oldmanSEヨK

ラプラスの魔女のoldmanSEヨKのレビュー・感想・評価

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)
3.4
【ネタバレなし】原作未読。

予告で謳われているセリフは、ある種のトリックなのか?超能力?それとも赤胴鈴之助の真空切りや、白土三平のサスケのようなトンデモ科学なのか!?
ここらの掴みはベストセラー作家だけに上手い!。

とりあえず、苦手な三池監督ということや、青江教授を演じる櫻井翔の寝起き感ある顔のむくみは気になりますが、一旦おいておいて…

多分言われなければ、三池監督と分からないくらい、オーソドックスな展開で丁寧な画面でした。

でも、話そのものがアクションやゴア描写とほぼ関係ないので、逆に三池監督ファンには物足りないかもしれません。

ただ、全体的に科学的な説明台詞が多く、一瞬コックリと落ちそうになりました。

内容としては、TVのガリレオ・シリーズに、現代風にアレンジした江戸川乱歩っぽさを練り込めたような…感じ?(笑)

俳優さんたちの演技や絵力もあってか、結構楽しめました。

クライマックスの映像的な演出が…「アレ?劇場の技術的なミスか?」と、後ろの映写室を確認してしまいそうになりました。

コメント欄にうっすらネタバレ込みでツッコミ箇所を記入しました。