リバーズ・エッジの作品情報・感想・評価

リバーズ・エッジ2018年製作の映画)

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.5

あらすじ

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)が苛める山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は決して恋愛に発展しない特異な友情で結ばれていく。 ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そ…

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)が苛める山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は決して恋愛に発展しない特異な友情で結ばれていく。 ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ(森川葵)、暴力の衝動を押さえられない観音崎、大量の食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎との体の関係を重ねるハルナの友人ルミ(土居志央梨)。 閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。そうした彼らの愛憎や孤独に巻き込まれ、強くあろうとするハルナもまた、何物にも執着が持てない空虚さを抱えていた。そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたという報せを、山田から受ける・・・。

「リバーズ・エッジ」に投稿された感想・評価

撮り方と構成が面白かった。エンディングあの雰囲気で明るいオザケンの曲が流れるのなかなかシュールで好き
mona

monaの感想・評価

3.8
高校生の抱えているドロドロとした部分を力強く表現している。キャスティングが絶妙。
nannanda

nannandaの感想・評価

4.5
生きていると思うか。
生きててよかったと思うか。
生きていきたいと思うか。

気持ち悪いシーンがひとつもない。グロいしセックスだらけだけど気持ち悪くない。役者がみんなほんとに演技上手い。のめり込める。役柄的に気持ち悪い役はいっぱいだけど、見てて気持ち悪くならない。
青春もいうのの中に溢れる湧き出る闇、絶望、欲望、枯渇、焦燥、死。これは名作。流石行定監督。役者みんな体張ってる。もう一回見たい。大きな感動はないけど、あああってくる。もう一回見たい。
最近、ブレイクしている吉沢亮が好きなら
観ておくべき作品ではあると思います✴︎
吉沢亮君は、作品とは関係無いけどGIVERとサバ婚のギャップが凄すぎて、目の冷酷な演技も、愛しそうな可愛い目も上手いな。と思いました!
生と死についても考えさせられます
佐藤

佐藤の感想・評価

-
高校生でもムース缶入れれるなんて将来有望すぎた
青春時代の価値観やら人生観やらがギュッと治った映画だった。人選ぶ映画だと思うのでそこは注意!最後の詩が最高だった。
この映画で二階堂ふみちゃん好きになった人は多いはず…
あとこういう影のある役が吉沢亮くんうってつけだと思った。
ふうか

ふうかの感想・評価

3.7
雰囲気めちゃ好き
お亮が◎
sci

sciの感想・評価

-
1990年代の日本はどんな時代だったろうか・・・1980年代のバブル期がまぶし過ぎてその後の時代は完璧に記憶の中で埋もれている。思い出せない。そのように埋没した世界、自己の存在に確かなものをいっさい感じられない若者たち。迷子になり、もがき苦しみ溺れながらもなんとかこの世に留まろうとする。
その中で目の前に現れた死体。彼らはひきずられるように死に己を絡めとられそうになる。死は甘美だ。それさえ目の前にあればこの世の辛さは忘れられる、一時の楽園なのだ。

リバーズエッジの紹介文で「あなたは岡崎京子という漫画家を知っているだろうか」で始まるサイトがあってちょっとショックだった。読んだことはいっさい無いのだけど、折に触れて話題になっていたから。

「生きる」というヒリヒリするような感覚はその後、ネットとかSNSによって内向きになり、今となっては全てが渦の中でごちゃまぜに迷走する時代になってしまった。20年後の今、死さえもただの記号になっている。

対象を正面からじっと見つめる映像にしばし我を忘れた。
ほのか

ほのかの感想・評価

3.7
虚無、ですね、
でもなんとなく最後は、希望も感じたり、
暴力的だけど、嫌じゃない映画でした、
>|