くう

嘘を愛する女のくうのレビュー・感想・評価

嘘を愛する女(2018年製作の映画)
3.2
cocoや、ここの評点を見て、へぇーってなってる今(笑)自分にとってはもうグサグサ刺さるシーンやセリフだらけだったので。

ヒロインの行動や言動の自分勝手さ、思いやりのなさに怒りよりも憐みを感じるのは、きっと私がそんな女だからだ(爆)

正直、設定のあちこちに「?」は多くて、「アレはどうやって作ったのか」とか「身よりは…」とか、終わってから友達とツッコみまくり「原作を読めば解るのかな」という結論に落ちたのだけど、何だオリジナルストーリーなのね……、いや、でも私はこの映画が好きだ。

彼は誰なのかというミステリーよりも、人間ドラマとして深く感じ入った。ああいうラストで救われた。

まさみちゃんも一生も元々好きで、今までの作品の役柄を考えると充てたようなキャスティングだけれども、こういう形で共演してくれたのはファンとして嬉しい。

子供のように透明感のある松さんの主題歌を聞きながらボロボロ泣いた。

あと、DAIGOがすっごく良かったなぁ。役作り。昔見ていた大好きだった連続ドラマの時は正直ちょっとB……だったので、感動してしまった。いい役いい人いい演技。