嘘を愛する女の作品情報・感想・評価

嘘を愛する女2018年製作の映画)

上映日:2018年01月20日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「嘘を愛する女」に投稿された感想・評価

よ

よの感想・評価

-
うーーん、、期待しすぎた。
不完全燃焼って感じのラスト。
最後は高橋一生が自分の過去話すとか、長澤まさみと幸せになるとか、その後まであったらよかったなあ
これが実話に基づくっていうのはびっくりだけど、映画にしてはちょっと物足りない気がした。
あと川栄の役必要かな、、(笑)
出会い系で出会ったとか、あとから考えるとよくわからん。

でもキャストの雰囲気はよかった。
長澤まさみと高橋一生のシーンは自然で素敵だと思ったし、吉田鋼太郎さんがいるとやっぱり安心感が◎
DAIGOも川栄も演技上手だと思った。

このレビューはネタバレを含みます

タイトルや予告からして
サスペンス色強いかなーとか思ってたら
割とハートフルよりなラブストーリーといってもいいと思う

ウソを悪意でついてたのか、善意の人なのか
高橋一生がどちらにも転んでも不思議でない雰囲気を持ちすぎて

結末がどっちに転んでても多分腑に落ちてだと思う。

全編一生の面影を追う長澤まさみの悲喜こもごもを楽しみつつ
DAIGOや川栄李奈の若者たちイロモノキャラと
ヒロインの助けとなる吉田鋼太郎もとてもいい味を出している

見終わった後に妙な清涼感もあるので
とても良かった
hamuhamu

hamuhamuの感想・評価

3.5
嘘を含め愛を肯定した。
愛したことが偽りになることはない。
怒りからくる探究心、義務感さえも感じた。
真実を知り自身の心も研ぎ澄まされ
新たなスタートをきる。
moviea8

moviea8の感想・評価

3.6
高橋一生さんもっと見たかった(笑)
ゾゾ

ゾゾの感想・評価

2.8
一生にとってもきゅんきゅんできるのでとても良い。ただそれだけ。
内容は予告を見たときの期待を下回ってしまって、いまいち。
Arbuthnot

Arbuthnotの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

うーん、あまりハマらなかった。

高橋一生がどうして本名を捨ててまでして東京に流れ着いたのか理由として少し弱いように感じた。また最後までミステリアスな男のままで感情が読めないというか、結局長澤まさみ演じる主人公のことをどこまで想ってたの?って言うのが小説に仮託した独白だけだとあまり入ってこなかった。

そして、主人公のキャラ、嫌すぎて全然感情移入できなかった。。
気の強い性格もそうだけど、最後そんなに揺すったらあかんのちゃうの⁈とハラハラしてしまい感動どころではなかった。

そもそもの設定が少しザルだったようにも思う。携帯も銀行口座も無い、家族親戚友達誰もいない、でへーそうなんだのまま5年間も付き合うかな?ちょっと呑気過ぎない?

あと、川栄李奈のキャラにあまり物語における存在の必要性が感じられなかった。吉田鋼太郎の娘さんのエピソードもそうだけど。

時間が経ったら色々ふつふつとツッコミが出てきたけど、観ている間は普通にさらっと楽しめた。ロードムービーが好きっていうのがあるし、長澤まさみの美しさが堪能できたし。

あと、DAIGOが本作のMVPかも。こんな役もできるんだ、と感心。意外とハマり役。
原作よりだいぶ端折られてるけど、これはこれでよし。アラサーバリキャリ女性の葛藤、みたいなのが長澤まさみ激ウマ。
>|