夜の浜辺でひとりの作品情報・感想・評価

「夜の浜辺でひとり」に投稿された感想・評価

えりみ

えりみの感想・評価

2.0
clipしてあったからWOWOW録画。
何故clipしたのかは忘れた。
タイトルに偽り無し‼…で❓
よう分からんかった🤔
女優さんの役みたいやけどあまり女優感のないキムミニ
ハンブルグは喫煙ルールが緩いみたい、意外。
どんよりした天気、冬?
女の先輩とただたわいもない話をずっとしてウロウロしている。
ん?海に 向かってて消えたと思ったらなんか連れて去っていったよ😯

韓国のカンヌン(江陵)は海水浴場が有名な観光都市ですって。
映画監督と不倫?
また煙草🚬
今度は男の先輩とたわいない話始めた
飲み会🍺
ん?夢??
砂浜を去る…END
何なんコレ??
皆さんのレビューみたら、本作の監督と主演女優はガチで不倫関係なんですってよ奥さん!😨🤨
炎上商法に引っかかった気分😡
ピエール瀧の出演シーンカットしてないからって「宮本から君へ」の日本芸術文化振興会からの助成金打ち切りってニュースみてまた憤り😠💢
2019 10.18 観賞
キム・ミニにはまってしもうた!
チョン・ドヨンにはまってから、もうこんな韓流女優は現れない❗と思ってたが・・・・
ぴのこ

ぴのこの感想・評価

3.0
ちょっと退屈すぎて、何回も寝落ちして、観るのに時間かかってしまった…。ハンブルクのシーンは好きだったけど、韓国に戻ってからが、どうもはまれず。酔ってからあんなに激しくなるのが、ちょっと引く。『福岡』にでてたクォン・ヘヒョは、いいおじさんでよかったけど。ホン・サンス一作目だったので、また別の作品に期待を。
ぽなを

ぽなをの感想・評価

3.7
淡々と進むストーリーが心地よく、ドキュメンタリー調のカメラワークがとても良く…。難しい作品が多い監督だけど、どれも美しいですね!
taka181

taka181の感想・評価

3.5
老いを自覚すると人間は急に、死ぬまでにやりたいことをやろうとか思う。しょうがないよねやりたいんだしね。酔っ払って瞬間沸騰するキムミニ良いですね。
近所のツタヤが準新作100円セールを2週間ぶっ続けでやっているので、こういう時は馴染みのないジャンルや、知らない監督の作品にチャレンジする。先週辺りからスコアのばらつきが激しいのはそのせいです。

不倫スキャンダルにより、キャリアを捨て異国に逃げてきた韓国人女優の姿を追った作品。ドキュメンタリーっぽい質感に特徴があるのだが、後から調べたところ本作の主演女優と監督が不倫中との事。あらら、なるほど(笑)

というわけで私小説っぽい閉じた雰囲気が支配する作風で、他の役者さんもそんな2人を温かく見守ってくれる、ファミリー的な方なのでしょう。

劇中で2度登場する飲み会のシーンで、アルコールが進むとぶち切れる主人公が印象的。他のパートが淡々としているので、その対比がクエンティン・タランティーノの「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を思い出させた。
『淡々と』という言葉よりも、もっと平たい、本当に普段の会話を切り取ったような会話劇なのに、それが映画として成立しているように思える。

俳優たちのそこに生きる、ありのままの感じがとても心地いいし、苦しくもなる。

説明のなさが良いなぁ。あの、ホテルの窓の外の人は誰なんだろう。誰でもないのかなぁ。自由に考えられる。

その自由の受け取り方ができるのも、映画の素晴らしさだと思う。
ミク

ミクの感想・評価

4.5
久しぶりに、あ、好き!と思える監督ですね、ホン・サンス!
不倫関係になった背景には必ず酒があったのかと臭わせる、飲み場での白熱ぷり。怒りやら不安やら悲しみのごった煮感情ぶつけて、オンニとポッポ。こちらも頭ポッポします。ホラーとユーモアは紙一重というか、そもそも一緒の素材で形成されていて、見る人の感じ方に委ねるものだと改めて思う、黒装束の男。
>|