ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

Yumivoit

Yumivoitの感想・評価

2.8
Very american, patriotic and simple movie.
Kiho

Kihoの感想・評価

3.1

思っていたよりも盛り上がりには欠けるストーリー展開だったのが残念。

久しぶりにトムハンクスの姿を見たけれど、老いたなぁ…としみじみ(笑)

メリル・ストリープは今回の役柄と、プラダを着た悪魔のようなバリバリできる女!という自身の中のイメージが拭えなかったけれど、迷い決断する勇気ある姿は同じ女性としてかっこよかったです。
naaacheer

naaacheerの感想・評価

4.0
・オチはわかっているのに面白い!
・最後のセリフに鳥肌
・真実を伝えるのが新聞の務め

#governor or governed?
#someone's in the Watergate Building
#strong woman
#political background
SRMK

SRMKの感想・評価

3.7
普通に面白かったが
映画館でわざわざみなくても良かったかもしれない
あの政権に対して、こういう作品が、フィルムプロダクションの第一線の人たちから返答として出てくるの素晴らしいな。彼の国の文化の力を感じた。
U

Uの感想・評価

4.0
暗い映画で難しく、ちょっと寝たいからウトウトするために機内で選んだ映画。
もーすっごくおもしろくて、結局寝るどころか最後まで見て目が覚めてしまった。
ニクソン政権時代の機密文書公表についての映画なのだけど、割と今の日本ではタイムリーだなって思いながらの鑑賞。そういう意味でもちょっと楽しめる。

トムハンクス、メリル・ストリープがとても素晴らしかった。
watsipec

watsipecの感想・評価

4.0
The Post.
Una batalla que ha cambiado el mundo...
かずー

かずーの感想・評価

4.0
最高機密文書をめぐる国家vs新聞社の攻防戦。重厚な内容に対し軽妙なM.ストリープが痛快でした!同監督作品のReadyPlayerOneと製作総指揮をしたJurassicWorldFallenKingdomは本作は越えられないと思います👏
シン

シンの感想・評価

3.7
少し勉強して行ったので
すごくよかったです。
内容もよかった。
あお

あおの感想・評価

4.0
大きな決断をする、メリルストリープがかっこいい。権力に屈せず信念を貫く強さ、強いだけじゃなく、迷ったり、優しさなども心の動きが伝わってきた。
歴史をちゃんと勉強したいと思った。