蜘蛛の巣を払う女の作品情報・感想・評価

蜘蛛の巣を払う女2018年製作の映画)

The Girl in the Spider's Web

上映日:2019年01月11日

製作国:

上映時間:115分

3.5

あらすじ

「蜘蛛の巣を払う女」に投稿された感想・評価

ミステリー要素が消し飛んだけど
これはこれでいいんじゃない?映画

「ミレニアム」第四作期待の映画化!!
なんだけど原作や今までの設定だけもらって完全なスパイアクションへとかなりアレンジのされた本作。
副題の「蜘蛛の巣を払う女」って意味も完全に解釈変わってくるよね…

登場人物が戦闘に長けたキャラクターへと変貌している。
ミカエルを除いては…

原作やスウェーデン版、フィンチャー版を見てきた人間としては困惑したミカエル。

ミカエルどうした?!
めちゃくちゃ若返ってるし、
見た目も吹替の声もイケメンすぎるし、
攻撃力は退化してるし
完全に飾り物の花となってる!!!

リスベットは今までのなかで表情豊かで一番人間らしいキャラクターでした。

妹さんは設定では男すべてを魅力する悪女だったんだけど…眉毛がいけなかったのかな?笑
うーん、、原作の三部作を読んでるからか、つい穿ち過ぎとは思うけど…第四作に至るまでの背景が原作はまたいいんでね。そこら辺を抜きに観ても、単なるありがちな作品に見えてしまいました。ちょっと、それはないでしょという強引なストーリ展開もしんどい。映像は美しいです。
すっぱぬき出版社を通ってクモの巣を払いにきたが、名前おんなじだのに性格違う人ばっかり居てどうよコレという感じになっちゃってた。

ヒロインがあの裁判の後、未だに天然のままっていうのがさすがにちょっとしんどくない?

5も6も有る事だし次回作はタノムワって言う感じです。
凍てつく映像が似合ってる。
久しぶりに原作全部読み返したくなってきた。
baubau

baubauの感想・評価

3.1
ミレニアムの濃さの方が好き
ninja

ninjaの感想・評価

3.0
ドラゴンタトゥーシリーズは、スティーグ・ラーソンの推理小説『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』から始まり
本国、スウェーデン版3部作を映画化、次にハリウッドで第1部をリメイク。

本作品は、原作の第4作目を映画化。

4作目からは原作者の死去で違う人が書いてる。
原作者が違うのと設定の時期も違うからなんだろう、前3作とは違和感がある。

でも、この作品だけを考えると楽しめた
leonard

leonardの感想・評価

3.8
レビュー書く前に他の方のレビュー見ちゃったのですが、前作と製作陣や役者変わってるんですね!
前作は元々ハリウッド版ではない方から入ったので、特にハリウッド版にあんまり思い入れがなく。。。それが逆に良かったのかもしれないですが、楽しく見れました。
アクション等はスタイリッシュなんだけど、作り物感があまりないリアリティーのある演出になっていて、見ていてのめり込みました!映像も美しかったです。
おね

おねの感想・評価

-
ハッカーさん達がチーム化しちゃったよ。おまけに色々できちゃって最強。
ミレニアムシリーズの身体はりまくりのリスベット=ノオミ・ラパスが一番パンチあるな。
kic1571

kic1571の感想・評価

3.9
ミレニアムシリーズ、フィンチャー版とキャストは全然違うけどこれはこれで面白い。
ただどことなくスカイフォール感が否めないんだなー
>|