リバーズ・エッジの作品情報・感想・評価

リバーズ・エッジ2018年製作の映画)

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「リバーズ・エッジ」に投稿された感想・評価

コトナ

コトナの感想・評価

1.8
何の共感も得られない内容だった。
ただただ、吉沢亮の演技が良い。
maron0914

maron0914の感想・評価

3.0
メッセージ性が強い作品。
だけど、リアルなのかどうかもわからないぐらい自分の知らない世界。
子を持つ親としてはこんな深い闇を心に閉じ込めたまま生きてほしくないと思った。
二階堂ふみちゃんは安定の素晴らしい表現力。
吉沢亮くんは何作か観たけど、このキャラクターが1番好き。
焼死体を見た時の驚き→悲しみ→好奇
と移り変わる表情が印象的。
か

かの感想・評価

-
吉沢亮の歌声めっちゃ環ROY
puripuriii

puripuriiiの感想・評価

2.7
つまらなすぎた。
おれ

おれの感想・評価

3.5
原作は読んでないです。最初何気なしに期待もせずに観て、気が付いたら続きが気になってるパターン。どうしようもない不毛な感じはどこか「青い春」を観た時の感想に似ているような似ていないような。とかく若い世代の鬱屈したもの(どちらかというと希死感とか希死念慮とか)をよく表しているなーと途中までは思いました。面白かったです。
二階堂ふみと吉沢亮の会話が最高だった。森川葵がイタくて最高。「うるっさいなあ。どうでもいいことばっか喋って楽しい?してほしいことばっか喋って楽しい?ねえ?自分のことばっか喋って楽しい?」って吉沢亮に言われて無になる感じ。

上杉柊平くんを初めて拝見しましたが、すごくいい演技だったなあって。クズ感とすぐカッとなる感じがすごくよく出てました。

ルミとルミのお姉ちゃん、すごく心にくるものがあったなあ、、、互いに互いを絶対に認めない感じ、、、

ハルナは「もっともっといろんなことを感じたり、考えたりしたい」って言ってたけど、色々考えて感じてしまう者からひとつだけ意見を述べさせてもらうと(笑)、それもそれで疲れちゃうんだよね、さまざまないろんなできごとに大小、善悪関わらず感情や考えを持つって疲れるよ、案外(笑)それらはその人の心の中だけの話で、全く実生活には影響ないっていう人はすごいなあって思うけど、なかなかそうもいかないから、、、( 特にあたしは ) だからあんまり考えごとしないハルナが、あたしは逆に羨ましいなあ〜〜
おひさ

おひさの感想・評価

1.5
2019/07/17
Netflix

若いって いいなー
でも これで高校生?
ビックリだわ。
二階堂ふみの裸体が ボンキュッボンで
素晴らしかった。
高校生なのに自由で、大人みたいな行動して。おしゃれに尖らせた空虚感。観てるうちにあの時代を思い出した。形は違っても空虚さは今だってある。幻想と生活感のバランス。
ジャム

ジャムの感想・評価

3.9
重いし生々しいし、でもそれが生きてるってことなのか。
高校時代の焦燥感とか何かを少しだけ思い出した。あの頃はバランスよく生きるなんて無理なんだよな。自分を確立するのに必死で周りもよく見えない。
吉沢亮はどんな時も美しい横顔だった。
iikimm

iikimmの感想・評価

3.3
ルミちんの姉が一番完コピだった。
>|