habtex

死んだってへっちゃらさのhabtexのレビュー・感想・評価

死んだってへっちゃらさ(1990年製作の映画)
4.6
ただただ最高にカッコいい映画。

最後のコックファイトの前、騒ぐ群衆の中で、座り込み、静かに鶏を撫でるジョスランを、微妙に引いて捉える手持ちカメラの緊張感が素晴らしい。

ダーとジョスラン。
二人の違いは社会に対して己を発することが出来るかどうかだと思って観ていたけど、大寺さんの講義で、そんなに深い理由があるとは、と知って勉強になりました。