ザ・フォーリナー/復讐者の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「ザ・フォーリナー/復讐者」に投稿された感想・評価

綺麗なお姉さんは何処ですか?

ジャッキー・チェン主演最新作。
製作年2017年だから最新ではないか。
とりあえず日本での新作。

怒髪天を突くって話し。
これってリーアム・ニーソンがやったらまんま『96時間』ですよね?
って『96時間』見た事ないけど…。
こちらは誘拐されるんじゃなくテロに巻き込まれ娘死んじゃうけど。
何時ものジャッキーの作品とは違って、かなりシリアス。
日用品使ったコミカルな戦闘もない、と言うか、カンフーアクションですらないし。
なので珍しくエンドロールにNG集も無いです。
テロが金のためではなく政治的主張なんで、色んな勢力の色んな思惑が入り乱れてなかなか複雑。
イギリスとアイルランドの民族問題とか、詳しく知らないから…。
ただの中華料理店のオーナーやと思ってたジャッキー爺さん、爆弾の知識凄いし「犯罪者か?」って思ってたら、そう言う事か。
でもいくらなんでもあれはやり過ぎ。
他人の迷惑考えず、テロの犯人探し続けてる、いや直接犯人探せば良いのに何故か元武闘派のアイルランド議員を追い回し、犯人の名前を聞こうとしてる。
議員の隠れ家や個人携帯の番号調べたり、忍び込んで爆弾仕掛けたり出来るんやったら、やっぱり直接犯人探す方が手っ取り早いと思うけど。
こう言う作品にありがちやけど、警察よりジャッキー爺さんの方がいつも先回りしてます。

今日は充分余裕を持って家出る予定をたててたら、急に母親と息子がコンビニに連れて行けと言い出して…。
大急ぎでそれを済ませ何時もの副業の駐車場に着いたのか20分前。
どうしても入金に行かなければいけなかったから用意して車出たのが16分前で、銀行に着いたのが13分前、だがしかし!
振込カードはあるけどキャッシュカードが無い!
大急ぎで走って戻り銀行で振込済ませたのが3分前!
さて間に合ったかは次のレビューで(笑)
シリアスなジャッキーを見れた事に只々感謝!こんなジャッキーが観たかった!もちろん『ニュー・ポリスストーリー』とかシリアスな映画もあったけど、あれはあくまで正義のジャッキーだもんね。どの方向にお辞儀すれば良いですか?
一人娘を殺された中華料理屋のオーナーのジャッキーがテロ集団に死んだような顔で復讐を誓う!ジャッキーだからカンフー技術で迫るのかと思いきや、まさか屋根裏部屋で自家製爆弾を作るとは…
ジャッキーの顔はまさに死神!手練れのlRA元幹部がみるみる内に恐怖に強張っていく…これはまさにみんな大好き「舐めてた奴が実は殺人マシーンでした」映画だ!!
まぁストーリーは色々あるけどね…エンターテイメント作品にしては敵役の構成が複雑過ぎるし、場面があっちこっちに行くから更に敵の関係性が分かりにくくなってしまっている部分はある…あと一人娘の事が後半全く触れられてないのはどうかな…もうちょっと家族の為に復讐するジャッキーか、人間の言葉を理解しない死神ジャッキーかどっちかに振り切ってくれたらもっと良かったかなぁ。
それでも最後の戦闘シーンはもう最高の一言!満身創痍のおじさんジャッキーが敵を滅茶滅茶に締め上げていくシーンは本当に素晴らしい!
おっ、見えるぞ見えるぞ!アントン・フークワ監督がこの作品の次回作を撮っている未来が!そこにはあのデンゼル・ワシントンが…キャーッ(強い願望が見せた幻)
小ボケも小ネタも一切挟まない、
永遠のアクションスター:ジャッキー・チェン師匠の新境地でした。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟 再生」で見せた年老いたジャッキーに、これまでの師匠のアクションスキルを掛け合わせた作品でした。

この路線は確かに師匠のご年齢を考えると自然なのかもしれませんが、
「カンフー・ヨガ」のようなジャッキー過多な作品もたまには見たいな、とも思ってしまいました。

随所で魅せる熟練のアクションは流石のカッコよさだったので、
まだまだ現役でやって欲しいです…。
いつものジャッキー映画と思って観ると拍子抜けしてしまうと思いますが…
ジャッキーの新境地が見られた作品でした!

本作はジャッキー映画ではなく、ポリティカルサスペンス作にジャッキーが出演したって感じです。

普段のおどけたキャラは完全封印して、終始目が死んでいる(印象としては新宿インシデントの真面目感に近い)不気味なキャラを演じています。
場面によっては完全にスラッシャーホラーの殺人鬼みたいな登場シーンもあるし。

そんな真面目ジャッキーがテロに巻き込まれた娘の復習の為に、テロ首謀者達にお礼参りするお話です。

不気味なジャッキーから執拗なストーキングを受けて動揺しまくる007(もといピアースブロスナン)も自業自得だけど見てて可哀想になってきて面白かったです。

印象に残る電子音の特徴的な劇中音楽は何か以前にも聞いた覚えがあるな〜と思って後から調べたら『ドライブ』のサントラ作った人と同じでした。

観た後にスッキリした気持ちにはなりませんが、ジャッキーの違う印象の演技が観られる作品としてオススメです。
nakatsugi

nakatsugiの感想・評価

3.7
今までのジャッキーとは裏の地味なキャラ設定というチャレンジにまず一票。ただ、途中で過去のキャリアが披露されるご都合主義にちょっと興ざめ。タフな格闘アクションや特殊活動の理由づけのため振り切れず中途半端になっている。普通のおっさんのまま状況に立ち向かっていくジャッキーの新しいカタルシスが欲しかった。ストーリーは実作の政治背景をベースに複雑に練り込まれているだけにもったいない。とはいえジャッキーの新しい魅力の可能性は示した。
アクションが控えめ
髭

髭の感想・評価

4.2
開始5分で娘を殺されて死んだ目になったジャッキーが、執拗なストーキング、軽い軟禁などを経て、犯人がわかった 途端に容赦なく復讐してく様が衝撃的でした。
nonchan

nonchanの感想・評価

3.7
「ジャッキーかなり老けたよねー」と思っていたら、実年齢以上に見えるオールドメイクだったらしい。😅
いつもの優しい笑顔の彼を封印して、無差別テロで愛娘を失った元アメリカ特殊部隊出身のレストランオーナーのクァンを鬼気迫る演技で怪演。
怒らせてはいけない人を怒らせたら怖い。😰
2019/6/13 新宿ピカデリー
019.05.15 新宿ピカデリー
>|