ラプラスの魔女の作品情報・感想・評価

ラプラスの魔女2018年製作の映画)

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:116分

3.0

あらすじ

連続して起きた2つの不審死。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での<硫化水素中毒死>…そして、驚くべきことに、死亡した二人は知人同士であった。警察はこの不可解な事件の調査を、地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)に依頼する。 もし一連の事件が事故ではなく、他殺と仮定するならば。犯人は「完全無風状態になる一瞬」をあらかじめ知っていて、「その…

連続して起きた2つの不審死。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での<硫化水素中毒死>…そして、驚くべきことに、死亡した二人は知人同士であった。警察はこの不可解な事件の調査を、地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)に依頼する。 もし一連の事件が事故ではなく、他殺と仮定するならば。犯人は「完全無風状態になる一瞬」をあらかじめ知っていて、「その瞬間、致死量の硫化水素が発生する場所」へと「ピンポイントで被害者を誘導した」ことになる。そんなことは絶対に不可能だ。[ラプラスの悪魔]でもない限り…。

「ラプラスの魔女」に投稿された感想・評価

読書しない人の家にも必ず1冊はあると言われている作家・東野圭吾が、狂人ピエール・シモン・ラプラスを魔女が何かしたとして書いただとうぉ?!と大いに勘違いして観た作品でしたが、なかなかに面白かったです。たぶん原作にはダウンバースト現象や、脳神経科学の治験などの委細が描かれているのでしょうが、映画の尺では無理なので、それはさておき、若手の役者さんと、古参の役者さんがそれぞれ頑張ったんじゃないでしょうか。(志田未来さんの使い方最高!)リリーフランキーさん、いよいよ瞳孔でも演技できるようになったんですかねwと思う一場面があったり。しかしこの日本にも実際にこれに似たような研究所が実在していたりしているでしょうし、本当にラプラスの悪魔は居るかも知れない。東野圭吾作品は「かもしれない」を読者に想像させるのが本当に妙。2度観たいとは思わないけれど、それなりに楽しめました。
原作は可もなく不可もなくだった記憶がありますが、あの作品を映画化するのがそもそも無理があったのかと思います。しかも原作全部表現したかったのか、それだとどうしても端折り気味になるので映画そのものが薄っぺらになってしまってました。
na

naの感想・評価

2.0
期待外れであんまり面白く感じられなかった
ムギ

ムギの感想・評価

-
安定の翔さん@横浜(ロケ地の話)
2人の若いのを見守るおじさん青江教授、っていうポジション強かったw
ぴぽぱ

ぴぽぱの感想・評価

3.0
ストーリーしょぼかった
カスミ

カスミの感想・評価

1.5
主演 櫻井翔とうたってはいるけれど、豊川悦司だけしか記憶に残らなかった。
ShojiIkura

ShojiIkuraの感想・評価

2.7
物語を繋げていくはずの桜井くんのキャラが薄く、いなくても物語が成り立ったのでは?と思ってしまう。キャストを考えると期待はずれ。
キャストは豪華だけど。
>|