いちこ

嘘を愛する女のいちこのレビュー・感想・評価

嘘を愛する女(2018年製作の映画)
3.6
わたしには全然ハッピーエンドには思えなくて、終わりのシーンが始まりに思えて、それからのことを考えた。

言わないでいること、嘘をつくこと、それを相手の知らない場所で暴くこと。

それがハッピーエンドになるかバッドエンドになるかはわからなくて、良い悪いも正しい間違ってるもないんだろうと思う。知らないままの方がいい真実もあれば、知ってよかった真実もあるわけで。

この作品と同じで、嘘をつくこと・暴くことにはいろんな解釈があっておもしろい。

わたしも好きな人のことは知りたくなっちゃうけど、全部わかるのも、逆にわかられるのも勘弁という気持ち。映画を見た人に、あなたはどうですかって聞きたいな。

幸せそうなふたりもだけど、特に吉田鋼太郎さんの演技が好きな作品。99.999%。