永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

ジャンゴ・ラインハルトのギター、生で聴きたい。ヴィオリンとの掛け合いはもう最高で。まさに天賦の才です。釣りと女性と遅刻と色々ありますが天才は天才だと思いました。
mei

meiの感想・評価

3.5
演奏シーンに惹かれて観たが最高だった。サントラを何度も聴いている。
ただストーリーとしてはそこまで面白味を感じなかった。そこそこ長い映画なので退屈に感じてしまうところもあったし、自分に知識が足りないのも理由の1つだと思う。とはいえ演奏シーンの素晴らしさを考えると劇場で観れて良かったと思える映画だった。
主人公の母親が個性的で良い。
ジプシー音楽が陽気で、劇中の観衆も、映画の観客も思わず身体がリズムを刻み出す。
悲しい迫害の歴史の物語だが、音楽のおかげで重苦しくなり過ぎないがその分、鎮魂の歌が胸に響いた。
この手の音楽ジャンルに興味がない人間には、まずもってヒキが弱い。脱走劇にはさほどのサスペンスを感じない。ジプシーたちの悲劇に焦点を当てた点はよいが。
Aki727

Aki727の感想・評価

3.3
全体的に抑揚少なく淡々と長く続く印象。
冒頭の演奏シーンはがっつりと心惹きつけられるものの、全体的に音楽を切り取るシーンは曲回しの影響か?長めの構成。
前知識ゼロで見ると、ドラマティックな展開を予想したくなるけど、全体的にしっとりとしている。
ユダヤ人の迫害は有名だけど、ジプシーも迫害されてたとは知らず…勉強になりました。

音楽はノリノリになれるし、ちゃんと演奏してる(か、してるように見える)ので個人的に好み◎
ナチスの人種差別政策で犠牲になったのはユダヤ人だけでなく、有色人種、共産主義者や同性愛者、そして本作で描かれたジプシー(ロマの民)たち。
私は本作で初めてジャンゴ・ラインハルトを知ったが、彼はジプシー(ロマ)音楽とスウイング・ジャズを融合させた「ジプシー・スウイング」で1940年代のヨーロッパで多くの聴衆を魅了した天才ジャズギタリスト。
映画では第二次世界大戦下、ジャンゴ独自の3本指速弾き奏法による音楽で思わず体が踊ってしまうような華やかなステージと、ジプシーたちがナチスに非情にも追い詰められていく様が対照的に描かれていく。
このジャンゴを「ゼロ・ダーク・サーティ」のレダ・カティブが3本指奏法も含め、恰も彼が乗り移ったかのように演じている。
本作はジャンゴの「ジプシー・スウィング」を中心とした音楽映画であると同時に、第二次世界大戦下におけるナチスの非道を糾弾する映画でもある。
「俺たちジプシーは戦争はしない」
「俺はギターを弾くだけのミュージシャン」
このような言葉で戦争と距離をとっていたジャンゴだが、否応なく戦争は彼を呑み込んでいく。
天才的な音楽家である彼も、迫害対象であるジプシーだということで、彼やその家族、そして彼のバンド仲間にも命の危険が迫り、映画ではその逃亡劇がスリリングに描かれる。
ジャンゴが戦争で犠牲になったジプシーを悼む為に作曲した幻の〈レクイエム〉、その楽譜の多くは現在失われ、発見された一部の楽譜を基に音楽家ウォーレン・エリスが創作した楽曲がラストで流れ、深い余韻を残します。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

 「ナチスvs.ジプシー」という構図が比較的珍しくなかなか面白く見た。オープニングからいきなり盲目のおじいちゃんが無惨にも殺される場面から見入る。ナチス側の台詞であるのがちと悔しいのだけれども「明日を期待するな。今という瞬間を楽しめ」という台詞がかなり印象に残った。あと主人公の母ちゃんがとてもステキ。画面に出る度に思わず胸を打たれる。
i

iの感想・評価

3.0
ジャンゴの愛人役は『少女ファニーと運命の旅』でもスイスへ逃がす手助けをする同じ女優さん(セシル・ドゥ・フランス )だった。
ちょうど時間が空いて何の下ごしらえも無しに観たら、
主役のギター弾き、ジャンゴの表情や演技がとてもエロくて、とろけた。
ありがとう。と思いながら後で調べたら、完全エアギターだった。

…だよね〜
miwonuku

miwonukuの感想・評価

3.5
当時ドイツ軍配下となったフランス。最初のヒトラーやドイツ軍を笑う余裕さから、どんどんドイツ軍に土地も心も侵略されていく様子が怖い。その中で音楽で立ち向かうジャンゴはかっこよかった。
演奏シーンすごくよかった。