パレードの作品情報・感想・評価・動画配信

「パレード」に投稿された感想・評価

言葉で表現するのは難しいけど
なんとなく表現したいことはわかりますが
正直なところ、でなに?とおもってしまった
ごめんなさい
薄っぺらい人間関係がずっと続く。
希薄な関係性に嫌気がさすも、同居しなくてはならない状況に仕方なくルームシェアをしている雰囲気が鬱々としている。

話のテンションと映像のトーンが絶妙。
静かに一人で観たい映画。

このレビューはネタバレを含みます

一昔前から流行り始めたルームシェアを題材とした人間ドラマ。
妻が昔観て、私がどんな感想持つか気になっていた作品。簡単な人間ドラマが好きな妻にとって、内容が難解で解釈しづらかったようだ。
作品タイトルと上記簡単な内容は知っていた。残りの情報としては、行定勲監督と藤原竜也くらい。
そんな前情報しかないまま鑑賞スタート。

ストーリーは、そこまで複雑な展開はないものの、主要人物5人それぞれが隠している何かがわかっていく内容のようだ。
良介、琴美、未来、直輝の順に単元が区切られる。行定勲作品で『きょうのできごと』というものがあるが、それに似た雰囲気を感じた。

サスペンス寄りらしいが、シリアスさを感じる要素は通り魔情報くらいしかなく、しばらくの間はのほほんと進んでいく。
事態が動くのは、林遣都演じるサトルが登場してから。初めは4人で住んでいたマンションに彼が住むようになり、同居人たちは知らず知らずのうちに彼を嫌いになったり好きになったり…
このサトル、変態性がありながらも憎めない性格という点は、観客受け良さそうと思って観てました。実際に様々レビューを読んでも、林遣都の魅力に触れた内容が目立ちましたね。

次第に5人の性質がわかってくる。
もちろん皆変なところはあるし、突っ込みどころある生き方だし、不自然さがある。が、なんとなく優しさを感じてしまう。もしかしたら、自分にもそういった一面が感じられるからかも。つまり、一概に気持ち悪さや嫌悪感をストレートに表せないのだ。だって、彼らに同じ人間としての良さも感じてしまうから。そこが、この物語の肝になるんじゃないかと思う。

このルームシェアという生活は、そもそも他人と暮らすことになるから、最低限のマナーがある。その上で大事なのは、距離感をうまく取ること。
本当に心の底から自分をさらけ出している人間は出てこない。自分の全ては見せないし、相手の何かを知ったところでそこにフォーカスを当てない。そういった姿が全く見えてこなかったのに、ラストになってそれが出てくるから、観客は騙された気分になる。

そうだよな、それが当然だよな、と。

ちなみに、ラストの解釈について整理しておく。
直輝がやっていたことに対して、直輝本人は同居人たちに知られたらどうしようと不安がる。それを聞いたサトルは、もうみんな気づいてるんじゃないの?だから今更驚かないんじゃない?と話す。
それを聞いた直輝が帰宅すると、皆で旅行に行こうと楽しく会話している未来、琴美、良介の3人がいた。泣きじゃくる直輝を3人は睨みつけて、もちろん行くよね?と…そこで話は終わる。

ずんずんと沈んだベース音を時折BGMで流していたが、この不穏なラストに相応しい音だったと思う。
結局、直輝がどんな動機で犯行に及んでいたのかは描かれない。同居人の中で一番良心的な存在として描かれていた直輝は、仕事も楽しいと自負しているし、元カノを好きでも復縁を望まない充実した生活があるとも感じ取れる。そんな直輝のフラストレーションの原因もそうだし、犯行自体も彼らには重要ではなくて、旅行に行けるかどうかの方が大事だった。上辺の付き合いだからこそ、という解釈だった。

この作品について、行定勲監督は原作者の吉田修一と話した上でインタビューにこう答えている。

九州から上京した者同士として、東京に対して似たような想いを抱いた。東京では人の心の距離を感じた。

これは映画の中で良介が少しだけ触れた内容でもある。
彼は大学進学で島根から上京してきたが、1年のときに同じゼミで最初に友人になったやつが死んでしまった、と泣くシーンがある。これは、先輩からの電話連絡で死んだと報告を受けた際の場面ではなく、好きな先輩と行為をした後の場面であった。彼の感情が溢れたシーンだった。
彼もまた、東京での生活の流れで、段々と人と人との心の距離を取ってしまっていたことに気づく。だから、東京暮らしは合わないので田舎に帰ろうと思う、と話すのだった。

良介と直輝、かなり反対の性格をした二人だが、その対比も面白かった。
これみて林遣都君にハマった
エイ裏

エイ裏の感想・評価

3.5
ゾッとしたし日本的だなと思った
変態ばっかり。
k

kの感想・評価

3.6
原作未読。
予想通りのラストだった訳だけど、面白かった。ルームシェアしてる5人の話ではあるものの、社会の縮図みたいな。人間関係なんてだいたいこんなものかなー。
最後の視線はホラーより怖いものがあった。主要人物5人みんなうまい。
nami

namiの感想・評価

3.7
『シェアをするのはそこにいる空間だけ』
その部屋をシェアする関係なだけで、シェアメイトが外で何をして生きていようが、関係ないスタンスの上に成り立つ作品。

脚本、カメラワーク、演者
どれをとっても実力派で完璧。
近年たまにある「こいつ演技下手で話入ってこないな」ってのが一切ない。

あと、完全な贔屓だけど
藤原竜也が出る映画に駄作はない…

このメンバーで違う作品も観てたいなぁ。
この映画のキャストも台詞もカメラワークも好き
>|