怨念大納言

顔のない眼の怨念大納言のレビュー・感想・評価

顔のない眼(1959年製作の映画)
2.7
殺した女性の皮を剥いで、娘に移植する父親の話。

猟奇的だけど美しい古典ホラー。

音楽的も、コテコテというか大袈裟というか、今聞くとわざとらしいんだけど、モノクロの映像と相まって当時らしい(知っている訳ではないですが)趣を感じる。