永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

pukakurage

pukakurageの感想・評価

3.7
自分に酔いしれすぎていない主人公だったので、安心して観ることができたと思います。自由に表現できない世界にいながらも、芯強く生きている姿がとても印象的でした。
第二次大戦中のナチスがジプシーも迫害していたのは知らなかったので、歴史の勉強になった。

ピークは最初のシーンかな。笑

体調不良もあり、途中退席。
ジプシーも迫害対象であったことは知りませんでした。ジャンゴの感情が描かれた映画というよりは、ジプシーの当時をジャンゴに投影して話しが進んでいくような印象です。静かに淡々と進みますが、下手に感動モノにするより好感がもてます。
「永遠のジャンゴ」観了。
二次大戦中のフランスを舞台にした、ジプシーのギタリスト「ジャンゴ・ラインハルト」の実話。

各方面のギタリストに影響を与えた人物だけあって、演奏シーンが素晴らしいです。サントラ欲しくなった。
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

2.5
レダ・カテブの演奏シーンはすごい!

顔が出ないカットは吹き替えでしょうが、まさか顔が出ていて指先の動きを加工することは出来ないでしょうから、あれ、本人の演奏でしょう。ギターの経験はまったくなかったそうで1年前から猛練習したとのことです。

ただ、映画はエピソードが羅列されているだけで映画としての流れやリズムが感じられませんので落ちそうになります。

http://www.movieimpressions.com/entry/2018/01/04/153713
Mariina

Mariinaの感想・評価

3.5
ジプシー迫害の映画は初めてみた。

ジャンゴラインハルトのバンド演奏かっこよすぎる。
yellowbird

yellowbirdの感想・評価

3.7
レダ・カテブ主演。伝説のジャズギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの知られざる物語を描いた伝記映画。
1943年、ナチス占領下のパリ。ジャンゴは、連日ミュージックホールで、満員の観客を魅了し続けていた。一方、ナチスによるジプシー(ロマ民族)への迫害は深刻化。多くの仲間が虐殺され、ジャンゴや家族にも危険が迫っていた…。
なかなか深みのある作品。ナチスによるユダヤ人虐殺は有名だが、ジプシーもユダヤ人と同様、収容所に入れられ、虐殺されていたという事実はあまり知られていない。ジャンゴたちもジプシーというだけで華やかな生活が一変、逃亡生活を余儀なくされ、一家離散に追い込まれる。
全般的には、軽快なジャズの演奏シーンが多かったので、冷静に作品を鑑賞できたのだが、時折描かれる虐待シーンが、却って戦争の理不尽さや悲惨さを強く訴えかけてくるように感じた。
MissY

MissYの感想・評価

5.0
地元の映画館で見逃していたのを、まさかの旅先で早起きして見るという(笑)。方向音痴の私が、よくぞ上映時間に間に合うように辿り着きました!
でも、それだけ頑張って見た甲斐がある、いい映画でした。
ジャンゴ・ラインハルトはWアレンの「ギター弾きの恋」で知ってCDも持っているけど、こんな人生をおくった人とは知らなんだ。映画の愛人は創作らしいけど、まぁ実際にあんな風な綱渡りな感じで難を逃れたんでしょうね。
本当に人が人を排斥するなんて、あっちゃいけないことなのに、歴史は同じようなことが形を変えて、理不尽なことが横行しているのが悲しいです。
でも、音楽の素晴らしさにはダンス禁止っていくら言われても身体が動き出す様は見ていて痛快でした!!
ChunChun

ChunChunの感想・評価

3.8
伝説のジャズギタリスト、ジャンゴラインハルト。第二次対戦下、迫害を受けるジプシー、その中で奏でられるジャンゴのギター。作品を通して改めてジャズが民族性に根ざされる音楽だと痛感する。本作はジャンゴのパーソナルに触れると言うよりは、むしろジャンゴというフィルターを通したジプシーの迫害がテーマになっている。その為前者を期待した方は軽い齟齬感を覚えざるを得ないのでは?演奏シーンは短く感じ、ステファノグラッペリが登場しないのは残念。なんて言いつつも本作はジャンゴを非常に巧く描いている。とにかくクールだった。ヒトラーの対比したジャンゴを象徴するヒゲの描き方が素晴らしい。
DerFilm

DerFilmの感想・評価

3.1
不覚にも途中寝てしまった。
しかし寝たとはいえジャンゴラインハルトは好きなミュージシャンの1人なので映画がある事を知った時は本当に嬉しかった。
しかし華やかな内容ではなく悲しい内容でジャンゴにこんな出来事があったのかと驚いた。
「俺は音楽は知らない。音楽が俺の事を知っている」このセリフがかっこよすぎる。
そして結局ルイーズは何者だったのか。
DVDが出たらもう一度見たい作品。