地獄愛の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

地獄愛2014年製作の映画)

Alleluia

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:93分

3.5

あらすじ

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつし…

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつしかその異常な愛を心地よく感じ、兄弟と偽り共に結婚詐欺をする道を選ぶ。 しかしそんな二人の歪んだ愛は、やがて未亡人を次々と殺す狂気へと変わっていく―。

「地獄愛」に投稿された感想・評価

すあま

すあまの感想・評価

4.3
アップでカメラがよく動く。そして目が恐ろしい。ビクビクしながら見てた。
緊張感が高くていつ何があってもおかしくない空気だった。
メンヘラレベルマックスでもはや誰にも手に負えない
q

qの感想・評価

3.8
映像と音楽と丁度良いグロさとエロスと血の質感は好みだった
女の嫉妬と愛されようとする強欲と独占欲はやはり愚かで不愉快だな そして出てくる男の単純さと無能さたるや
yuuuut

yuuuutの感想・評価

4.0
かなり好きでした。

全裸死体(モザイク処理済み)をダイニングテーブルの上に寝かして、いきなりカメラ目線で歌い出したり、キャンプファイアーをバックに全裸で踊り狂ったり、そういうところ本当、大好きです。

多分、わたしの生きてる世界からかけ離れた出来事を見せられたから、大好きでした。

主演の女優さん、シャルロット・ゲンズブールに空目した。
fukishi

fukishiの感想・評価

4.0
理解しがたい領域まで達していた、、
愛で人ってこんなに狂ってしまうのかと恐怖でしかなかった〜
影で見せるシーンは素敵だった〜〜嫌いじゃない〜〜
ハネムーンキラーズより地獄愛派
男もロクでもねぇが、トンデモナイ女を引き寄せてしまった。
度を越している。
事実というのだから、人間の欲はこんなもんなんだと思い知る。
こういう女は定期的に世界中で発生する。
主演女優の柄がこれまたリアリティであったりする。
eee

eeeの感想・評価

-
仕事でなかなかつらいことがここ最近ずっと続き、言語化できない気持ちを、超インパクトのある映画で、もやもやをふっとばそうと思いたち鑑賞。
お、おもしろかった。
人と人が寝転がっても見つめ合うシーンでもっとも印象に残っていたのは『エターナル・サンシャイン』だったけど、これで、『地獄愛』も加わった。
あと、分かりたくないけど、グロリアの気持ちは想像はできると思った。分かるかもと思った。男の過去もかなしすぎるけど、けしてお涙ちょうだいにしないところは潔い。
説明なんかできない感情ってある。
彼女の最後のあのシーンでのことも、理屈抜きに納得できる。
観客を信じてくれた映画だと思った。
愛か……愛ってなんなんだ…答えを言わないまま、死ぬのはいやだな。
まずは、仕事、がんばろう。
愛は狂気に変わる。。アート作品として、なかなか面白かった〜。
思い返すとコントだったんじゃないかとさえ思うのです。もうね、笑っちゃう
男の愛に女が溺れる。女の真実の愛に男が翻弄される。孤独が生み出す狂気。結婚詐欺師でもなんでも、満たされない心の穴を埋めてくれる男がいるのなら鬼にだってなれる。ごく普通のシングルマザーが嫉妬に狂い、愛する者への裏切りに怒りをぶつけず、男が目を付けた女性に牙を剥く偏執的かつ悪魔に憑りつかれたような想像を絶する暴力描写に閉口せずにはいられないほど強烈なストーリー…。

無計画で短絡的な行動。男も女も脳が死んでいるかのように同じ過ちを繰り返す。それを粒子の粗い16mmフィルムの質感を上手く使って実話をより本物らしく映し出しているのだから全然笑えない。恐すぎる。恋愛映画のはずなのに、秒針が進む度に地獄の奥深くへと転がり落ちていく二人。

あまり相性が良すぎるのもマイナス作用になるのかな?切り落とされる足首。修正が加えられていたけど、ノコギリが骨を粉砕する生々しい音だけで十分堪えました。邪魔者は消して、自分たちの都合の良い状態を維持しようなんて身勝手な思考は精神が崩壊している以外に考えられない。臭い立つように密着する中年男女の乾いた肌。見るに堪えがたい。こんな女に蝕まれるくらいならいっそのこと死んだ方が天国。題名通り本物の地獄愛。恐怖映画を見ているようだった。

【2017年7月5日(水)新宿武蔵野館で鑑賞】
いち麦

いち麦の感想・評価

3.0
熱苦しく燃え上がる嫉妬から狂気に満ちた殺意へと移るグロリアが凄まじく歪な二人の関係をねじ込んでしまうほど。一部を遮られた見通し悪い狙った構図や徹底した寄りのショットがエロスを駆り立てる。実話ベースで展開はやや退屈。
亘さん

亘さんの感想・評価

2.2
結婚詐欺師で異常性欲を持つクズ男と、色情魔のサイコパスのおばちゃんが出会って次々と人を殺すというお話。
実際のマーサ・ベックとレイモンド・フェルナンデスの事件も知らなかったけど、『地獄の逃避行』『ナチュラル・ボーン・キラーズ』よりももっとドロドロした話だった。

お互いに元々おかしいんだけど、相乗効果で更にサイコパス度合いが強くなるもんなのか、とにかくやることなすこと無計画。無計画っていうか女の方が嫉妬に狂って耐えられなくなる。実在した2人は20人以上の女性を殺して死刑になったけど、映画ではそこまで描いていない。どちらかというと女のグロリアに焦点が当てられていて、女の狂気のほうが強いような雰囲気で終わった。
1940年当時はあのレベルで騙される人が多かったんだろうなぁ。