永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

delta

deltaの感想・評価

3.4
ダサいナチが演奏にあれこれ言ってくるの、無性にイラつきました。それでもジャンゴの音楽にナチがグイグイ引き込まれていく、だけどその演奏も結局ナチに止めさせられてしまうシーンでは、いつの時代も同じなんだなと思った。そして、今この国はどうなのかなって考えてしまう。
会社の忘年会をサボって観てきました!映画上映後に、演奏会がついているというもの。
映画は重い内容ながら、淡々と進んでいった。
ナチス・ドイツに追われる身になったジプシー出身のギタリスト・ジャンゴ・ラインハルトの実話を描いたお話。
ジャンゴを通して色んな表情の音楽が観れました。
冒頭の華やかで聴いていると身体を動かしたくなる軽快な音楽。
後半のスリリングな展開の中で奏でる音楽。
物悲しい壮大な音楽。
劇中、素敵な音楽が随時に流れて娯楽的要素もあったりしたけど、最後の最後で実話なんだなと痛感させられました。
ジャンゴが残した曲のCD買って、じっくり聴いてみたいです。
Snowkuouks

Snowkuouksの感想・評価

3.0
ナチス支配下におけるジプシー絶滅政策による犠牲者を弔うミサ曲を作るジャンゴを描き、スイングギターの大家というパブリックイメージを覆そうと試みているようにも見えるが、印象深かった演奏はまずジャズコンボのものになってしまう。再現されたミサ曲はコーラスのアレンジに土臭さがあり、ジャンゴのルーツを色濃く感じさせた。
ジャンゴ・ラインハルトの音楽を初めて耳にしたのは、ルイ・マル監督の「ルシアンの青春」のなかでだ。映像に見事にマッチした、これまで聴いたこともない演奏は、作品とともに深く胸に残った。ジャンゴ・ラインハルトは、ロマ音楽とスウィング・ジャズを融合させたジプシー・スウィングの創始者として知られるギタリスト。「ヨーロッパ初の偉大なるジャズ・ミュージシャン」とも言われている人物で、この作品では彼の1943年から第二次世界大戦が終結する45年までが描かれる。

ウィキペディアによれば、1942年から45年までのジャンゴ・ラインハルトの軌跡については、まったく記述がない。ナチス占領下のフランスで彼が何をしていたのか、この作品はその期間にスポットを当てて描いている。どこまでが史実なのかはわからないが、彼のルーツであるロマが、ナチスから迫害されるなかで、彼はパリからの脱出を試みる。対岸はスイスの村に潜んで暮らす日々。そのなかでも音楽だけは忘れない。

推察するに、かなり大胆な物語づくりはされているとは思うのだが、ナチスを前にして毅然とした態度で自らの音楽を貫くジャンゴ・ラインハルトの人物像はなかなかに感動を呼ぶものだ。彼を助ける謎の女性との遠い日の恋愛。ロマの仲間や家族との絆。ジャンゴ・ラインハルトの奏でる音楽はもちろんなのだが、展開される人間模様にも興味が引かれる。

本番直前までセーヌ川に糸を垂れて釣りを楽しんでいたり、女性たちとの奔放な交流を続けていたり、人間ジャンゴ・ラインハルトの真実にも鋭く切り込んだ作品となっている。そういえば「ルシアンの青春」も戦争を舞台にしたものだったが、ジャンゴ・ラインハルトの音楽には、なぜか「反戦」的気分がつきまとっている。それが迫害された民であるロマにルーツを持った音楽だからかもしれない。
少年の頃のヤケドのせいで左手の小指、薬指が不自由になるというハンディを背負ってしまうが、親指、人差し指、中指の3本だけを駆使した独自の奏法で、ジプシーの血を引くジャズ・ギタリストのジャンゴ・ラインハルト。

1943年、ナチスドイツ軍占領下のパリ。
ナチスに抑圧された市民をジャンゴは連日熱狂させていた。
ナチスはその人気に目をつけ、ジャンゴをプロパガンダに利用しようと画策。
さらにナチスによる、ジプシーへの迫害はエスカレートしていくのだった…。

冒頭、何気にショッキング。
そして、あの銃"モーゼルC96"。あ!!ドイツだって感じ。

迫害で苦悩するジャンゴだが
「俺たちジプシーは戦争などしない。俺はミュージシャンだから演奏するだけさ」と意に介さない。
音楽の力をみせてくれる映画。
そして、ジャンゴは戦時中に犠牲になったジプシーたちに鎮魂歌を捧げる。


