リバーズ・エッジの作品情報・感想・評価・動画配信

リバーズ・エッジ2018年製作の映画)

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「リバーズ・エッジ」に投稿された感想・評価

AYANO

AYANOの感想・評価

3.0
最後の炎につつまれてる家をみてニヤッと笑った吉沢亮が美しいサイコパスで怖い。スミレちゃん好き。
lilSHU

lilSHUの感想・評価

4.5
解釈するのが難しいけど、凄く好きな映画だった。
リバースエッジは、生と死がちょうど交わる空間なのかと解釈した。なんかそういうオマージュがあるのかもしれない。

死を見ないと生を実感出来ない人、それでも生き生きとした生に憧れも感じるし、美しいとも思える。そういう人ほど自分と向き合って生きてて、ある意味冷酷で本気なのかと感じた。

多分ハルが1番現実と理想のちょうど中間で生きてて、どちらの世界にも良き理解者なんだと思う。そして自分的にも1番共感できた。
ゆき

ゆきの感想・評価

4.0
内容がほんとに重くて、のうのうと生きてる自分が恥ずかしくなった。
この独特すぎる世界観を見事に演じた役者陣すごすぎる。内容も入ってきやすかった。凄いの一言に尽きる
登場人物、みんな個性が強すぎて、、
森川葵かわいかったけど一番キマってたな。
主題歌は他にもっと良いのがあったと思う
すみれちゃんに恋した映画
mos

mosの感想・評価

2.5
みんな演技上手
Moegi

Moegiの感想・評価

3.7
ぶっ飛んでるなあと思いつつ続きが気になっちゃう感じ
一人一人個性強くてインパクトすごい
生きるとか愛とかなんだろうって思った。分からなくなったら定期的に見ようかな。
の

のの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます


日常にある苛立ち、不安を
取り除いてくれる不思議は存在の彼に
生きている若草さんが好きだよ、
一緒にUFO呼んでみようか。と
言われるシーンに全てが
詰まっていた気がする。

好きな人に振り向いてもらえない
が大前提にありながらも
時は進んでいて、彼ら彼女らには
それぞれの悩みがある
どの時代、世代も変わらず悩む。
二階堂ふみが煙草を吸うシーンで
一緒に悩んでしまった。
物語冒頭から展開されるインタビューシーンを起点に、役と俳優の境界線があいまいになっていく…ってこれは下手したらただのだるいメイキングになってしまう恐れアリなのに全然見えないのがすごかった。それゆえにネオドキュメンタリーみたいになっていって、青春群像劇(って言っていいのかわからない原作だけど)のLIVE感が怖かった。みんなやることなすこと痛々しい…。。

主演のお二人もSUMIREもオーラがギラギラですごいんだけど、個人的には森川葵の『狂気』がこの映画の一番の怖さでした。この手の女子は苦手だ…。
>|