永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

skm818

skm818の感想・評価

4.0
ジャンゴ・ラインハルトってミュージシャンがいたということ、名前だけは知っていたけど、こういう人で、こういう時代に生きていた人だったのだなあ。ロマなのか…  というわけで、映画は占領下のフランスでのロマ迫害についても描かれる。
当時ジャンゴはすでに有名なミュージシャンだったが、ドイツ人のために演奏するのが嫌で収監も嫌でパリを逃げ出し、仲間たちと国境の村に隠れ住む。でもドイツ人がやってきて、馬や車は奪われ、移動禁止令が出され、不自由なところに追い込まれる。ドイツ人のパーティーで演奏することになるが、黒人音楽は禁止とかソロ禁止とか、なんかもうどうしろというのかというようなルールが。そんな中でも意地で自分の音楽をやろうとするんですが、演奏中にレジスタンスが列車を襲ったとかで、コミュニティは焼かれ、ジャンゴはスイスに向けて逃げる。
これどこまでが伝記的事実なのかは知らんけど、ロマに対してこういったことは実際にあったのだろう。好きなことやりたいこと出来ること能力のあることをやって生活費を稼ぎ家族や仲間とつましくも楽しく暮らしたいというだけなのに何故こんなにひどい目にあわなければならないのか?  パリで仲良くしてた(愛人なのかな?)ルイーズにしても、ドイツ兵に捕まって、なんかもう言いたくないようなことをされて、ドイツ人の情婦をせざるを得なくなっているんだよな。彼女は多分もう映画の最後のところでは生きてはいなかったのだと思う。また会えるって言っていたけど、いなかったから。
あとさ、印象的だったのは、脱出の手引きをする役のレジスタンスがほんまむちゃくちゃ胡散臭い感じに描かれていたこと。ジャンゴたちロマはずっと待たせて、英国の負傷兵を優先的に逃すとか、レジスタンスの人手になる男はともかく女子どもに関しては…とか、レジスタンスといったって、所詮は多数派白人で、ロマを差別してるってことなのだろう。こういう「少数派の味方ぶってヒーロー気取ってる連中の胡散臭さ」を描いたものってスカッとするわ。
ナチスのジプシー迫害も、ジャンゴがああいうレクイエムを作ってた事も知らなかった。
ジャンゴの伝記映画だと思って観に行ったらジプシー全体の物語だった。勝手ライブシーンやジャンゴの芸術に対する情熱とかそういうのを期待してたんだが、全然違う方向性だったのねという感じ。それでも演奏シーンのフィンガリング再現度はなかなか。
お話自体は完全フィクションなんだろうけど、ジャンゴのギターを通してジプシーについて少し触れられたのは良かったかな。
barboyan

barboyanの感想・評価

2.5
見どころが分からなくて、途中寝てしまった。
ひとしきり寝て、起きてもあまり展開してなくて、全体的にフワッとしてメリハリ弱く薄っぺらい感じ。
あれこれ盛り込みすぎて、焦点がボヤけた印象。
ジャズ・ギターリスト、ジャンゴ・ラインハルトがひたすらカッコいい!
卓越されたギターの早弾きに圧倒されました。

『戦場のピアニスト』のシュピルマンみたいな繊細な芸術肌とは違って、ジプシーらしく、どこか飄々としているジャンゴ。家族や仲間を第一に考える彼の人間味溢れた行動にも共感出来ました。

