たなかたかあき

リバーズ・エッジのたなかたかあきのレビュー・感想・評価

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)
4.2
原作へ忠実に従いつつも監督の演出により映像として面白みのある邦画に仕上がってる!
原作が大好きだった為大いに期待しており、いい意味で裏切られ、お金を出して映画館へ公開日に見に行った甲斐があった!

岡崎京子の作品にはどこか毒がある。
リバーズエッジもその1つ。
壊れゆく世界の現状に対してあんましピンときてない若者達の中にも大きな出来事は起こっていて、それは誰かを好きになったり、嫌いに思ったり、自分って異常なんじゃないかな?って悩んだりする事だったり!
確実にこの時、今を生きる感触に気づかせてくれるような作品。

キャストも普段見慣れない大御所が揃い、選び方に作品への敬意を感じられた!いい意味で淡々と進む感じは原作の雰囲気に近くて、コマ割りや場面転換など演出面で監督の力量が発揮され映像としてオリジナリティ溢れていた。

個人的には『pink』が大好きで是非とも死ぬ前に映像として拝んで見たい!出来ないのかな?話止まらんな…笑