singer

嘘を愛する女のsingerのレビュー・感想・評価

嘘を愛する女(2018年製作の映画)
3.1
悪くはなかったけど、良くもなかったです。
というのも、個人的には物語の真相の部分が悲し過ぎて、
ちょっと救えない気分になってしまったのが、その要因です。
それは、自分の立場上の話かも知れないので、
違う視点からみれば、また違う感想をもつ人も居るかも知れないけど・・・。

ストーリーも、少し描き込みが足りなくて、
主人公が「探す」理由に、強い説得力を感じなかったし、
ラストも感動を呼ぶまでには至らなかったかなぁと思います。

キャスト陣も悪く無かったけど、
もっと徹底して登場人物を絞っても良かったようにも思います。
演技自体は別として、川栄李奈はあまりストーリーの歯車と噛み合ってなかったし、
DAIGOも見た目のインパクトは凄かったけど、そこまで効果的じゃなかったと思うんで、
この強烈な個性を放つ二人を生かしきれてなかったのが残念に思いました。

作品自体もミステリーなのか、ラブストーリーなのか、
どっちの打ち出しなのかが微妙に感じたし、
最終的にはヒューマンドラマに落ち着くのかなぁという印象が強く残りましたが、
このあたりのテーマのブレも、作品の印象を薄めてしまっているように思いました。