改めて感じたのは、音楽には抑圧された人々を鼓舞させる力があるってこと。ナチス高官がジャンゴを疎んだのは、そのことを知っていて、恐れを感じたからだと思う。

ジャンゴが言った「音楽は知らない。音楽が俺を知っている」は名言。
映画で初めて知ったジプシー・スウィングに興味を持ちました。
映画の舞台はナチス占領下のパリ。
ロマ出身のギタリストで人気絶頂のジャンゴにもナチスの暗い影が襲う。
映画は、ジャンゴの音楽、人間としての魅力と共に、ロマの人たちの迫害の歴史、ナチス占領下のフランスの状況、戦争の悲惨さ、人間の残酷さといったジャンゴの人生に大きな影響と影を落とした事柄も丁寧に描いている。
ジャンゴ役のレダ・カテブはこの役が決まって以来、ギターを肌身はなさず持ち歩き練習してきたそうだが、驚くほど見事な演奏シーンを演じていた。
監督は、ジャンゴの伝記小説「Folles de Django」を書いた作家で研究家のアレクシ・サラトコとジャンゴの孫であるダヴィド・ラインハルトから綿密なリサーチを行い、今まで知られていなかったジャンゴの人生のある時期にスポットを当てて真実を基に脚本を書いたそうだが、ジャンゴを知らない人でも十分に楽しめる映画になっている。
Masato

Masatoの感想・評価

2.5
ジャンゴの映画じゃないですよね、コレ

ジャンゴ・ラインハルトの大ファンだし、ジャンゴについて書かれた邦訳本2冊所持してるけど、ナチ絡みがゼロでは無いにしても、こんな活動家まがいの信念もったイメージやエピソード皆無ですよ

もしこれからこの映画を観る人がいれば。。

ジプシージャズに興味ある人はサントラ買ってください
ストーケロの演奏は間違いなく最高峰です(来日公演は最高でした)

ロマに興味ある人は、トニー・ガトリフ監督作を観てください
ちょっとディープですが、生々しいロマの姿を見ることができます

もしジャンゴの人となりに興味ある人は、ウディアレンの「ギター弾き〜」みてください
ジャンゴをモチーフにしたジャンゴらしい人物像やエピソードが堪能できます

。。という意見もあるよ、と踏まえて観てみてください(観るなとは言いません)

ジャンゴがこの映画で知られるキッカケになるのは嬉しいので、ぜひたくさんの人に観てほしい反面、反戦モチーフみたいに受け取られるのは我慢できないんですよ

「ナチスに音楽で立ち向かった〜」なんて幼稚な正義感ふりかざしてマスタベってる人たちが、ジャンゴを墓から掘り起こしてその名声を利用してる感じで大嫌いですね

少なくともこの映画作られた目的が、
「ジャンゴ自身や彼が生み出した音楽をもっと知ってもらうためではない」
というのは残念ながら間違いないです
ちょっと話が何を言いたいかが見えないな…ジャンゴの素晴らしい演奏なのか戦争で亡くなったジプシーの為の演奏なのか色々と入れ過ぎて分かりにくい映画になってた…映画の中に出て来る演奏シーンは素晴らしい。速弾きに踊り狂う人々の気持ちまでの表現は素晴らしかったけどそれをなしにする最後が個人的には納得行かなかったかな…演奏シーンだけで見るなら最高!
YuK

YuKの感想・評価

3.4
戦争とくにナチスを背景にした作品はドラマチックな展開に期待しますが、これはストーリー的にその辺がちょっと弱かった。でも全編通して音楽がとても良かった。
ジャズギタリストの物語なのでギターの楽曲が素敵なのは当然として、パイプオルガンの壮大な楽曲も後半の展開とマッチして、ドラマチックな演出の助けになったと思う。
ギターシーンがカッコイイ!
気ままで、自由を愛する主人公の姿に心揺さぶられます。

対比として、音楽や、民族・思想集団に対する、ナチスの弾圧につぐ弾圧がイラつきます。

個人的には一つだけ問題があって。
主人公の役者さんの顔が、谷村新司の物まねしてるコロッケに見えて仕方なく、そう思ったらシリアスなシーンで笑っちゃって。
何の予備知識も無く、音楽ものって事で鑑賞。周りの人の年齢層が高くてびっくり。Jazz系ってそうだよなって思い出した。
ドイツ占領下のフランス、ナチスドイツによるジプシー迫害の話。
ヒトラーの映像を観て皆んなで笑うシーン。映画「帰ってきたヒトラー」でユダヤ人のおばあさんが「最初は皆んな笑ってた。」って言ってたの思い出した。
ジプシーは戦争をしないって無関心でいても、危機は迫る。国を持たないジプシーと、今の日本人の感覚が似ているのは良い事なのか、ちょっと疑問。
この映画、僕にとっては“音楽もの”ではなかった。