ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価 - 312ページ目

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

国民と政府の距離感をバランス取ることも壊すこともできてしまうマスコミの立場…そして情報の価値。新聞戦争も壮絶な闘いなのだと分かりました。それにしてもジョンウィリアムスの緊張感が増す感じの音楽は素晴らしい
Taul

Taulの感想・評価

5.0
『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』鑑賞。政府の嘘を暴く信念の仕事映画であり、社主であるヒロインが時代と戦う女性映画だった。全編熟練の技のオンパレード。抑制かつ芳純な演技に酔い、見せ場では当時の電話や印刷の仕組みを背景に映像で語る素晴らしさ。スピルバーグ演出がまたもピークに。

スピルバーグの早撮りというか創造力はほんと凄まじいな。『シンドラーのリスト』と『ジュラシック・パーク』のほぼ同時製作の逸話とか、今回『レディ・プレイヤー1』ポスプロ中に社会を憂い9ヶ月で作った『ペンタゴン・ペーパーズ』とか。それ自体が感動的だしそういう時にまた傑作を生むという。

『ペンタゴン・ペーパーズ』原題の「The Post」はワシントン・ポスト誌の意味だが、ひろく「新聞」ともとれるし「地位」「役職」の意味もあるのだろう。新聞という報道機関の大義の話であり、女性の地位の状況やその向上を描いており、またトップの役職についた者の決断の重要性の映画でもあった。

『ペンタゴン・ペーパーズ』それらを大仰に叫ぶのではなく映画の技で語っていくのが本作の素晴らしさだろう。言葉が活字になり輪転が奏でる報道の勝利、法廷から出てきたキャサリンを囲む若き女性たち、電話で様々な声に耳を傾けながらも独りで決める姿。印象的な映像で語るスピルバーグの真骨頂だ。

『ペンタゴン・ペーパーズ』脚本参加に『スポットライト』でオスカーを穫ったジョシュ・シンガー。社会派で事実の裏付けから物語る感じが強くなったのでは。感動の紙袋の場面は『スポットライト』の電話の広がりを思いだした。信念と行動によるある1点の突破から社会が変わっていく様の見事な表現。

『ペンタゴン・ペーパーズ』はメリル・ストリープに魅了される映画でもあった。もう何度目だろう。どんなジャンル、キャラも演じ分ける名優。本作の演技はより抑制されたリッチな味わい。上流階級の主婦が男社会で生き抜く姿を場面ごとに目、声、所作を微妙に変化させ演じる。もの凄い説得性だった。
koki

kokiの感想・評価

3.7
2018年30本目

ベトナム戦争に関する知識を総動員しながら観たのでとても頭を使った。やはりニクソンは無能の烙印を押されて然るべき。

やはりスピルバーグとハンクスのコンビは好き!
たぬき

たぬきの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ベトナム戦争に関する認識が甘い日本人なので、第2次世界大戦末期あたりと置換して観るとちょっと分かりやすくなった

スピルバーグのトランプ批判をベースにした政治的イデオロギーを感じるとともに、宮崎駿的な着ぐるみをまとった政治家のような人だなと感じた

やはり、万人受けする映画を作れる人が、万人に対してメッセージを届けられるんだなと感服


画が好きじゃない
YokoHasada

YokoHasadaの感想・評価

3.5
上手、さすがとしか言いようがないストーリー展開と大御所俳優の演技。
冒頭から10分ぐらいで戦況をわかりやすく描いちゃうのはさすが巨匠。

男社会の中に立ち向かった女社長のグラハムの決断や政府の圧力に全く屈しない部下達の報道マンとしての生き方!素晴らしい!

森友学園問題で割とタイムリーな作品でもあったのでより楽しめました。
mpeaceman

mpeacemanの感想・評価

4.5
何という絶好のタイミングでの公開だろう! 国家がベトナム戦争の戦況を国民に隠蔽していた歴史を暴くアメリカのジャーナリズムの正義と良心と勇気に心震えた。
公文書改竄で揺れる日本の大問題に、わが国のジャーナリスト達も大いなる気概を見せて欲しいと願わずにはいられないと思ってしまいました。スピルバーグ作品は本当にいつもいつも心を熱くさせてくれる。
主演の2人、またまた最高の演技でした!
しほち

しほちの感想・評価

4.0
展開、脚本、演技、どれも隙がなく作り込まれていて純粋に面白い!と言える作品だった。ストーリーは静かに進むけど後半の怒涛の展開はまさに手に汗握る感じ。
どうしても自分はメリル・ストリープに感情移入してしまうけど、トムハンクスはじめ周りの男性陣は諭されるまでまったく気づくこともないのがそういう時代なんだなと…。
教養がないのでラストが理解できずググって知るという…、こんな人間でも話は理解できたので、安心していろんな人に見てほしいな〜。
yellowbird

yellowbirdの感想・評価

3.8
S・スピルバーグ監督のもと、メリル・ストリープとトム・ハンクスという2大オスカー俳優が初共演した社会派ドラマ! 第90回アカデミー賞 2部門(作品賞、主演女優賞)ノミネート作品。
ベトナム戦争が泥沼化しつつあった1971年、その状況を分析・記録した国防省の最高機密文書 “ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を、NYタイムズがスクープ。ライバル紙 Wポストの発行人キャサリン・グラハムは、編集主幹のベン・ブラッドリーとともに、報道の自由を統制し、記事を差し止めようとする政府と戦うため、NYタイムズと時に争いながらも連携し、真実を世に出すため奮闘する…。
報道の自由を守るため、政府に立ち向かった人々の勇気と行動力に感動する作品。とりわけ、NYタイムズが発行差し止めになり、Wポストも発行か見送りかで社内が割れるなか、最終的に発行を決断したキャサリン。会社はもとより、関係者も逮捕されるリスクがあるため、顧問弁護士が見送りを主張する状況下での発行は、正に社運を賭けた決断。それは損得ではなく、真実を明らかにすることが新聞社の社会的役割と信じる彼女の使命感がそうさせたのだと思う。そして、この決断が世論の反戦機運を高めるとともに、ニクソン大統領をウオーターゲート事件に駆り立て、ベトナム戦争を終結に導くことになる。
“ペンは剣よりも強し” 改めて、言論の自由の尊さを感じた。
中盤から良かった!
前半はなかなかわかりにくい感じだけど、ラストに向けての登場人物の心理の伏線としてとらえれば、まあ納得。
仕事終わりにみたので、どーしてもまぶたが重くなったから、DVD出たらもう一回観ようと思いまーす(笑)

やっぱりトランプ批判なんだろうか?
なーんか、この手の映画は全てそんな風に勘ぐっちゃうな、最近。
政治は国民のためにある。うんうん。

個人的にはシェイプオブウォーターよりぜんぜんこっちのほうが面白かった。