ハートストーンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ハートストーン」に投稿された感想・評価

JOKER

JOKERの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

小さな閉鎖的な村の思春期の子達のお話し。
外の世界に出ていきたい。より少し前の気持ちの変化な気がした。

序盤苦手な描写もあったけど良いお話し。
rikaful

rikafulの感想・評価

3.6
画が美しい。

主人公の無邪気な好奇心が無意識にクリスティンを傷つけているのが心にくる…
無理に応えることはできないのだけど、どうしても報われて欲しいと思ってしまった。
湧水

湧水の感想・評価

5.0
靄がかかった空気の感じと少年少女の葛藤が最高にマッチしててヤバい。古典の荘厳な風景画と陳腐な雑誌の四コマ漫画が見事に共存しているような(違うか)、幼くて大人な表情がリアルでぐっときた。エロい。
2才

2才の感想・評価

3.0
艶かしい
こんなセンシティブな映画久しぶりに観た。思春期の少年と、彼を取り巻く環境。すべてが繊細でデリケート。恐ろしいほどに傷つきやすい。厳かで壮大な大自然を背景に物語が進んでいく。アイスランドに留学していた日々を思い出した。
この映画では、様々な「愛のかたち」が描かれている。密かに親友に想いを寄せるゲイの少年。安っぽい愛で自分を満たそうとする母親。素直に生きることよりもイケてる自分を追い求めてしまう主人公。そして、「愛」を大事にし、どんなかたちであれそれぞれを尊重しようとする芸術家の姉。思春期はいつも壊れやすく、愛というのはいつも痛い。
自分に正直に生きられたらいいのに。周りの視線なんか気にせず、正々堂々といられたらいいのに。息苦しくない場所でしっかりと呼吸がしたい。
親友と悪いことをしたい、女の子とイケナイことをしたいという健全な思春期真っ只中の脳を持ち合わせた男の子が主人公。
舞台はアイスランドの田舎町でどこを切り取っても美しい景色。
こういう思春期の繊細な心情を丁寧に伝える映画は中弛みが敵なんだけどこれは最後まで、最後の最後まで面白く見れた。
主人公の演技がうますぎる、あれ?これノンフィクションドキュメンタリーだった?っと思うくらい自然な演技。
入り込ませてくれたなぁ。
たらこ

たらこの感想・評価

5.0
まず何よりも絵面がめちゃクソに美しい。
自然も、演者さんも。

んで構成的には
こういう話ってLGBT(この作品だとクリスティアン)目線で描かれる事が多いけど彼はあくまで主人公の友達という立ち位置なので、トランスジェンダーそれ自体に焦点を当てるよりも普通の少年の普通の人生に自然な事としてあるんだなっていう受け取り方ができる。

シンプルで分かりやすくも映画的な含みが随所にあって
人間的な温かみをしっかり感じられる上に
映像の綺麗さも満喫できる
素晴らしい作品でした。

ただ、エヴァ風にふざけて言うと最高の童貞卒業をきみに。とコピーつけさせて頂きたい。
トリコ

トリコの感想・評価

4.1
広く開放的なようで実は物凄い閉鎖的で窮屈な世界で静かに繰り広げられる、青く瑞々しい物語。

生きてりゃ葛藤に苛まれることだって、結局それが報われないことだって幾らでもあるけど、それを真正面から受け止める必要なんてないし、流し流し生きていけば良い、なんてそんなことは分かってるんだけど人間そんなに器用にできてないから辛いんだよな。でも生きなきゃ報われないし、生きてりゃいつかは報われるかもしれないから生きる。
クリスティアン切なかった、、
『結婚ゲームしよう。あんたはお断りだけど』

この歳でこんなん言われたら立ち直れないよ。
 しっかし暇そーな場所だな。あと姉ちゃんにシコリーステーション見られるとか地獄。

はぃ。いやぁ、僕もやりましたわ。廃車場みたいなとこでクルマの窓割ったり意味もなく物壊したり。唾吐いたり下手な化粧したり、いかにも少年少女っぽくてね。よきですね。
 僕ねぇソールと家庭環境が似てるのですっごい共感しました色々。あの〜、ね。なんていうか、理想持たなくなりますよね女性に。

僕はハブディスが好きだな。
ソールとベータがキスした後のクリスティアンの笑顔が辛い。気の毒で仕方ない彼が。
ほんま、田舎はろくなことないな。

イイ映画だけどちょっと長いな。もちょっとキュッとまとめて欲しいところ。
>|