しちみ

嘘を愛する女のしちみのレビュー・感想・評価

嘘を愛する女(2018年製作の映画)
3.2
[ストーリー]
5年以上一緒に同棲していた最愛の男が突然倒れ意識不明の状態に。それがきっかけで男に名前も免許証も仕事先も全て嘘をつかれていたと知る。動揺しながらも本当の彼を知るために奮闘する、というもの。

[感想]
あまり評価の高い印象が無かったので、想像してたよりは良かったかな!
けど全体的に中途半端で、ハラハラするようなどんでん返しも無ければミステリー調でもないし、そういうのだと思って見始めるとコレジャナイ感すごいかも😂

予告とあらすじ見たらすげぇ面白そう!!って感じだけど、実際は結構現実より(変にミステリーやファンタジーじゃない)に作られていてヒューマンストーリーって感じでしたね。中途半端な部分が多くて一個気になり出したら止まらないのであまり深く気にしないで見たほうが楽しめます。笑

中盤までは本当に高橋一生が何者なのか分からないところはよかったですね。
かなり最初の方で高橋一生は倒れてしまうのでそのあとは基本的に長澤まさみの回想シーンで登場する感じなんですが、その回想シーンの全てが真相を知った時に点と線で繋がる感じは良かったですね!
あぁ、、本当はそうだったなんて……😭と長澤まさみの気持ちに軽く移入してしまう。笑

あとこの映画の見どころは私の中ではDAIGOですね(笑)最初気が付かなくて少し驚いた🤣
回想シーンで出てくる高橋一生にはキュンとせざるを得ないですね。酔っ払って帰って介抱されて、風邪ひいて口の中見られて、ダメだって言ってるのにガンガン擦り寄ってきたり…😤

長澤まさみと高橋一生を目的(あとDAIGO)で見るなら良いけど、映画としては微妙って感じですかね!
個人的にはあのストーカーなのか、出会い系で出会ったのか、浮気相手なのかよく分からない女は登場しなくても良かったかなって感じです(笑)