リバーズ・エッジの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

リバーズ・エッジ2018年製作の映画)

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「リバーズ・エッジ」に投稿された感想・評価

1年前ぐらいに見た!
エミリ

エミリの感想・評価

3.2
90年代
服かわいい
なっ

なっの感想・評価

4.0
鬱屈していてよかったが、エンディングの明るい歌が流れ出して違和感になんじゃこりゃ!?と思った
は

はの感想・評価

3.0
顔面国宝:吉沢亮
陰キャの役多いけど、どうあがいたってこの顔面がその立ち位置にいくわけない
イトウ

イトウの感想・評価

2.2
すみれちゃんが可愛いなという印象のみ
原作が好きだからなんか嫌な気持ちになった
観てから原作を読むだとまた印象は違うかもしれないけれど、これはちょっと、嫌でした

このレビューはネタバレを含みます

リバースエッジ ー川原の葦に隠れた場所をキーにした、夫々に闇を抱えた高校生たちの群像劇。

人間らしさがよく伝わってきて、好みの作品だった。監督が上手なんだろうな、食べる音とか、場面の切り替えとか、急なアップとか、俳優陣の演技と相俟って、彼らのある種「おかしさ」みたいなものがビシビシ来た。

特に二階堂ふみ。
あの役は、正しく振る舞いながら、最も何も感じていない、一番わかりにくくて深い闇だ。
お父さんからもらった人形も、彼氏との愛情交換も、友達との会話も、全く彼女に落ちていない。その表現として、あの最期のインタビューはとてもうまいと思った。
最後に泣いたのは、やっと「感じる」ことができたからなんだと思う。

モデルの子の拒食症、
いじめられっ子でゲイの子、
セックスで存在を確かめる子、
深く暗い愛情をぶつける子、
クスリやいじめを繰り返す子、

こう書くとケータイ小説ばりの破茶滅茶ですが、うまくまとまっていた気がします。
きっと、ほんの一瞬の出来事として忘れられちゃうんだと思うけど、確実に人生の岐路だった。どの子にとっても。

一つ言いたいのは、あの役は吉沢亮ではない。芯が強すぎるしかっこよすぎる。ああいう子はいじめられないし、最後の狂気の笑顔はいじめっ子のものだ。
岡田将生とかの方がいいかな。
U

Uの感想・評価

3.8
個人的に写真展覧会みたいだったなあという感想。
エモい エモい エモいなあ〜って思わせといて時々しっかり切ない、みたいな
これ感想難しいな
ひろな

ひろなの感想・評価

5.0
深いくてよい、こういう映画見て人生勉強した気になってる。
39

39の感想・評価

3.1
痛々しい。若さ故の歯がゆさとか虚しさを感じる。
二階堂ふみ、吉沢亮2人ともさすがだな。
SUMIREちゃんは棒だけど、雰囲気あって良かった。
時代が少し前、懐かしさも感じる。
maui

mauiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

田島カンナが死んだ時の山田の表情怖すぎた。吉沢亮は顔がいいだけじゃない。


3人を結ぶ、不思議な関係
きっかけは死体かもしれないけど、それ以上にもなり得る。
カップル、ゲイ、性、片思い、嫉妬。
全ての現実が、感情が今この時につながっている。

死体をみて、人はどう思うか

正常な人はきっと、観音崎みたいな反応するはず
ざまあみろ、なんて思う人はそうそういないよな〜

二階堂ふみの、独特の温度感が好きだから内容は暗いけどみてて心地よかった