地獄愛の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

地獄愛2014年製作の映画)

Alleluia

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:93分

3.4

あらすじ

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつし…

シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトを通じてミシェルという男に出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師であった。グロリアはミシェルに出会った途端深い恋に落ち、ミシェルが結婚詐欺師だと知ってもその恋は冷めることはなく、娘を放棄するほどミシェルを付け回し、二度と自分から離れないように強要する。最初はそんなグロリアを恐れていたミシェルも、いつしかその異常な愛を心地よく感じ、兄弟と偽り共に結婚詐欺をする道を選ぶ。 しかしそんな二人の歪んだ愛は、やがて未亡人を次々と殺す狂気へと変わっていく―。

「地獄愛」に投稿された感想・評価

あい

あいの感想・評価

4.0
こんなの高評価つけたら私の人格を疑われるんじゃないか。
90分間背徳感を味わえます。午前中に一回みて、もっかい見たくなって夜にも見てしまう感じの中毒性がありました。
なんかぶっとんだサイコな二人(結婚詐欺師とシリアルキラー)の常人には理解できない愛の話ではなくて、妙に納得?共感?いや共感までいったらヤバイか。納得してしまうところもある。普通理性でおさえられるものが、この二人の場合は理性なんてものはなく野性がむき出しになってるだけで。
映画だから見られる、映画だからこそ見たい、異常な世界観、異常な愛。いやむしろ正常。
(といいつつも実話がもとなんだけど)

映像的なきつさ、えぐさ、汚さみたいなのは前作よりだいぶマイルドで見やすい。変態度は下がったかな。

リバイバル元のハネムーンキラーズも見たい!
寸pyong

寸pyongの感想・評価

4.2
メンヘラおばさんとスケコマシの艶めかしいお話

オバちゃん、エンバーマーの特技を発揮!

遺体損壊シーンよりも、ババアの悦顔にボカシ入れて

グロリア役の女優さん演技上手かったんだな。不快度たっぷり
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.0
‪「地獄愛」‬
同じくキンレコから発売したファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督の新作「地獄愛」のBDが届く…本当は同監督の04年映画「変態村」も発売予定だったが来月に延期された…本作は先程紹介したハネムーンキラーズ言わばロンリーハーツキラー事件を映画化した強烈な愛の形を存分に描いた非常に問題有りな映画だ…
‪ロンキラ事件を基に製作され興味を持ち初鑑賞したがこの映画は正常な観客外の人へ捧げてる変態映画だ…正直人を選ぶ映画で初期の変態村同様に神経が何本か足らない監督の自己満映画でベルギーの闇3部作第2弾として上映され反響を呼んだ様だがモラル無しの状態が続き悪夢のような映画だ…。‬
感想川柳「理解不能 そんなに何が いいんだろ?」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

シングルマザーのグロリアは、ある日友人の薦めで出会い系サイトを通じてミシェルという男と出会う。ミシェルは寂しい女性を夢中にさせ、女性の性的欲求不満を満たすことで生計を立てる結婚詐欺師だった。ミシェルに出会った途端深い恋に落ちたグロリア。ミシェルの正体を知ってもその恋は冷めることはなく、そばにいるため兄弟と偽り共に結婚詐欺をする道を選ぶ…というお話。

変態村を見たこともないですが、これがベルギーの闇三部作の1つでも関係は無いんですよね?f(^_^;ハネムーン・キラーズのリメイクですよね?ま、ハネムーン・キラーズも見たことないですが。ヽ(´o`;

とりあえずあんまり面白くはなかった。(´д`|||)なんでノコギリで切断するところはモザイクだったんだろ?

