永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 15ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

だまん

だまんの感想・評価

3.4
ジャコじゃなくてジャンゴ、パストリアスじゃなくてラインハルト。ロマ(いわゆるジプシー)音楽とジャズを組み合わせた音楽の創始者。ドイツはロマも迫害していたのか、知らなかった。自伝も出てるみたいだから読みたい。AppleMusicにもたくさんあったから、ジャンゴ・ラインハルトの曲たくさん聴いてみる。
昔、同僚でラインハルトさんいたけど、関係ある? ないかw
『過激的不条理』

音楽が素晴らしいのは間違いない。

ジャンゴラインハルト。
ジプシージャズ奏者。

楽曲は知ってたけど、

まさかこんな時代背景のもとギターをかき鳴らしていたアーティストだとは思わなかった。。

お恥ずかしい。

ちょうど第二次世界大戦の真っ只中。

ジャンゴの音はすごく温もりがあって心地よいのに、
その当時の世の中の不条理にギターの音で反発している姿がかっこいい。

過激的な不条理に挑む姿だからこそ

あのようなサウンドとグルーブを表現できるのかもしれない。。
スタバで何回か「Minor Swing」を聴いて視聴に臨んだ「永遠のジャンゴ」。思うに、ジャンゴ・ラインハルトやチャーリー・クリスチャンといった素敵なギタリストのいるスモールコンボは時代が付かない、昔を意識させない。新たな地平を拓いたことと創造の精神が色濃く反映されているからだろう。そんなジャンゴの音楽が再現されているのが嬉しい。正直言ってバイオリン入りのジャズを聴くのは避けがちだけれど映像が付くとそうはならない。ジプシーの奏でるジャズを用いた逃亡劇もサスペンスフルだ。
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

3.7
迫害って、ユダヤ人に限ったことではない。
やっぱり白人って最低の人種だな。

そしていつの時代もそうした迫害に限らず、政府の監視や圧力や無知な差別に抗う手段として音楽を武器に戦う姿勢が文化を支える。

あの時代に政治を風刺するVJの走りが既に存在していることを記す表現が映像化されており目から鱗。

途中なかだるみもあるが、このシーンだけで星3つ分の価値あり。
じょー

じょーの感想・評価

3.8
全編に流れる音楽が素晴らしい。

ジプシーのギターには人の気持ちを揺さぶる魔法がある。
その魔法は、人を惹きつけ、惑わせる。

これが事実であることが哀しく、また時代を感じる。

ジャンゴが身近に感じ彼のギターに更に魅せられた。

ともかく、ぼくは弦の音色が大好きだ。
dita

ditaの感想・評価

3.5
@テアトル梅田
冒頭の演奏シーンが格好よくて惚れ惚れしたのも束の間、ジャンゴの生きた時代にこんな背景があったなんて全く知らなかった。ドイツ兵を楽しませる為に呼ばれたのに楽しい音楽が制限される矛盾。レクイエムの荘厳さがジャンゴの哀しみの大きさに比例していた。
ジャンゴはゴンチチが選んだベスト盤みたいなのを昔聴きこんでいて今回久々に触れたけどやっぱり格好よくてわくわくするなぁ。サントラももちろん購入。上映後にミニライブまで観られて今日は超お得やった。劇中で使用していたギターをあんなに間近で見られるとは!
ジャズもジャンゴ・ラインハルトも知らない私がこの映画を観たのは、彼が「伝説」のギタリストと呼ばれているからだ。
どの分野でも「伝説」と呼ばれる存在には興味が湧く。
この映画ではミュージシャンとしてのジャンゴ(レダ・カテブ)に焦点を当てるのではなく、ロマ族(ジプシー)出身のジャンゴを通して、ドイツによる彼らへの迫害が描かれる。
ユダヤ人の迫害は有名だが、ロマ族もまた同じような目に遭っていた。
演奏シーンは控え目で、ジャンゴの愛人という設定のルイーズ(セシル・ドゥ・フランス)という架空の人物を導入することにより、物語的な吸引力を持続させていた。
しかし少ないながらも、ジャンゴのギターで人々の心が動かされる様に、音楽の力を感じた。
まりん

まりんの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

戦争下では、何をするのも命懸けだった。
どんな人気者でも、実力のある音楽家でも。

ジャンゴはお気楽に生きているように見えて、ジプシーの出身と言う事でやっぱり迫害を受けているのね。
それでもユダヤ人よりはマシと言う悲しい状況。


音楽を聞いたら体が動き出すのに。皆、踊りたいのに。
音楽を制限されるのは、嫌ね。

何より悲しいのは、あの美しい作品が一部しか残っていないと言う事。
runruu

runruuの感想・評価

3.4
ナチス迫害ものとしては至って普通だが演奏シーンはノリノリ
そしてもっと聞きたいという不満
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
ジャンゴ・ラインハルトの音楽的側面よりも、寧ろロマに対するナチスの迫害と彼の脱出劇を中心に据えた伝記。ルイーズの立ち回りがスリリングな展開を程々に盛るが、演出は割と淡白。オルガンによる劇伴と挿入曲が渋い。