new

ラプラスの魔女のnewのレビュー・感想・評価

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)
3.0
硫黄化水素中毒での不審な死亡事件が2件立て続けに起こる。これを解決するため警察は地球科学の専門家青江に協力を依頼する。
2つの事件の現場で青江は不思議な少女に出会う。彼女はある男を追っているという。

やはり三池クオリティか。
題材は悪くないと思うのだが…
いまいち見せ方が良くない気がする。思ったよりも推理サスペンス要素は薄くて、どちらかと言うともはやファンタジーに近いか。 
多くの方が言っているように、主人公青江の存在意義は薄く、事件に巻き込まれた一般人の域を出ない。青江の言動が事件解決に役立つこともなく、役に立った場面といえば車の運転のみ。
原作がどうなのかは知らないが、ここまでキャラクター性の薄い主人公は逆に珍しい。