rimi

地獄愛のrimiのレビュー・感想・評価

地獄愛(2014年製作の映画)
3.2
1940年代のアメリカに実在したサイコキラー、約20人もの未亡人を殺し、電気椅子で処刑されたマーサベックとレイモンドフェルナンデスの歪んだ愛を元にした作品。

印象的なシーンが多かった。
会話の時、話し手の顔と、聞き手の後頭部を半分ずつ映すカットを何度も多用していたから、余計に違和感が残った。
話し手が見せる笑顔と深い笑いジワがいびつで、目の奥には言葉とは裏腹な感情が潜んでいるようで不気味だった。
死体を前に突然歌い出すグロリア、歌い終わってノコギリでなりふり構わず足を解体するシーンはどれだけ陶酔しているかが伺えた。
燃え盛る炎の中、全裸で狂喜乱舞する二人のシルエット。

ヒモ男と色欲狂いの女の共依存。
サイコパス同志が出会うとこうなってしまうのか…。おそろしい。
グロリアの嫉妬心には少し共感できるところもあったし、興味深かった。
ふたりの間の愛なんて後付けで、自己愛の方が強い気がした。
この題材の他の作品も見てみたい。