永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 14ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

ジプシーのジャズギタリスト=ジャンゴ。時代はナチス占領下のフランス。

と言えば、何となく想像できますね〜。映画はそれを裏切りません。そこが物足りないところでもあります。

ジャンゴ、、と言ったらマカロニウエスタンを思い出す程度で、この方が伝説のジャズギタリストだったことすら知らないで観てしまいました^^;

ナチスがフランスを占領し、ジプシーを迫害し始めたことを聞いても、彼は最初、結構無頓着に見えた。彼にとっては、第二次世界大戦も「よそ者の戦争」だから。
それでも、パリを追われ、スイス国境の村へ逃げても追いかけてくるナチスの影。迫害されるジプシー達。さすがに彼も追い詰められる、、。

そんな暗い時代でも、一瞬の光を放つギターの音色が素晴らしい。彼の指は二本、火傷で動かないため、二本の指だけで、超速演奏をしている。凄い!

そして教会のパイプオルガンで奏でられる「レクイエム」が心を打つ名曲です。この曲は一部しか楽譜が残っていないのを他の方が再現したらしい?ですが、ジプシーの悲劇を目の当たりにしたジャンゴの、静かな魂の叫びのようです。
小林

小林の感想・評価

3.3
2017/11/29 91本目 有楽町ヒューマントラスト

思ったよりも静かな映画。恐らく史実に結構忠実なんだろう、ジャンゴがそこまでありえないような無双をしない。だから派手さとか、痛快さはない。ただただ悲しくなる。
いわを

いわをの感想・評価

2.8
ジプシーに対するナチの差別がこれはほどとははじめてしりまさた
暗い内容ではあるが、映画中の音楽が兎に角かっこいい!

やっぱりジャンゴとつくものはかっこいい映画なのかな?
テアトル梅田にて鑑賞。

【あらすじ】
1943年、パリ。ジプシー出身のジャズ・ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトはナチスに演奏の腕を見込まれドイツ公演を依頼される。しかし一方でナチスのジプシー弾圧は激しさを増しはじめ…。

ジャズ対ナチス
この映画はナチスの宣戦布告で幕が上がる。ジプシー達が何者かに襲撃されるという緊張感溢れるシーンで物語が始まることにより、ジプシーの危機的状況が一目で伝わる。対するジャンゴは呑気なもので、演奏会そっちのけでナマズ釣り。呼び戻されても遅刻したことを詫びること無くダラダラと準備をする…。中盤まではこのような間延びした演出が多く見られ、ジャンゴの緊張感の無さが色濃く描かれている。
しかし一転して、後半の演出は面白い。特に別荘での演奏会のシーンは、この映画で一番のカメラワークを見せる。ブルースは非アーリア人的で野蛮だと語るナチスがジャンゴの演奏で狂わされる様がよくわかる素晴らしいシーンだった。
ジャズも好きだし、ナチスが登場する映画をよく観るので、という理由だけで鑑賞したが予想以上に面白い作品だった。もう少し歴史的背景について学んでから見直そうと思う。
fumika

fumikaの感想・評価

3.5
恥ずかしながらジャンゴラインハルトのことは全く知らずで観ました

まず冒頭のスイングで心が全て持ってかれて脚でリズムをとりだす私
観客がスタンディングで踊り出すシーンは昔にスウィングガールズを観た時の高揚感に似ていて懐かしい心持ちに

もちろんナチ関連なので悲しいシーンが多いわけで、同胞が目の前で殺されるシーンは何度観ても辛くて目を覆いたくなった

終盤でジプシーに捧げたレクイエム、私にはブルースを奪われたジャンゴ自身の魂に対するレクイエムに感じられた

ジャンゴの作品聴いてスーパーマリオサンシャイン思い出したという小言
みや

みやの感想・評価

3.7
演奏シーンに思わず拍手しそうになる。

マイナーコード禁止、ブルース禁止、ソロは5秒以内、足でリズムとるの禁止、ベースは弓で弾く…等々、ドイツ兵士の前で演奏するための禁止事項がズラリ。
それだけ音楽には人を動かす力があるということか。
兵士が踊り出したときは、ニヤリ。
だまん

だまんの感想・評価

3.4
ジャコじゃなくてジャンゴ、パストリアスじゃなくてラインハルト。ロマ(いわゆるジプシー)音楽とジャズを組み合わせた音楽の創始者。ドイツはロマも迫害していたのか、知らなかった。自伝も出てるみたいだから読みたい。AppleMusicにもたくさんあったから、ジャンゴ・ラインハルトの曲たくさん聴いてみる。
昔、同僚でラインハルトさんいたけど、関係ある? ないかw
『過激的不条理』

音楽が素晴らしいのは間違いない。

ジャンゴラインハルト。
ジプシージャズ奏者。

楽曲は知ってたけど、

まさかこんな時代背景のもとギターをかき鳴らしていたアーティストだとは思わなかった。。

お恥ずかしい。

ちょうど第二次世界大戦の真っ只中。

ジャンゴの音はすごく温もりがあって心地よいのに、
その当時の世の中の不条理にギターの音で反発している姿がかっこいい。

過激的な不条理に挑む姿だからこそ

あのようなサウンドとグルーブを表現できるのかもしれない。。
スタバで何回か「Minor Swing」を聴いて視聴に臨んだ「永遠のジャンゴ」。思うに、ジャンゴ・ラインハルトやチャーリー・クリスチャンといった素敵なギタリストのいるスモールコンボは時代が付かない、昔を意識させない。新たな地平を拓いたことと創造の精神が色濃く反映されているからだろう。そんなジャンゴの音楽が再現されているのが嬉しい。正直言ってバイオリン入りのジャズを聴くのは避けがちだけれど映像が付くとそうはならない。ジプシーの奏でるジャズを用いた逃亡劇もサスペンスフルだ。
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

3.7
迫害って、ユダヤ人に限ったことではない。
やっぱり白人って最低の人種だな。

そしていつの時代もそうした迫害に限らず、政府の監視や圧力や無知な差別に抗う手段として音楽を武器に戦う姿勢が文化を支える。

あの時代に政治を風刺するVJの走りが既に存在していることを記す表現が映像化されており目から鱗。

途中なかだるみもあるが、このシーンだけで星3つ分の価値あり。