すず

善惡の刃のすずのレビュー・感想・評価

善惡の刃(2016年製作の映画)
3.8
夏の韓国映画祭り\(◡̈)/

15歳の少年ヒョヌは、殺人の罪で懲役15年を言い渡された。
しかしそれは冤罪で、この事件には裏があった。
刑事のクズっぷりが炸裂する、超胸糞ムービー!

もおおおお、すんごく胸糞悪い。
デブでクズのクソ刑事!!!
あいつ本当なんなの?
イライライライライライラするっ!
15歳の少年に、よくもあんなひどい事できるな。
そしてこの事件の裏を暴こうと立ち上がったのが、まともな実績を挙げられずにお金に困った三流弁護士のジュニョン。
金儲けの為に引き受けた仕事だけど、調べれば調べる程明らかになる不審な点。
もうね、冤罪なんてレベルじゃないよ。
これこそ犯罪!許せない!
お金の為だか何だか知らんが、裏切った仲間も許せない!
無実の罪で長い間苦しめられて、笑う事すら忘れてしまったヒョヌ。
彼が十何年か振りに笑った事に気付いて涙を流す、盲目の母。
普通に暮らしていただけの青年と家族をここまで苦しめるなんて。

刑事の不祥事を取り扱った映画って多いけど、毎回怒られないのかな?って心配になる←
ここまで洗いざらいにして映像化する韓国、恐るべし。