ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

ちょっと前に観たんですがおもいっきし寝落ちしてまったく内容がわからなかったのでまた今度観ます
akiko0406

akiko0406の感想・評価

3.1
メリル・ストリープ好きで選択。トムハンクスの妻役が脇役ですが献身的でいい嫁で少し憧れた。20代だったら無理だけど、旦那の夢というか求めることにサポートする姿が美しいと思う40代になったなと。本筋とずれるかもしれませんが、上手に各年代や立場を描いていたかと思います。基本セレブばかりと気付いていますが、笑笑。
面白過ぎる……。

スピルバーグもヤヌス・カミンスキーもジョン・ウィリアムズもメリル・ストリープもトム・ハンクスも衰えなさ過ぎでしょ。
終盤の、読んでまとめて、記事を作って、裏で議論を重ねて、決断をして、記事を運んで、赤を入れて、印刷に回して、で刷って、配達して、っていうローグ・ワンばりの連携プレーがあったけど、まさにスピルバーグ組ってあんな感じなんだろう。
それぞれの仕事の熟練のプロたちが、素早くも正確で質の高い仕事をして、それが積み重なることであっという間に傑作が生まれてしまう。
ハンパなかったな。全ての描写が的確で。もちろん脚本と編集も素晴らしい。
ああー幸福だったな。

スピルバーグがベトナムの戦場を撮ったのって初?のっけから超面白いんだもん。
みっこ

みっこの感想・評価

2.5

あまりわたしにはハマらなかった〜

結構期待してた分
あれ?って感じでした
龍太郎

龍太郎の感想・評価

3.9
正直、前半部分はよく理解てきませんでしたが、後半は十分、楽しめました。邦題かいいてすね。
Ken

Kenの感想・評価

3.8
レディプレイヤーワンを撮り終えたスピルバーグが数ヶ月で一気に撮り終えたという噂の作品。おそらく、企画が強固なのだろうと予測し拝見した。

内容が表現の自由と経営の対立、葛藤。
このテーマであれば、どんなに間違っても面白いものが出来ると思ったのかしら?
間違いない、エンターテイメント。
つよし

つよしの感想・評価

4.0
日本のマスコミ関係の社員教育教材にしてもらいたい。
自由を求めて闘ってくれた人達がいるから今があるんだ!と通過する作品。
水

水の感想・評価

4.3
メディアは中立であるべきだけど株式会社の特性上無理なのでは に希望が感じられる作品 友人か記者としてどうするか葛藤しながらも英断したケイがよかった 新聞を印刷しているシーンが汗とプライドとプロなかんじで印刷工にロマンを感じた ジャーナリズム、メディアについて去年まで受けていた大学の先生の授業がちょう恋しくなった
Kazy

Kazyの感想・評価

4.1
こーゆう系大好き。おもろい!
報道で人を不幸せにするのでなく、正しいことを報道することの正義を改めて学べました!
pugi

pugiの感想・評価

4.3
新聞記者としての誇りを持って国家に立ち向かう姿に鳥肌立ちました。