グロリアがキレた時のミシェルの役立たずさがイラっとする。(-""-;)まぁあんな恐ろしい女に付きまとわれたら動けねーか(;´∀`)

結婚詐欺といえば「夢売るふたり」が思い出されますが、あれが子供のイタズラに思える。

んでまず(^_^)/~~
Lieechan

Lieechanの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

それでもそんなあなたが好きで好きで仕方がないの♡的な、子供を捨てて男に走った女の末路。

そんなに愛されてしまう男はというと、幼少期から実母に性の玩具として仕込まれたという、キングオブクズ!しかも詐欺師だからもうクズこの上ない。

鑑賞10分からSEXシーン。
新しい獲物の女(金と身体目当て)→嫉妬→キレて殺人の繰り返し。

いろんな欲てんこ盛りの作品でした。
あぁお腹いっぱい。
ちひろ

ちひろの感想・評価

2.8
ハネムーンキラーズからの連続上映で視聴。上映時間に間はあったけど連続で見るにはちょっと重かったかな…
娘がいる分、勝手にやってろーいという気持ちで見れないのでなんとも…

このレビューはネタバレを含みます

ハネムーン・キラーズのカップルをモデルにし、新たなシリアルキラーカップル(こっちはあくまでフィクション)を描いたのが地獄愛。

地獄愛を先に観て後からハネムーン・キラーズを観たんだが、これはプログラム逆の方が良かったんじゃないかな。
先にハネムーン・キラーズを観た方が絶対良かったかも。

ハネムーン・キラーズのマーサの嫉妬が可愛く見えるぐらい、地獄愛のグロリア嫉妬はおぞましい。
パンフレットを読むと「普通の女性だったグロリアが」的なことが書いてあったけど、そもそもグロリアは元々普通じゃなかったと思う。内に「尋常じゃないくらいの誰かに愛されたい願望」を秘めていたのだと私は思った。秘めてたからミシェルと初めて会ってSEXして「この人は私を愛してくれる!」と思い込み、すぐに娘を他人に預け(グロリアはシングルマザー)ミシェルに走ったのかなぁ、と。

一方のミシェルはクソの中のクソ男。
クソしか言いようがない。
ハネムーン・キラーズ同様、2人に出会ってしまって巻き込まれて殺された人たちはたまったもんじゃないだろう。

グロリアの場合は嫉妬を通り越し、「自分を愛してくれるミシェルを失いたくないから」という執着に走った結果狂ってしまったのだろう。
そんなグロリアの執着という呪縛から逃れられず最後に斧を振り下ろしたミシェルはやっぱりクソ男だ。

死体を前に突然歌い始めたかと思えば足を切断するシーンは大好きです。
ただモザイクかかってたから残念。
ハネムーン・キラーズの2人には歪んではいるけど確かに愛が存在したと思う。
が、地獄愛の2人には愛なんて存在しない。自分大好きの似た者同士だったのではないか、と。

最後にグロリアが泣きながら娘に電話をするシーンはグロリアに対して胸糞の悪さをおぼえた。ミシェルへの執着が消えた途端に娘に電話って、グロリアも大概なクソだ。

クソクソ書いてるけど嫌いじゃない、むしろ好きな映画。
ハネムーン・キラーズの後に観たせいか、グロリアの行動の異常さの強調がくどすぎるような印象。ドアの隙間から覗き見したり女を繰り返し殴り続けたり、ミシェルもそれを見てAy-ay-ayって困ってるし。ロラ・ドゥエニャスの演技がすごくて、女を殺しているときの喘ぎ声みたいな掠れた声が耳に残る。
BATCLUB

BATCLUBの感想・評価

3.2

ハネムーンキラーズと同じ事件を題材にしたお話。
はーーー不快度指数はめちゃめちゃ高いです…女のヒステリックさ、残酷なことをしているのにもかかわらずへらへらした顔が画面いっぱいに映り不気味に笑うカップルの気持ち悪さったら………
殺人シーンの描写は長いし音楽もないので生々しくて精神的にやられました…
観た後にハネムーンキラーズのマーサの可愛さに気付きました。
ハネムーンキラーズを描いた作品の4本目らしいです。原題は『ハレルヤ』

こちらの方が胸糞悪かった。
映画のラストで「そっちじゃないだろ!」って心の中で突っ込んでいた(笑)

歌い終わった後のノコギリとツイスターゲームのシーンはビビった…