ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

アタフ

アタフの感想・評価

4.0
これは間違いなく"仕事モチベーションアップ"映画でしょう。

政府の隠蔽を暴くため、昼夜を問わず仕事に勤しむ新聞記者たち!!正義のためなら自らが罪に問われることすらいとわないその仕事っぷりに観るものはみな

「仕事を頑張るってかっこいい!!」
「俺も明日仕事を頑張ろう!!」
「俺もトム・ハンクスになりたい!!」

と思えるに違いない!!

かく言う私も、この映画を見た後は仕事に熱が入ったのだが、その熱は1時間も持たなかったことは言うまでもない。

ちなみに『スポットライト 世紀のスクープ』を見たときも同じような気持ちになったが、結果は同じだった。
KK

KKの感想・評価

-
トランプの影響でどれだけ名作が生まれたんだろ、関係ないのかな?

このレビューはネタバレを含みます

「報道の自由を守るのは報道しかない」めちゃめちゃかっこよかったです。

メリル・ストリープ演じるグラハムさん
が報道することを決断するシーンは圧巻だった。歴史的に決断することを知っているとはいえ、彼女の板挟みの立場や苦悩をみると報道することだけが正解とは言えなくなり、どちらをどう決断するのかハラハラとした。
女性がこの決断をした、というのも歴史的に大きな出来事のひとつだと思う。当時の女性の立場の弱さも描かれているので、ジェンダー的にも関心がわいた。
Junkei

Junkeiの感想・評価

3.8
見逃していた一本をようやく観ることができた。

内容がどうしても「スポットライト」を思い出してしまう。脚本家のひとりは「スポットライト」の脚本家だった。

ベン(トムハンクス)の家で、コピーされた文書につなげる作業がアナログでいい。
奥さんのサンドイッチの差し入れもいいけど、娘のレモネードの販売は絵的にも清涼剤として機能しているだけでなく、カメラが動くきっかけにもなっていた。観客の視線をうまく誘導させる。

そしてアナログの新聞のカッコいいガジェット感。電話も今とは違うし、書き終えた原稿は、走って社まで届ける。そんな時代だからこそのスピード感があったように思える。

人が決断する瞬間の緊張感はドラマになりやすい。
深夜にキャサリンに決断に委ねたるベン。決断したするキャサリンの強さとすぐにベッドに向かうかわいさは、この映画の白眉。

新聞を運ぶトラックが、束ねた新聞を道に放り投げるシーンが何度かあった。そんな雑なことをしてたのか? 新聞が水たまりで濡れるなんて。
shinka

shinkaの感想・評価

4.4
まず、ほぼ1年ぶりに映画観たから、それだけでも得点高い(という個人的な理由)。
まあそれを抜きにしても、いい映画だった。メリル・ストリープ、綺麗だね。そして圧巻の演技。終盤はさすがだな、って感じがした。トムハンクスも、年を感じさせない演技で、すごく没頭できた。
今回は英語で観たので、日本語字幕付きで見る機会があればもう一回観たいと思う。Vietnam war and electionについて、バックグラウンドの知識も何もないのでそれがあればもっと面白かったのかもしれないけど。

僕がセンセーションを受けた「スポットライト」と同様、新聞社が巨大な権力に立ち向かう構造。こういうのを観ていると、本当の意味での報道の価値に気づくことができてとてもいい。森友文書改ざん問題も、朝日新聞の報道から始まった。報道には色々な形や目的があるとは思うけど、政府が意図的に隠していることを明らかにする、という仕事は、報道の真髄の一側面だと思う。
mossan

mossanの感想・評価

3.8
ベトナム戦争についてのリークの話だというあらすじは知っていたので、ドロドロした展開になるストーリーかと思いきやとても爽快な映画だった。それにしてもレディプレイヤー1とはまったく対象の異なるスピルバーグ作品を同時期に映画館で見られるとはホント幸せである。
eleanor

eleanorの感想・評価

4.1
報道の自由という大きなテーマをはらみつつ、重すぎずコメディ要素や疾走感もあるバランスのよいエンターテイメント作品。トム・ハンクスのパワーにも引き込まれた。

メリル・ストリープの悩む姿、これまでの人生を語る独白や、大きな決断を下した時の毅然としたシーンの演技がかなりよかった。
メインの二人やまわりの人と信頼感で結束していく過程はわくわくした。

個人的にはもっと舞台となるアメリカの歴史を知っておけば、より楽しさが倍増した作品だったのに!と。ラストシーンとか特に。
K

Kの感想・評価

3.8
そんな印象に残るわけではないけど、「美女か野獣」みたいなグルーヴ感があってよかった。御法度やタブーを乗り越える爽快感がよかった。もう時間経ってるからてきとーだけど、そんな感じ!
ジャーナリズムとは、権力を監視するべく、かくありき!!っていう信念と情熱が、メリル・ストリープ、トムハンクスをはじめとするベテラン俳優達の素晴らしい演技で描かれていて、すごく見応えがあり、いい映画だった!
tak

takの感想・評価

4.0
『信念』がしっかり描かれていてすごく良かった。

話の描かれ方も大変わかりやすく、その中でメリル・ストリープとトム・ハンクスの立ち位置や関係性の描かれ方や演技がとても良くて、組織としての意思決定や決断のシーンには、緊迫感のある演技を楽しむことができました。

終盤すごく熱くなりました。
ささいな一言が妙にリアルであったり、やりとりの細かさなどすごく引き込まれながら鑑賞することができました。