リバーズ・エッジの作品情報・感想・評価

リバーズ・エッジ2018年製作の映画)

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.6

あらすじ

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)が苛める山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は決して恋愛に発展しない特異な友情で結ばれていく。 ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そ…

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)が苛める山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は決して恋愛に発展しない特異な友情で結ばれていく。 ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ(森川葵)、暴力の衝動を押さえられない観音崎、大量の食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎との体の関係を重ねるハルナの友人ルミ(土居志央梨)。 閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。そうした彼らの愛憎や孤独に巻き込まれ、強くあろうとするハルナもまた、何物にも執着が持てない空虚さを抱えていた。そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたという報せを、山田から受ける・・・。

「リバーズ・エッジ」に投稿された感想・評価

FT24Chika

FT24Chikaの感想・評価

3.7
全員〇〇。
虐め、ドラッグ、SEX、未成年タバコ、死体鑑賞、摂食障害、引きこもり、エトセトラ
中でも猫ちゃんを××は許せない(><)
で登場人物なんですが
親も××なら子も××
救われない映画でした!
ですが…結構好きな作風です。
二階堂ふみさんがガッツリフルヌードで出てたのはビックリしました。
吉沢亮さんのミステリアスなLGBT感良かったです!
SUMIREさんの雰囲気もGood!
この3人がある共通の秘密を共有するミステリアスな関係で引き合います。
そこに。。。
吉沢亮さんを想う
森川葵さんは衝撃的でした。
ですが
なんだかんだで
姉にぶっ壊される
二階堂ふみさんの彼氏を寝取りドラッグ避妊無しSEXの挙句
誰の子かわからない子を〇娠し〇産する土居志央梨さんがクレイジーMVPでした。

あとメガトンパ〜ンチって吉沢亮さんの好きな人とじゃれ合う岡村いずみさんも良かったです!
青春映画ですが…
90年代初期の雰囲気たっぷりめっちゃクレイジーな青春映画でした。

小沢健二さんの曲は全く今作に合っていない曲でエンドロールで雰囲気をぶち壊してました^^;

劇場鑑賞男女比率 100%女子でしたが…観てたの4人でした。

2018年劇場鑑賞7本目

『生と死』
女子高生の若草ハルナは自分の彼氏観音崎に虐められていた山田という男の子を助けると彼に秘密を教えられて……

『ヘルタースケルター』
『セカンドバージン』等の
!!岡崎京子原作!!
の90年代暗黒青春物語。
監督は『世界の中心で愛を叫ぶ』
!!行定勲!!
主演は売れっ子2人の
!!二階堂ふみ&吉沢亮!!
なんとなく邦画も勉強しようと思い鑑賞。


「僕の宝物を見せてあげる」


純愛少女漫画の実写映画化かと思いきや、大分と暗くて陰鬱とした内容で驚いた。
レズビアン、ゲイ、ヤク中、メンヘラ、不感症、拒食症、川辺の死体……
と普通の高校生じゃ出会わないアブノーマルが溢れていて、きっとこれは燻ったマイノリティへ向けた映画なのかもしれない。
教室の真ん中で「うぇーいww」とやってた能天気な奴らではなく、
隅で悶々と悩みを抱えている彼らへの作品なのだろう。
90年代へのリスペクトと再現度が素晴らしく、当時着てたであろう衣服や画面のざらついた質感、アスペクト比までこだわっていて監督の仕事人ぶりを認識した。
ただこれを軽い気持ちで見ちゃった女子高生とかはどんなきもちになるんだろう(笑)
シックスナインにムース缶に校舎や草原でのセックス…とAVのような刺激に溢れていて一線を画しているのだ。

主演の吉沢亮は美形すぎ。
彫刻のようなイケメンぷり。
なのに憂いを孕んだ瞳にイチコロです。
二階堂ふみはまた綺麗なおっぱいだしてくれます。売れっ子女優の中では1番惜しみなくおっぱい出してくれるので製作側も作りやすいでしょう。NGなしなのかな?
あとは森川葵ちゃんのメンヘラ役がピッタリでしたとさ。

まぁ自分が観るジャンルではないのであまり高評価ではなかったけれども、多分刺さる人にはめちゃくちゃ刺さるタイプの映画なのでしょう。
岡崎京子の原作がそういうタイプなのでしょう。

岡崎京子好き、学生生活をひっそりと暮らしていた方々、そして惜しみなく披露される二階堂ふみちゃんのおっぱいを確認したい同志にはオススメの作品。
佐藤

佐藤の感想・評価

-
行定さんさようなら
登場人物がインタビュー形式で話をするのがちょっとよくわからなかった。
時代背景もよく分からなかったし、そもそもこの人たちは高校生なの?私服?
だとしたら、すげーな、高校生。
タバコや酒は普通、いじめにドラッグ、援交etc...
森川葵のぶりっ子にイライラ。

原作漫画を知らずに観たんだけど…。意外と濡れ場が多かったな💧
何だかお尻をいっぱい見た気がする。
二階堂ふみ、頑張ったね〜

誰かが死ぬんだな〜と思いながら観てて、あ、この人か!と思いつつあれ?違う。。あ、やっぱり!と思いつつ、また違う。。
結局、この人だったのか〜とわかったんだけど、方法がよくわからず😅

特に面白いとも面白くないとも思わず、最後まで観ちゃいました。ふーん。
色んな生き方があるけど、どうしたって人は人と関わらずにはいられない。
嫌いだろうが好きだろうが、生きてようが死んでようが。
無気力でもただ存在してるだけで意味がある。好き嫌いは置いておいて。
二階堂が彼と付き合ってる理由もそんなところかな。
誰にも言えない自分の秘密を話せる相手が見つかった時の、あたたかい気持ちが一瞬だけ感じられる。オザケン最高!
Natsu

Natsuの感想・評価

3.0
すきな役者さん沢山。
好きな気だるさでした◎
ナオ

ナオの感想・評価

3.7
空虚感
あ

あの感想・評価

3.8
キャストと主題歌
R

Rの感想・評価

4.0
「自分が生きてるか死んでるかいつも分かんないけど」
>|