永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

天才ギタリスト、ジャンゴラインハルトの半生が描かれた映画

彼の音楽や、仲間を助けようとする意思などはいいのですが
ナチュラルに浮気しててきっしょって思った
ジャンゴという名前だけは知っていた。
映画の題とポスターに惹かれて観賞。

評価に困った。
長くはないのに途中眠気がさしてしまった。
全身が音楽で満たされるのを期待したが、音楽は素晴らしいのにそれで満たされない不足感が残った。

戦争を、ジプシー(ロマ)の迫害を、天才ギタリストを通して描いたととらえるのがいいのかもしれない。
ドイツ軍のニュース映像?を加工して笑っているシーンが怖かった。どんなに危険なことをしているか皆分かっているのだろうか。少なくともジャンゴはこの時点では分かっていなかった。
皆分かっていなくて、気付いた時には逃げられなくなっていたのだろうか。
音楽に細かい禁止事項を設ける愚かしさ。黒人の音楽だからってなんなんだ。でも皆はじめは笑ってた。

女性の強さが観ていて一番心に残っている。特に奥さん。身重であんな苛酷な状況でよく言えた。
そしてジャンゴが演奏前に足首に着けた首輪。あれはあの子の?ジャンゴの気持ちを語ってくれてた…と思うが自信ない。

晩餐会の演奏に沸いた人びと、その様子を窓越しに窺っていた若いドイツ兵、ジャンゴ達の音楽に酔った人たちもドイツ人だ。演奏を止めさせた人物も踊る相手がいたら観察している余裕なかったかも知れない。
ジャンゴの音楽に惹かれるには人種は関係ないしドイツ人が悪いわけではない。
なのにどうしてあんなことになってしまっているのか。
そして、力に負けてヒトラーに協力した人達は戦争が終わって世界が反転したらどんな目にあったんだろうか。
その中にジャンゴの音楽に酔った人もいるはず。

レクイエムに心酔できなかった。
上のようにもやもやしていたからだと思う。
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.7
毎年溢れ出す湯水の様にリリースされるナチス物。しかも、ベルリン国際映画祭のオープニング作品ときている。

今回はホロコースト物では無く、ジャンゴという実存したある凄腕ジャズギタリストを主役に配した、彼のルーツであるジプシーへの迫害と彼自身の逃亡生活をメインとしたストーリー構成。決して彼の音楽的側面を中心とした伝記ものでは無い。

演出も構成も淡白過ぎる感も否めないし、中だるみもするが、どんな困難な状況でも、ギター一本で立ち向かう姿勢に、そんな時だからこそ、音楽の大事さと意義を見せしめる演出は良かった。

最初はジプシーだからこそ、戦争には無関心な姿勢が垣間見れるジャンゴだが、次第にその厳しい荒波に巻き込まれていく様は戦争の恐ろしさと理不尽さを見せつけられているようで憤りを感じてしまったのも事実。

そんな中流れるジャンゴの醸し出す音に救われる。。。
肩の力抜きまくって見てたんだけど最後の最後で泣いた
ジャンゴー!
Milkiti

Milkitiの感想・評価

2.9
ジプシーギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトとナチスによるジプシー迫害の話。
ストーケロ・ローゼンバーグによる演奏シーンはどれも良かった。むっちゃ格好いい。レダ・カテブも音はアテてるとは言えすんごい練習したんだろうな。様になってて格好良かった。
それ以外の内容に関してはあんまり入って来なかったな。
そんなに長くないのに眠くなっちゃった。
パイプオルガンのシーンと、そこからの繋がりであろうラストのレクイエムのシーンは結構びっくりした。
凄いなこの人。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.4
1943年、ドイツ占領下のフランスで、音楽界の頂点を極めるギタリストであるジャンゴ。ナチスのジプシーへの迫害が酷くなる中、ナチス官僚が集う晩餐会での演奏を命じられる。ナチスが支配する戦時下での1人のミュージシャンに焦点を当てたヒューマンドラマ。戦時中での音楽に生きる姿があり、演奏風景は見応えがあり力強い。彼の演奏で踊りだす鑑賞者たちは印象的。迫害されながらも、音楽活動を続ける様は勇ましい。同時に、迫害される姿が痛々しい。実在した人物を描いているからか、結末は重みがあるが、映画としては余韻がありながらもインパクトは弱い。ジャンゴが生きた時代を表す作品としてはわかりやすい。ジャンゴも印象的だが、ジャンゴの母親の存在が印象深く、終盤まで物語のキーマンとしている姿が良い。
いとJ

いとJの感想・評価

4.0
ジャズギタリストとしてのジャンゴといより、ジプシーのひとりとしてジャンゴの半生を描いた作品。もちろん、ジプシーと音楽とは切り離せないものでありますが。

ブルースやスイングを得意とする速弾きギタリストのジャンゴが、なぜ荘厳なレクイエムを作曲したか。それがこの映画をみるとわかります。
Tangerine

Tangerineの感想・評価

3.3
ジャンゴが全くロマっぽくない。
全体的にキレイすぎ。
音楽はかっこいい。
第二次大戦中のロマへの迫害の事実は今もなお認められていない。
けろえ

けろえの感想・評価

3.4
音楽は美しかったです。
ただ、物語のブツ切り感、特に後半はそれが顕著に感じられて、感情移入できず。
で、結局ジャンゴは何をした人なの?という感じでした…。
masumin

masuminの感想・評価

3.8
なんて良い映画なんだろう。意思を貫き通すジャンゴ。あの数人を救うために犠牲を払うジャンゴ。演奏の素晴らしさ。クシを折って、ピック代わりに使う所とかカッコよすぎ❣️