キンタロー雨

わさびのキンタロー雨のレビュー・感想・評価

わさび(2016年製作の映画)
3.7
飛騨の田舎にある寿司屋の娘・山野葵。
うつ病の父、迫る高校卒業後の進路。
「詰んだ」葵は、実家の寿司屋を継ぐことに。
偶然出会ったかつての野球チーム監督との対決。
葵の生きる道とは。

30分弱の短編。
『春なれや』はピアノが目立っていたが、
今作では音楽より、ずっしり演技と人生を味わう。

「詰んだ」上で決めた進路など、選択といえない。
そのような覚悟の薄い決心では、
待ち受けるであろう苦難を乗り越えられない。
周囲に理解者はおらず、離婚した母の腹は膨らむ。
10代にしてここまで人生の苦難を背負わせる。

半ばヤケクソにも諦めにも近かったが、
「魔法」だと信じていた監督のカーブを打つ。
あの場面の涙の意味とは。
魔法など存在せず、現実に立ち向かうしかないのか。
自分にも魔法に打ち勝てるほどの力があるのか。

少なからずあの対決のおかげで、
葵は現実と、父と、将来と向き合うことに。
追い込まれたからといって塞ぐ必要はない。
まっすぐ前を向いて、
バットのひとつでも振ってみれば、
カーンと当たることだってあるのだ。
人生甘くない。でも人生、辛いばかりでもない。

普段ドラマは観ないので、
芳根京子はおそらく初めて見たけど、いい女優。
父と娘、母と娘、先生と生徒、先輩と後輩、
野球チームの監督と選手、
それぞれしっかり使い分けられている。
個性的な役よりも、日常さが似合う。