ラプラスの魔女の作品情報・感想・評価

「ラプラスの魔女」に投稿された感想・評価

読書しない人の家にも必ず1冊はあると言われている作家・東野圭吾が、狂人ピエール・シモン・ラプラスを魔女が何かしたとして書いただとうぉ?!と大いに勘違いして観た作品でしたが、なかなかに面白かったです。たぶん原作にはダウンバースト現象や、脳神経科学の治験などの委細が描かれているのでしょうが、映画の尺では無理なので、それはさておき、若手の役者さんと、古参の役者さんがそれぞれ頑張ったんじゃないでしょうか。(志田未来さんの使い方最高!)リリーフランキーさん、いよいよ瞳孔でも演技できるようになったんですかねwと思う一場面があったり。しかしこの日本にも実際にこれに似たような研究所が実在していたりしているでしょうし、本当にラプラスの悪魔は居るかも知れない。東野圭吾作品は「かもしれない」を読者に想像させるのが本当に妙。2度観たいとは思わないけれど、それなりに楽しめました。

うーん、可もなく不可もなく。。
現象的な話では面白かったんやけどなんとも。。。
S

Sの感想・評価

3.5
評価低めでびっくり
個人的にはけっこうおもしろかった
ちょっと長く感じるけど
志田未来ちゃんがめちゃかわいい
新手のスタンド使い。
ひー

ひーの感想・評価

-
面白かった〜!
豊川悦司やリリーフランキーってこういう役とってもいいと思った
チィ

チィの感想・評価

3.3
福士蒼汰の役柄をずっと教授に協力する能力者Bだと思っていたけども、この勘違いが功を奏してかダークな役柄がとても新鮮でワクワクできた。教授は私たちを同じ目線で楽しませる橋渡しなのか、もっとクレバーだと思っていたけど、予告で散々煽られたように「バカね」と広瀬すずに切り捨てられるような一般人であったのがなんか引っかかる。
凪風

凪風の感想・評価

3.8
東野圭吾原作の作品。
ついつい見てしまうよな〜東野圭吾。

自然現象を重ねた事件発生。自殺なのか殺人なのか、それとも自然の脅威で起きたことなのか…。
翔くん扮する大学教授、そこへ絡んでくる広瀬すず、事件として追っている刑事に玉木宏。
不死身な佐藤江梨子が怖かったけど(^_^;)

迫力あってなかなか面白かった!!
たいき

たいきの感想・評価

3.6
構成は面白かった。広瀬すずほんと美人…
>|