地獄愛の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

地獄愛2014年製作の映画)

Alleluia

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:93分

3.4

あらすじ

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつし…

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつしかその異常な愛を心地よく感じ、兄弟と偽り共に結婚詐欺をする道を選ぶ。 しかしそんな二人の歪んだ愛は、やがて未亡人を次々と殺す狂気へと変わっていく―。

「地獄愛」に投稿された感想・評価

tofu

tofuの感想・評価

3.0
「変態村」が思いの外、面白かったのでコチラも鑑賞。
個人的には嫌いじゃない。
主人公らの容姿が中年のため、色っぽさ艶やかさは薄め。しかしそれが逆に生々しく狂気を際立たせていた。
これが美男美女であったなら、また評価は変わりそうだ。
中盤あたりから、出てくる奴らが屑ばかり(誉めてます)。

ラストシーン直前の女主人公グロリアの鬼の形相で雨の中、○○を追いかけるシーンは本当にゾッとした。もっと言うと、そのシーン直前の○○○が苦しむ所の呼吸演技が凄すぎた。

ぜひとも、今後もシリーズ重ねて頂きたい。
ミシェル、汝は私を妻としますか?
汝は私を愛し、慈しみ、敬い、病める時も健やかなる時も
貞操を守りますか?
他の女性を断ち切り死が2人を分かつまで私だけを愛しますか?
〜〜
グロリア、汝は私を夫としますか?
私を愛し、慈しみ、敬い、
貞操を守りますか?
他の男性を断ち切り死が2人を分かつまで私だけを愛しますか?
〜〜

変態村も気になるけれどまずはこちらから
ーー狂気の愛 3部作のうち本作は2作品目にあたるらしい。

マーサとレイモンドの実話に基づく…
といったい何人殺れば落ち着くんだか。
1940年代に実在したサイコキラー・カップル、マーサ・ベックとレイモンド・フェルナンデスがモデルとなっており
正確な数こそ把握されてないものの
ざっと20人以上の未亡人を殺害したとされ
1951年、ニューヨークにて電気椅子処刑となった異常者お二人であります。
1970年にハネムーン・キラーズで映像化され、約45年の時を経て
またフォーカスが当たりましたと…。


さて
シングルマザーのグロリアは
友人の勧めから出会い系サイトを通じて
ある男ーミシェルと知り合う
ーー実際にアポを取って会う二人、
知的なミシェルに惹かれるグロリア。

がミシェルには裏の顔があり
未亡人や独り身の女性をターゲットに
近づいては金をせしめる結婚詐欺師であった。
もちろんグロリアにおいても
単なる対象に過ぎず
金をせしめるわけなんですが
ここからがグロリアがそんじょそこらの女性と違うところ 笑

あらゆる手を使ってミシェルを探し出し
結婚詐欺師という彼の正体を知ったにもかかわらず
彼をより愛するようになる。
ミシェルもミシェルで
最初はグロリアの行動や態度に戸惑うも
次第にグロリアの異常なまでの執着と愛情に心地良さを覚えてしまう
ーーこうして2人は兄妹と偽り
カップルで詐欺を働くようになるのですが
計算外であったのは
グロリアの嫉妬心の凄まじさ
ーー自分以外の女性とミシェルが親しげにしようもんならもう大変です。
衝動的にその女性を殺りますからね
ーーそこに罪悪感はなく
単に邪魔な生き物を殺したとしか思ってない。

金をせしめるはずが
2人は次々と殺人を重ねていく
ーー大人だろうが、子どもだろうが
殺して、殺して、愛して、殺して…
狂気の愛は止まらない…と。

異常だな 笑
危険! それは愛ではない!地獄愛!

劇場で観なくてよかった。
トラウマになっていただろう。

グロリアは娘モニカを抱えるシングルマザー。
彼女は、友人に勧められて出会い系サイトでミシェルに出会うが、彼は寂しい女を食い物にする結婚詐欺師だった。
ミシェルからどうしても離れられなくなったグロリアは、ミシェルが騙した女性を殺害し、彼と共に詐欺を働き始める。
こうして彼らの地獄愛が始まる。

1940年代、約20人の女性を殺した実在の殺人カップルをモデルにした狂気のドラマ。

1990年代の映画「ナチュラル・ボーンキラー」(ウディ・ハレルソン&ジュリエット・ルイス)を彷彿させるが、狂気の点ではこちらが数段上(だろう、恐らく)。

そして、この作品は 女の情念が凄まじい。

モニカが歌いながら、殺害した女性の足首をノコで切断したり、燃え盛る炎の周りで二人が全裸になって狂い踊ったりと、かなり描写がキツい。

騙す方だったミシェルが、徐々にグロリアの狂気に侵食されて、挙句には斧を振りかざしてしまう。

去年「アシュラ」を観た時と同様に 救いのない作品だった。

原題の”Alleluia”(ハレルヤ)というのも すごく意味深なタイトル。

※劇中映画で、ハンフリー・ボガートとキャサリン・ヘップバーンの「アフリカの女王」をやってました。狂気のカップルとの対比が面白い。
emily

emilyの感想・評価

3.6
1940年代に約20人の女性を殺害し死刑となった実在の殺人鬼カップル、マーサ・ベックとレイモンド・フェルナンデスの事件に着想を得た狂気のラブストーリー。

 ミシェルはさびしい女の懐に入り、結婚詐欺を繰り返す男。グロリアもシングルマザーでターゲットにされたが、グロリアはミシェルを本気で愛してしまい、結婚詐欺を協力するように。しかし女と体の関係になる事がどうしても許せず、やがて殺害に至ってしまう。

