顔のない眼の作品情報・感想・評価

「顔のない眼」に投稿された感想・評価

殺した女性の皮を剥いで、娘に移植する父親の話。

猟奇的だけど美しい古典ホラー。

音楽的も、コテコテというか大袈裟というか、今聞くとわざとらしいんだけど、モノクロの映像と相まって当時らしい(知っている訳ではないですが)趣を感じる。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.5
「顔のない眼」
フランジュ作品を一度も観ておらず購入し初見したが凄過ぎた。美しく異常な迄に非人間的で白と黒で彩られる恐怖に感服した。正直ホラー慣れしてる僕には普段のホラーは怖くなく観ている気がしないが本作は別物で狂気に満ち強烈な皮膚移植描写の現実表現は正にフレンチホラーの金字塔だ
林檎

林檎の感想・評価

4.3
エディット・スコブの華奢さと顔を覆うあのマットなマスクがとても不気味でドーリーで、めちゃくちゃ絵になってた!!
ラストも気持ちよくモヤモヤで、好きな終わり方だった。最後の後ろ姿が忘れられない。

サイコホラー的な怖さがある作品だけど、そこの狂気以上にマスク姿のクリスティーヌが印象的。可哀想なんだけどすごい好き。素顔も可愛かった…お顔小ちゃかった…
ホラーより怪奇・恐怖という言い回しの方がしっくりくる古い映画。
事故で醜い顔となった娘の為に若い女性を誘拐し、皮膚移植をする医師夫婦の顛末を描く。
過激な描写はないが今見ても十分不気味な皮膚移植手術のシーンや、モノクロの表現の豊かさを堪能できる優れた映画。
yuko

yukoの感想・評価

3.8
2017.11.19 DVD

事故で顔はメチャメチャになってしまったけれど目だけが無事な娘のために、次々と若い女の子を誘拐して顔の皮膚を剥がして移植しようとする父親。
クロロホルムを嗅がせて、顔に鉛筆でラインを引いて、メスとハサミでペラリペラリと剥いでいく...モノクロでよかった...

父親の助手の女の人、見たことあると思ったらサスペリアに出てたらしい。凄い目力。
Us

Usの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

犬が医者を襲うシーンで所々犬同士の喧嘩が起こっててウケた。
hiroki

hirokiの感想・評価

3.6
大体の「初の病院系サイコサスペンス」など、「初の」が付くのはちょっと荒削りで、でも作品に対するパワーがあって、というイメージがありましたが、これは綺麗。纏まってます。というか、このくらいまでの映画って、みんなストーリーとしてうまく纏まってるんですよね。

映画をバラす感じは、ゴダールとか出て来てから広がった印象があります。それまでも、え?斬新すぎるっていう映画はありましたけどね。
エーコ

エーコの感想・評価

3.4
画面で起きていることもさほど多くなく、この脚本のテンポは辛かった。詳細な皮膚移植手術をかなり直接的に映すところや、失敗した顔面が時間とともに崩壊していく記録写真の場面など趣味嗜好を表現するところは冴えている。クリスティーヌは顔面移植に失敗すると地面に顔を突っ伏しているのがかわいい。レザーフェイスと同じく、怪物性と小動物な可愛さが同居していて(あの長い首を隠す最初の衣装の選び方!)、「萌え」としか言いようのない感情が動かされる。
好きだけどほぼ覚えてない
>|