由 vs 政府の権力 ジャーナリズムに興味があれば面白いと思うけど、あんまり興味が湧かなかった。トムハンクスがトムハンクスじゃないみたい。スポットライトっていう映画っぽい。
yuan

yuanの感想・評価

3.8
字幕がなかったから難しくて死んだ。

でも娯楽としてめちゃくちゃ良かった。特に最後の新聞が印字されていく行程の撮り方が綺麗だった。
そのほかにも男性社会への一人の女性の挑戦みたいなのがわかりやすく映されていた。
とえ

とえの感想・評価

4.5
アカデミー賞 作品賞ほかノミネート作品

1971年 ニクソン政権下のアメリカ

ベトナム戦争で敗戦すると予測していながら、戦争を続けていたことを証明する文書を入手した新聞社 ワシントンポスト紙が、政府から訴えられるかもしれないという圧力の中で、その文書を記事にするかしないかの選択を迫られる

アカデミー賞作品賞ノミネートも納得の素晴らしい作品だった

「今、国民に伝えるべきこと」を記事にするために、どんな圧力にも屈することなく戦い続ける社主、編集長、記者たちの勇気に感動し、彼らを応援しながら観た作品だった

「『報道の自由』とは、一体誰のためのものなのか」
というテーマの中、スピルバーグ監督の素晴らしさは誰が見てもわかるように、監督の思いがストレートに伝わるように描くところにある

この映画では、その裏で起きていた政治的な駆け引きよりも、記者たちの戦いにフォーカスを当てて描いているため
たとえ、ニクソン元大統領を知らなくても、戦う記者たちの勇気に感動できる作品になっている

そして、主人公のキャサリンは、ついこの間まで「子供を育てることが生きがい」という主婦だったのに、思いがけずワシントンポスト紙の社主になり、会社の命運がかかった選択を迫られる

ついこの間まで「会社のことは主人に任せています」と言っていれば良かった彼女が、180度方向転換を余儀なくされ、会社を背負うことに

かと言って「私はわかりません」とは言って逃げ出せない立場にある

彼女の苦悩には、多くの女性たちが共感すると思う

彼女を主役にしたことで、この映画は「政治には無関心な人」や「ゴシップ記事にしか興味がない女性たち」でも理解でき、共感できるように作られている

それは、報道は国民のためにあり、国民は報道を通して政府を監視する義務があるからで、
無関心のまま、その監視を怠ると、いつのまにか政府にその自由を奪われてしまうのだ

これはフィクションではなく事実であり、大統領が報道各社を名指しで「フェイクニュースだ」と言う時代だからこそ、今、観るべき作品なのである

社会派ではあるけれど、エンターテイメント作品としてめ楽しめるので、全ての人にオススメの作品
3io

3ioの感想・評価

3.8
This movie reminded me a movie called Spotlight.
All of us have a right to know what’s happening in this world especially in own country.
When you know something that isn’t meant to be known, but should be. What would you do? For what do you do? For who?
This is just a piece of secrets in the world.
Mai

Maiの感想・評価

4.0
人物の関係性がいまいちつかめずに終わってしまったけど....
政府の力に屈せず正しいと思う事を勇敢に決断した潔さが清々しかったし感動した。
KR

KRの感想・評価

3.6
ジェットコースター並みの展開で
思わず手に汗握る。

ストリープ演じる上場したての新聞社社主、
キャサリンがみせる葛藤が作品の目玉。
女性で初の、新聞社発行人。

当時ワシントン・ポスト社はまだ
地方紙の一つだったとは言え、
キャサリンは創業者の父のもとで育った、
いわゆるお金持ちのお嬢様。
自宅も豪華。

夫が亡くなり、
妻として会社を継いだものの、
仕事などしたことのない彼女を、
軽視し、甘く見ている者も多い。

ある日ポスト社は、
政府の隠蔽の証拠である文書を入手するが、
掲載はしたくとも、
従業員や株主、前の社長であり亡くなった夫、
創業者の父、ベトナムに送られた息子、
それを思うと、判断は難しい。

そして、キャサリン一家の周囲は政治家ばかりで、
マクマナラ本人もよく自宅に食事に来る付き合いで、
ずっとなあなあ、べたべたの仲だった。
マクマナラは、ベトナムのほうから攻撃されたと
嘘をでっち上げた人。
政権は、ベトナム戦争の勝利を訴えで当選したニクソン。

政治的重大スクープを書くことは、
社として多大なリスクを負う。
先に一部を掲載したニューヨーク・タイムズは
機密漏洩材で政府から起訴されてしまう。

ポスト社も、文書を入手するが、
ソースの入手源にも問題があり、
危険な賭け。
自分たちも逮捕されるかも知れない。
記者たちも戸惑いと使命感の
板挟みになる。

三権分立はどこへやら、
ラストでは、
ニクソンが報道に圧力をかける証拠である
実際の電話の音声が使用されている。

追い込まれ、悩み抜いて、
最後に報道の使命を悟り、
腹を決める彼女が爽快。
結果には思わず感動。

裁判所から出てきたキャサリンを、
人が取り囲まず、
ただ静かに見つめる演出は
とても気に入った。

編集主幹で相棒役ベンの
トム・ハンクスも良い演技。
こんな演技をする人だったか。
海賊とあだ名されるほどいつも強気で、
キャサリンに発破をかける。

人生を賭けた行動の真剣味が伝わって、
脇を固める役者陣もとても良い。

ビルの地下に印刷所があるようで、
輪転機が回り始めるとビルが振動する。

印刷が始まったことを知り、
改めて息を飲む、
次長記者のバグディキアンの表情。
彼はとりわけ
並々ならぬ思いを持っていることが分かる。

余談だが、
商品である新聞を乱雑に紐で縛り、
各販売店の前に投げ捨てていくシステムは
初めて知ったので驚いた。

新聞社ということもあり、
時間との勝負もある。
息つく暇もない。『タクシー』並み。

人間ドラマに重きが置かれ、
文書の内容や、
最終的判決の内容には
そこまで深く触れられていない。

逆に言えば、
政情や経営について難しく考えずに、
感情で観ることができる作品。
重要なのは人としての倫理なのかもしれない。

ドキュメンタリー映画というよりは、
女性経営者の困難や、
新聞社のリスク、
人として何を大切にするかという倫理などの
人間ドラマ。

いま世界で同じ状況がたくさん起きていると思う。
制作されるべき映画であったし、
多くの人が観るべき、
考えるきっかけになるだろう作品。

スピルバーグが、名優を呼び集め
制作決定から9か月という短期間で仕上げたのは、
「これは今起きている状況だから」と語る。
トランプ政権は、
各メディアこそフェイクニュースなのだと訴えている。

アメリカ憲法の修正第一条は、言論・出版・報道の自由。
監督は、メディアに対して、
報道の使命を思い出すよう喚起している。