柴犬

ラプラスの魔女の柴犬のレビュー・感想・評価

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)
2.7
"未来はわからないこそ、夢を持てる"

東野圭吾原作の超常現象と人間心理の描写が織りなすミステリー映画!

遠く離れた地で起きた不可解な殺人事件。全ての現象を理解し、未来を読めるラプラスの定理を体現できる者でなければ、不可能な事象に、櫻井翔演じる教授が解明に乗り出す。


さすが東野圭吾。人間心理の心底をうまく描いているなと。ただ本で読んだ方が楽しめる作品だなと、、、

個人的に三池監督とあまり相性よくないと再確認した映画でした笑 そのカメラワーク要る?と何度も感じてしまいました。

非現実な描写とストーリーのアンマッチ感ばかり気になった2時間でした笑