永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 14ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

まりん

まりんの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

戦争下では、何をするのも命懸けだった。
どんな人気者でも、実力のある音楽家でも。

ジャンゴはお気楽に生きているように見えて、ジプシーの出身と言う事でやっぱり迫害を受けているのね。
それでもユダヤ人よりはマシと言う悲しい状況。


音楽を聞いたら体が動き出すのに。皆、踊りたいのに。
音楽を制限されるのは、嫌ね。

何より悲しいのは、あの美しい作品が一部しか残っていないと言う事。
runruu

runruuの感想・評価

3.4
ナチス迫害ものとしては至って普通だが演奏シーンはノリノリ
そしてもっと聞きたいという不満
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
ジャンゴ・ラインハルトの音楽的側面よりも、寧ろロマに対するナチスの迫害と彼の脱出劇を中心に据えた伝記。ルイーズの立ち回りがスリリングな展開を程々に盛るが、演出は割と淡白。オルガンによる劇伴と挿入曲が渋い。
msy

msyの感想・評価

4.1
MJQというジャズカルテットが好きで、
その「DJANGO」という曲が
あるギタリストに捧げられたものだと知り
ジャンゴ・ラインハルトを聴くようになりました。
「DJANGO」MJQ
https://youtu.be/zLjjN2zovRU

ジャンゴのアルバム、
ヨーロッパのジャズを聴いたのが
初めてでしたし
聞きなれたモダンジャズより古い時代の
音楽で、レトロだなあ程度でしたが、
お気に入りになりました。
そこに本作のような背景があるとも知らず。
そもそもジプシーの歴史も知らなかった。

「白猫・黒猫」(ロマの物語)
「サーミの血」(遊牧民族への差別)
を観ていたことは今回
素晴らしい手引きとなりました。
すごいですね、映画って。

18歳の時に負ったやけどの影響で
2本の指でしか
弦を押さえられなかったジャンゴ。
やけど以前より当然
速く弾けなくなったらしいのですが
いやそれでも凄い早弾きなんです。
https://youtu.be/PQhTpgicdx4

弦楽器を全く弾けない自分には
信じがたい神業です。
これを再現したのがレダ・カテブ。
音は当ててあるそうですが
見事な指さばき。
惚れる、惚れるわレダ・カテブ。

ジャンゴは楽譜の読み書きができず
バンドのメンバーが
彼のアイデアを書き留める手法で
名曲の数々が生まれていったといいます。
まさに本作
パイプオルガンの前で
その場面が再現されており、
文字の読み書きもできなかった彼は
ファンへのサインも名前ではなく
ぎこちなくハートマークを書いたりする。

ドイツ軍占領下のフランスから
彼とその家族がスイスに亡命するまでの
2年間に絞って描かれた作品です。
ジャンゴ個人は
音楽が扇動的だとして
ナチスに目をつけられますが
ジプシーそのものが
ナチスの人種差別的イデオロギーによって
迫害を受けていました。
そんな同胞に向けて
ジャンゴがレクイエムを作っていたとは
知らなかった。
指揮者としてレクイエムの演奏の場に立ち
目を閉じるジャンゴの叫びが
聞こえてくるようだった。
ただジプシーの美しい音楽を
奏でていたいだけなのに。

さらに彼のその腕前が
政治に利用される展開には鳥肌が立つ。
優れた音楽はもはや武器である。

私が初めて買った
ジャンゴのアルバムはこれでした。
残像で速さを表したジャケットに拍手。
本当にすごいのですよ。
https://www.discogs.com/ja/Django-Reinhardt-Djangology-49/release/6981827
せりな

せりなの感想・評価

3.0
ナチス政権下の時代、ジプシーも迫害を受けていたのは知ってはいたけど戦時下のパリの混乱も伝わってきた気がした。
ジャンゴって名前は知ってるって程度の知識しかなかったんだけど、ギターを奏でる姿は本当、カッコ良かった。

上質の音楽があれば、みんな思わず踊ってしまうし空気を変えてしまうんだよね。音楽の力を魅せてくれる作品だと思いました。

音源も譜面も一部しか残っていない「レクイエム」の演奏シーンは胸に迫るものがありました。

愛人のルイーズは架空の人物なんですね。
大まかには史実に則ったストーリーって思えばいいのかな。
MrWhite

MrWhiteの感想・評価

4.0
ジャンゴ好きなので楽しめたけど、
映画の構成としては微妙だと思う。
オチも微妙。マイナースイングの演奏シーンは興奮した。ジャンゴは早くに亡くなってるので記録も少ないので、どこまで本当なのかはわからない。
samiam

samiamの感想・評価

4.5
ジャンゴ役俳優の圧倒的な存在感
あまりにも悲しい史実
もう一度DVDでゆっくり観たい
あぎり

あぎりの感想・評価

4.0
ジャンゴという人についてもジャズについても詳しくないからその辺りは書くことないんですが、1943年〜1945年までの話なので伝記的な映画というわけではなかったですね。
ジャンゴというギタリストを通してWW2時のジプシーに対する迫害を描いた映画だったけど音楽が良かったですね。
のん

のんの感想・評価

3.2

有名なギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトがドイツ支配下の戦争の時代をどう生きたかに焦点を絞った作品。
この人の名前が、セルジオ・コルブッチ(タランティーノの方なら知ってる人の方が多いかも)の主人公ジャンゴ(『続・荒野の用心棒』)の名前の由来となってるってだけで観てみました。

伝説のギタリストって言われているジャンゴの普通の人っぽさ(むしろ外界に無関心)と、ギター弾いてる時のかっこよさ、そして伊達男っぷりが印象的。
ちぴ郎

ちぴ郎の感想・評価

4.4
なんてかっこいいのジャンゴ…
思わず踊ってしまう音楽が大好きだ〜!!!めずらしくサントラまで買ってしまった!

自分の美学と信念がしっかりあって、演奏の前に髪を櫛でとく姿がほんとにかっこよかった。あれはほれてしまうでしょ…
素敵な音楽があれば人種なんて関係ないのにな

2017.187