ヒメ

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語のヒメのレビュー・感想・評価

4.5
1〜5章の構成からなるヒューマンドラマ
ある出来事を軸に、数十年にわたる二つの家族の、出逢い.生と死、親と子、過去、現在、未来まで、たった2時間でこんなにたくさん詰まっているって事がすごいと思った
いい映画だった。場内でも私と同じようにすすり泣きしている人が多かった
人生には安易に悲劇が訪れるけど、人生は一つの面だけでは完結しなくて、違う面には影だけじゃなく光もあるから、前を向くことで喜びも存在するしディランとロゴリゴみたいにニューヨークとスペインとか距離は関係なく、世代を超えた運命の出会いがあるかもしれない。そういうことなのかな
ハビエルとサチオーネの関係は理想の父親像って何だろうと思わされた
ハビエルは想定外の事に対処出来なくて一見可哀想なのかもしれないけど、自滅ならそれも仕方がないというか、それがハビエルの人生だと思った。運命のいたずらだったとしても、それよりもっと大事なことを見失ってはいけなかったと思う。
何も知らずにジャケットだけで決めて観たから脚本が好きだと思って見たら私の好きな「ラブアゲイン」や、ディズニー作品もだった。シリーズもののTVドラマはなかなか観る時間が無いけど「THIS IS US」は観てみたい
全編に流れる曲は「ボブ.ディラン」
音楽好きなのに全く聴いたことがない事に気付いた
アルバム聴いてみようと思います

人生、物語は、私が消えても続いていく
「私は私の父であり、父の父でもある。私の母であり、母の母でもある」(エレーナ)
エレーナの言葉にこの映画の全部が集約されてる気がする