 グロリアを演じるのはロラ・ドゥエニャス。彼女といえば脇役でよい仕事をする地味に徹する貴重な女優なイメージだが、今回は主役&狂気の女を体当たりで見事に演じている。冒頭生活感をあらわにしたシングルマザー、女っ気ゼロの彼女が、ミシェルに出会い、恋する女性に変貌する。目をキラキラさせ、全身からこの男が好きなんだということが伝わる見事な演技。そこから嫉妬に狂い、殺人を犯すにかけての変貌ぶり。目の奥から狂気が溢れ、唇が震える細部に至るまで、彼女から目が離せない。

 カメラワークに至っても、グロリア越し、ミッシェル越しと、顔の半分だけ映したり、シワが深く入った目元や口元のアップ、黒いレースのカーテン越しだったり、色彩やカメラの存在をアピールするような描写に魅せられる。 

 二人の愛はどこまでも純粋で、二人がいればそれでよかった。穢れない子供のように男は女をあやし、女は時折かんしゃくを起こす。まるでままごとのような恋愛ごっこである。恋の魔法にかかってしまった二人の世界は、どんどんゆがんでいき、やがて殺人が当たり前になっていく。そうして魔法が解けた時本当の愛に気が付くのだ。時はすでに遅しではあるが、ラスト我に返ったグロリアのスペイン語のトーンが余韻として残る。誰かを深く愛するという事は、一歩間違えればいつだって狂気と化する。でもそれは誰かを本気で深く愛した先にあるものである。
seiji

seijiの感想・評価

3.4
1人の男への愛とSEXにハマってしまったシングルマザーの狂気の暴走。内容の割にはエログロさは控えめ。
2人の女の子が不憫でならない。
いかん、これ私にはコメディに感じたぞ(笑)

狂気の愛が周りを自分達をも狂わせていく…

1940年代に起きたロンリーハーツ事件が元ネタだそう。



結婚詐欺師ミシェルとシングルマザーのグロリア。
騙されたと知りつつ、それでも愛してるわ!とグロリアはミシェルと過ごすように。

しかし、結婚詐欺師として他の女と親しくなるのが気にくわない。
あーもう、女ぶっころ!キー!!

そうして、全く詐欺が出来ないまま、2人は次のターゲットを探してさ迷うのだが………



いや、詐欺師と一緒にいるんだから、我慢しろよグロリアw
ぶっ殺したら、お金手に入らないでしょうが!

そんなんが何度も続いて、もはやコメディに思えてしまいました。

下半身でしか動かないミシェルもアホ(笑)
欲望のまま、グロリアにヤク盛ってまでヤる!
もうパイプカットでもしなさいよ…

そして我慢が微塵も出来ないグロリアw
子供を友人に預けてまでミシェルといたい、愛したい、愛して、こっちを向いて、私だけ見て!!!!!
その狂気は凄かった…
それ故、ミシェルが女性にほんの少しでも触れたらブチ切れて地団駄!
シュガー佐藤より凄い地団駄でしたよ(´Д`)

なので、これは共感出来ませんでした、Aikaさん(。>д<)
私ならきっちり詐欺しちゃいそうでww
こういう愛より金だ♪な女だから、非リアなんだよなぁ(笑)
な、泣いてなんかないやい!

ミステリィですが、グロリアの狂気に思わず笑ってしまう、そんな作品でした☆
Akemi

Akemiの感想・評価

2.2
思ってたよりグロくなかったしもうちょっと狂気に満ちた感が欲しかったけど主人公の女がカメラ目線で急に歌いだして終わったと思ったらそのまま死んでる女の足を夢中で切り出すシーンは唯一狂気だった。(モザイクがちょっと残念だったけど)
とりあえず嫉妬に狂う女は本当に無理だ。
Chop

Chopの感想・評価

3.1
1940年代にいた実在の殺人鬼カップルをモチーフにした映画。

嫉妬からの狂気。
一途なようにみえて自分の思い通りにならないと狂気に走る束縛。

とりあえず寄りが多い。もうちょっと引きでもええんやないかと。

グロさも重さもたりんかったなー…。
独特のカメラまわしにイライラ(笑)

逆効果としか、感じません。。。

グロリア役の女性に凄い演技派と感じるも、全体的に暗く、モザイク使うなら切ればいーのになと、かんじるところも。

いいところ、なかなか見つけられませんでした。。。

配役 4
脚本 4
映像 3
演出 2
音楽 2無音が多いのが気になる
合計 1.5
まぁグロリアはずっと愛してたんだけど、愛の形がただひたすら歪んでて。
ミシェルもすべてが歪んでいて。
女性は芯がしっかりしてて、男は情けない…
全編ぬるく重くなっていってぬるく怖い…