永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

Bluegene

Bluegeneの感想・評価

4.0
ジャンゴ・ラインハルトというと往年のジャズファンなら誰でも知っているギタリスト。火傷で左手が不自由だったため三本指で弾いたことは有名だ。ジャズよりロック派の私でさえ、「ジャンゴロジー」は聴いたことがある。

が、彼がロマで、第二次大戦中にナチス・ドイツの迫害を受けスイスに亡命したということは知らなかった。

ジャズやブルースはアフリカ系アメリカ人の苦難の歴史と切っても切れない関係にある。やはり迫害の歴史をもつロマとして、ジャンゴはロマの楽器であるギターを手にジプシー・ジャズという新しいジャンルを開拓した。

この映画はドイツ占領下のフランス時代のジャンゴの姿を描いたもの。演奏シーンではジャンゴ役のレダ・カテブが実際に三本指ギターを弾いているのだが、この役にキャスティングされるまでギター演奏の経験はなかったそうだ。逆にだから三本指という特殊な運指ができたのかも。

解放後のパリでジャンゴが自作のレクイエムを披露するシーンで映画は終わる。このレクイエムはその後演奏されることはなく、スコアも一部しか残っていないそうだ。ナチス・ドイツの犠牲になったロマは50万人といわれ、収容所では強制的な断種手術も行われていた。犠牲となった同胞たちへの鎮魂のために封印したのだろうか。
Saki

Sakiの感想・評価

3.8
歌声や音楽が本当に素晴らしかったです!
観ていてこっちまでリズムを刻んじゃいそうになりました^_^
後世のミュージシャンに影響を与えたジプシー音楽のジャンゴラインハルト伝記。
パリで喝采を浴びていたジャンゴはナチスに反感を抱きドイツでの演奏をホイコットする。身に危険を感じるジャンゴは家族とスイスに逃げようとするが湖畔で足止めをくう。イギリス兵士を逃がすため信念を曲げ、ナチスのために演奏しその後スイスに逃亡する。途中、家族とも別れ別れになるが、戦後再会しミュージシャンとして演奏する。
音楽もかっこいいし、やはり伝記は力あるのだが、ジャンゴを演じる役者の顔が好きになれなかったのが残念
ryo

ryoの感想・評価

5.0
音楽って…ほんとに…ってなる。演奏シーンだけでも満点。冒頭のステージはswingしすぎた。

「ジャズでもベースには弓を使え、ソロは5秒以内、速いテンポもブルースも禁止、客を扇動するな。」

ジプシー出身の天才ギタリスト、ジャンゴ•ラインハルトの伝記映画。ナチス占領下のパリで連日客を湧かせる彼に迫る抑圧とジプシーへの迫害。

ステージでの演奏に着席スタイルの客がどんどん立ち上がり手を鳴らす姿、制限された条件の演奏からの敵も惑わせる熱狂的な音楽。ジプシー仲間との宴。森の中、教会、バー、ステージ、どの演奏も泣きそうになるくらい素晴らしい。

彼を助けるべく危険を侵す愛人ルイーズにはホントに胸が詰まる。彼の音楽に救われて、守るべき美しい物のために力を尽くす強さよ…涙

バンドメンバーのクラリネットの彼とベースの眼鏡の彼の演奏もすごくすきだった。
ジャンゴ・ラインハルトの演奏の素晴らしさや、ロマの辿ってきた歴史もわかるが、終わってみれば特に何も残らず、、。
かれん

かれんの感想・評価

3.4
主旨が途中で変わってきて戸惑った。
音楽は素晴らしかった。
もっと色々聴いてみたいなぁ
kuuta

kuutaの感想・評価

2.5
ナチスドイツに迫害されたジプシー出身のミュージシャン、ジャンゴが戦時中にナチスに狙われ、追われた実話の映画化。
ユダヤ人ばかりにスポットがあたるけれど、ナチスに迫害されていた人たちにはジプシー(ロマ人)や障害者、黒人なども含まれていた、ということを今に伝える映画ではあると思うけれど、そもそもジャンゴが当時どれほど有名だったのか、どれだけ苦労したのかなどがいまひとつ分からず、なんとなく、ピンと来ないまま終わってしまった…
★永遠のジャンゴ(原題:Django)2017年

製作国:フランス
言語:フランス語・英語・ドイツ語など
監督:エチエンヌ・コマール
出演:レダ・カテブ、セシル・ドゥ・フランス

お恥ずかしいことに、ジャンゴ・ラインハルトという名前すら知りませんでした。この映画によって彼の存在を知れて良かったです。

しかし!!!
時代背景も詳しく知らず、ジャンゴ自身のことも知らないまま観たら…
話に全然ついていけなかった…
展開に全くついていけませんでした。状況が全く読めませんでした。
終始「なんで今こうなってるの?!」「どういうこと??」って脳内独り言が止まらず。。

自分の知識不足なのか、監督の問題なのか脚本のせいなのかもよくわからないまま。。
終わってからみなさんのレビューを見て、「そういうことだったのね」といろいろ納得した感じです。

そんな所感もありますが、演奏シーンはとっても良かったです。
特にいちばんの盛り上がりと思われる晩餐会のシーン!!
「音楽は国境を超える」という今までに腐るほど聞いたことのある表現そのもの。
実際の音源も聴きたくなりました。

第二次大戦中のナチスによるジプシー迫害についても初めて知りました。
悲しい歴史だけど、これを機にもっとしっかり知っておこうと思います。

時代背景やジャンゴのバイオグラフィなど、ある程度知識を持って観ていたらもっと楽しめただろうなあ。
でも観れてよかったです。

レダ・カデブがダンディな感じでかっこよかった!!
竹犬

竹犬の感想・評価

3.1
塚口サンサン劇場にて、特別音響の効果で演奏シーンの音が心と体に刺さってくる感が強くて最高でした。
特にパイプオルガンの重厚な音圧はすごい。
ナチスに迫害、虐殺されるジプシーのお話で天才的なジャズギタリストのジャンゴを描いたお話。
ストーリーの展開は静かな感じだったのとちょっと寝不足だったので二回ほど落ちてしまったので今回の評価は不当本当はもうちょっとポイント高くなるハズ?
ゆ

ゆの感想・評価

3.0
ドイツ軍人が、扇情的に演奏するなといいつつ、やっぱり堪えられずノリノリになってしまうのが、音楽に国境はないことの証でしょうか。

最後の清らかなレクイエムは、実際は一部を残して失われているそうですが、それこそそのときの心を癒すために必要とされたものだったからなのでしょう。