ラプラスの魔女の作品情報・感想・評価

ラプラスの魔女2018年製作の映画)

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:116分

3.0

あらすじ

連続して起きた2つの不審死。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での<硫化水素中毒死>…そして、驚くべきことに、死亡した二人は知人同士であった。警察はこの不可解な事件の調査を、地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)に依頼する。 もし一連の事件が事故ではなく、他殺と仮定するならば。犯人は「完全無風状態になる一瞬」をあらかじめ知っていて、「その…

連続して起きた2つの不審死。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での<硫化水素中毒死>…そして、驚くべきことに、死亡した二人は知人同士であった。警察はこの不可解な事件の調査を、地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)に依頼する。 もし一連の事件が事故ではなく、他殺と仮定するならば。犯人は「完全無風状態になる一瞬」をあらかじめ知っていて、「その瞬間、致死量の硫化水素が発生する場所」へと「ピンポイントで被害者を誘導した」ことになる。そんなことは絶対に不可能だ。[ラプラスの悪魔]でもない限り…。

「ラプラスの魔女」に投稿された感想・評価

FT24Chika

FT24Chikaの感想・評価

3.0
ラプラスの魔女、ラプラスの悪魔
私は東野圭吾作品との相性が悪いので不安でしたがCM観てたら面白そうだと思い
撃沈覚悟の2本立て映画鑑賞2本目でした…
正直1本目鑑賞ママレード・ボーイよりは期待してた部分もありましたが…
こちらは全く持って×撃沈でした。
これは本当に推理サスペンスなの?あのSF的な感じ設定必要?あれで冷めちゃいましたよ^^;
まぁ原作がそうなら仕方ないですが…
もっと櫻井翔さんが名探偵ぷりを発揮する作品にした方が楽しめたと思いました。
本当に普通のサスペンスを期待していたので余計につまらなかったです。
うーん東野圭吾作品が合わないのか?
三池崇史監督の作りが合わないのか?
何とか最後までは観ましたが^^;
ラストの廃墟とか安っぽいし鬼太郎とかで出てきそうな…この作品にそんな感じ求めてないので余計に残念に感じました^^;
映画の出来として戦犯は
1.豊川悦司さん
2.福士蒼汰さん
3.櫻井翔さん
広瀬すずさんは演技は良かったですがこの役やらない方が良かったですってくらい設定?が本当に私には合わなかったです。
結局あの設定を受け入れ理解できれば納得できるのかも知れませんが
私なりに頭で考えてやっぱり納得出来ないです…

劇場鑑賞男女比率2:8でした。

2018年劇場鑑賞22本目

『合わないよ〜(><。)ありえない』
yURiKo

yURiKoの感想・評価

3.4
東野圭吾さん原作ということでとても楽しみにしていました。期待通りの面白さとスケールで良かったです。
原作が読みたい。

暗い色の服を着ててもすずちゃんは可愛い。
sakk0

sakk0の感想・評価

3.0
普通、、。
思ってた感じとは違った!
話の全体としては、ミステリー?って感じだったけど、犯人とかトリックとかって感じじゃなかった…
櫻井くん必要やったんかな?とも思った。
てぃむ

てぃむの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

暇を持て余してたら観てもいいかなというくらいの映画。決してつまらなかったわけでもないけれども。
気象現象とか物理法則?を予測できる2人が手術によって力を身につけたっていうところがなんかファンタジーな感じがして気持ち悪かったな。あんまり能力発揮してるシーンが見られないし達観した印象も受けなかったし2人とも微妙な中途半端加減だった。
予告編から、元々超能力とまでは言わないけどかなり頭のいい人(一瞬で映像を記憶できる人とか実際にいるような人たち)が出てくると思っていたからか、事件に迫っていく流れも現実感ないし玉木宏も勘で動いてるし(実際の刑事もそうなのかもしれないけど)櫻井翔もなんの蘊蓄も披露しなければ全く役にもたってないし、中途半端な印象。
途中でこれはファンタジーだと割り切って観てたので楽しめたけどミステリーものならより現実的な物語が好きだなぁ。
クライマックス。あの屋敷で、思い出したかのように突然アップになったりピンボケしたりピント合ったり、スライドしたり、格好いいけど奇妙なカメラワークが気になった。意図が掴めなかった。
他の人も突っ込んでいたけど玉木宏がかけそば食べる時に一口目が一本だったのは笑った。なぜOKにしたの?てかそばの食べ方荒すぎでは?キャラ設定なのかな?
最後は櫻井翔と広瀬すずが分かれるシーン。すずが未来が見えてたら知りたい?櫻井はいいやと言い分かれる。櫻井が振り返り終わり。
しおる

しおるの感想・評価

3.7
科学の話好きだなぁ

カメラワークに凝る、という意志が見えすぎてしまったように感じる

この年になって、会話や動作の細かな矛盾とかが気になるようになった
単に私の理解不足かもしれないけど

エンディング好き
Keito

Keitoの感想・評価

3.0
映像がリアリティに欠ける…
今の技術じゃ仕方ないのか
う

うの感想・評価

3.5
映画
普通に面白い
>|