永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

ごとー

ごとーの感想・評価

3.5
2017/12/14
字幕翻訳 星加久実
ジャンゴラインハルトの映画でありながら、ナチスの映画でもあった。
ジャンゴ結構好きで曲は聴いたことあったけどロマでナチス占領下のフランスにいたとかの時代背景は知らなかった。
ロマの家が燃やされるのを見るジャンゴの、命からがら逃げきってレクイエムを奏でるジャンゴの顔が悲しくとても印象的だった。
バヤシ

バヤシの感想・評価

3.0
シネマジャック&べティで観るからこそ、意味ある映画

http://blog.goo.ne.jp/hostama2016/e/36757475d87aadd2fe71aa7d9a493564
mittsko

mittskoの感想・評価

-
【書きかけ】ナチスによるジプシー迫害殺害の映画。この主題のものは初めて観た。

残念ながら、ボクには合わなかったな…(・ω・`) 音楽以外のところ、すごく退屈だった
Hanami

Hanamiの感想・評価

2.9
セシル ドゥ フランスが美しすぎる。
ジプシー狩りについて あまりよく知らなかったから こんなに悲惨だったんだと衝撃を受けた。人がノる曲を弾いたら殺される立場なのに それでも 引き続けるジャンゴの勇気 見習わないと!
悠

悠の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャズは勉強不足もあり不得手な音楽ジャンルだけど、
ジャズギターは良いなと思いました。
管楽器やピアノより好きかも!
でもジプシーだからなのか欧州だからなのか分からないけど
アメリカでのジャズとはまた違って面白かった。
そうそう!クラリネット入ってるし!
より軽快でダンス向き。

ジプシーは常に迫害対象ではあるけど
彼らの生活に自然とある音楽は本当に素晴らしいなと
改めて思いました。
まぁ、怖い集団もあるみたいだけど。
こういった迫害のドラマを観ると戦争になった時、
日本人も明らかに迫害対象になるだろうから胸が痛い。

ドイツ人も本来音楽と共に生きてるハズなのに
ナチス統治下では煽動対象として弾圧されてたのは
悲しすぎる歴史。
ジャズ博士も彼なりの立場で音楽を守っていたんだろうな……

ストーリーのテンポは淡々としてて静かな映画。
音楽が良い。旋律が綺麗!
登場人物の描き方も淡々としてて
ルイーズが中途半端……
欧州の人なら見た目で分かるんだろうけど、
フランス人とドイツ人とジプシーの見分けができない(笑)
唐突にジャコ(猿)が殺されててよく分からなかった。
お母さんもナギーヌも子供も弟も無事で良かった。

パイプオルガンの音は荘厳過ぎて怖い。好きだけど。
最後のレクイエムは泣けた……
コロン

コロンの感想・評価

3.6
音楽は期待した程ではなかった。ロマの悲運さとナチスの極悪非道さを再認識。セシルが哀しい。
ナチス.ドイツ占領下のフランス。
制限があり、音楽すらも自由に演奏が出来ない。
逆らえば殺されるそんな時代。
あり得ない!

音楽が好きな方にはたまらない作品だと思うし、最後に演奏される『ロマのためのレクイエム』は悲しみや痛み、苦しみとかを感じるのに、美しくパイプオルガンの音と歌声が心地よく聞こえる素敵な曲です。
nero

neroの感想・評価

4.0
当地では随分遅れたが、公開日を待望した一本で、自分には珍しく初日に劇場へ。それなりに混んでいたかな。納得ではあるが、まあ白髪率の高いこと。

導入で戦時下であることが示されたあと、シーンはパリでのフランス・ホット・クラブ五重奏団のライブへと変わる。伝説的な指3本での超絶速弾きで会場を盛り上げるジャンゴ・ラインハルト。俳優レダ・カテブのなりきりっぷりが凄いし、ジャンゴ奏法の再現には舌を巻く。
ただ、そこに盟友ステファン・グラッペリの姿はない。この映画で残念なのは、ともにジプシージャズを創り上げたグラッペリとのセッションが見られなかったことだが、そうか彼は戦中はイギリスに居たのか。初期五重奏団の解散もまた戦争の影響だったわけだ。

当時パリはナチスドイツ占領下。正面から反戦を語るわけではないが、ドイツも戦争も忌避し、ロマであることギタリストであることのみにこだわるジャンゴ。ナチスの絶大な権力により、ベルリン公演の準備も進められているが乗り気ではない。
フランスさえ味方ではなく、やがてナチスによる迫害はロマにも及び、危険を感じたジャンゴの家族は、フランス脱出を図ってレマン湖畔のトノンへ移動する。そこに足止めされているロマの仲間たちとの交流が、彼らの行き場のなさをより際立たせて、これもまた戦争映画なのだとあらためて感じさせられる。

1943年11月、避けられずドイツ将校の晩餐会で演奏する羽目になる。課せられた無茶な制約など吹き飛ばし、ドイツ兵たちもスウィングさせてしまうほどに、ジャンゴの音楽は力に満ちている。
直後スイスへの脱出行を決行。最後には、ドイツ兵の追撃を逃れてたった一人雪山へと消えていくジャンゴの姿を後ろから捉えて、映画は1945年5月、欧州戦線の終戦後に行われたある演奏会へと飛ぶ。
演奏される「ロマのためのレクイエム」は、ジャンゴがトノンの教会で作曲していたあの曲だ。戦争の犠牲になったロマの仲間たちに捧げられたものなのだろう。しんとした美しい曲だ。アーシーなコーラスが染み入る。

当時ジャンゴは35才、戦後も1953年にわずか43歳で亡くなるまで多くの録音を残しているが、このレクイエムの演奏はこの1回限りだそうで、楽譜さえ一部しか残っていないという。そのことがジャンゴの戦争に対する意思の表明だったのかもしれない。
kkitachi

kkitachiの感想・評価

4.0
第二次大戦下のレジスタンスはいろいろな闘い方があった。音楽で戦う。戦争は人種を越えた才能さえも武器に変える。
ザキオ

ザキオの感想・評価

3.9
実在したジャズギターリストのジャンゴ・ラインハルトの半生を基にした映画で。

音楽を武器にナチスに対抗したギターリスト。

もちろん僕みたいな若輩者が半世紀以上前のギターリストのことなど知るわけもなく

この映画の冒頭の演奏シーンで心を鷲掴みにされました。

劇場で観ながら足が自然とリズムを刻んでしまいます。

主演のレダ・カテブは、もともとギターが弾けないけどもこの役のために猛練習をして

ジャンゴと同じく3本指の演奏を人前で披露するまでの腕前になったとか、、、

この映画を語る上でレダ・カテブの演技というより憑依してるんじゃないかと思うくらいに自然です。

観て損は、無いと思います。