とにかく音楽がいいです♪
Nuages(雲)、Tears(涙)、
Minor Swing(マイナー・スウィング)等など、名曲でいいメロディ、いい音色。
シビれます🎸。

本作で演奏してるのは最高峰のギタリストの一人とされているストーケロ・ローゼンバーグを中心としたバンド『ローゼンバーグ・トリオ』

ジャンゴが教会のパイプオルガンで作曲し、一部の譜面と音源しか残されていない曲、"レクイエム"を音楽家ウォーレン・エリスが創作したという《Lamesse de django》《 Lacrimosa Song》

サントラいいですよ♪
みや

みやの感想・評価

3.6
ナチス少将のクソ度合いもいいが、あんなに盛り上がってて、他の観客の心を掴んだ演奏をしているのに、途中で止めさせる場面にはすごく憤りを感じました。

正反対にジャンゴ達ジプシーはとにかく常に遊び心を持ち合わせた人間豊かな素晴らしい人達でしたね!!
mike

mikeの感想・評価

4.0
CINECITTAで字幕版を鑑賞。ジプシー・スウィングの開祖ジャンゴ・ラインハルトが第二次大戦中に遭遇した迫害を追ったストーリー。少しまとまりの無い展開だったけど、演奏シーンは楽しかった。映画館の大音響で体感できて幸せ。トニー・ガトリフ監督の「ガッジョ・ディーロ」や「ベンゴ」などのコテコテなジプシー音楽もいいけど、ジャズならではのスウィング感に浸れたわ。
もむ

もむの感想・評価

-
[永遠のジャンゴ]このフレーズはいつだったか何処かで聞いたことがあった。
ちょこっとあらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。 まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。(公式サイトより)




感想

最初、ジャンゴ役のレダ・カテブが月亭可朝を彷彿。すいません…、多分、これ、ホント、すいません…


わたしは、このジャンゴについて、まったく知識がないから、許してください🙇



遅刻は当たり前、女にだらしなく、ギャンブルにハマっていく姿は、去年の暮れに観た『ブルーに生まれついて』を思い出す。ま、チェット・ベイカーほど、クズではないが…



いつもいろんなモノを彷彿してるようです…集中出来てないのでしょうか?わたし…



ナチス支配下の時代を生きた不出世の天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの激動の半生を、ドイツ占領下の1943年から1945年のフランス解放まで時期をスポットをあてて描いている。


オープニングの演奏シーンでグッと掴まれ、引き込まれる。


音楽って身分や貧富の差なんかない、そこに楽器があり、歌があればいつだって奏でられる。ひとつになれる。っていうようなシーン。いいシーン。



そこから…


激動の人生を予感させるような


銃声音が響きわたり…





ただ美しい音楽を永遠に奏でていたかった



だけなのに、



それすら許されない



1943年、ドイツ占領下のパリ…



ジャンゴの奏でるギターで、毎夜、ミュージックホールは満杯。音楽界で頂点を極めるジャンゴだったが、各地でジプシー狩りが始まると、ジプシー出身のジャンゴたちも迫害に合い、活動に制限がかかっていく。が、ジャンゴは身の危険を感じるどころか『みんなが聴きたい曲をやって家族を養っている』『俺たちジプシーは戦争などしない。俺はミュージシャンで、演奏するだけだ』と政治に無頓着。なんでこんなに無頓着でいられるの?って観てるこっちがイライラするほどだ。


てか、ジプシーって領土(国)を持たないから所有っていう概念が希薄らしい。だから戦争っていう概念もない。みたいなことをなにかで読んだことがあるが、それにしても、だ。




政治に、時代に翻弄されたジャンゴたち。政治に翻弄、統治され、利用される芸術っていう、理不尽さには胸糞悪くなる。



胸糞悪いけど、それが事実。




本作の見どころはジャンゴの半生と音楽を通じて反戦。


そして、普段、あまり知ることがないロマ族の迫害について触れられたことは意義があることだと思う。



そしてジャンゴを演じたレダ・カテブの役作り。


ジャンゴは火事に遭い左手の指が3本しか動かない。その3本の指で巧みにギターを奏でていた。それを忠実に再現してる。


そして彼がジャンゴを演じるにより、なにより大切にしたことは『物真似ではなくスピリッツを感じ、内側から表現するこどだ。あくまでリアリスティックに。』と語っている。



わたしは、このジャンゴについて、まったくもって知識がない。知らない。だから先入観なく見られたし、ジャンゴのスピリッツとそれを演じたレダ・カテブの情熱を感じられた。





https://ameblo.jp/bird210bird/entry-12332500669.html