一

わさびの一のレビュー・感想・評価

わさび(2016年製作の映画)
3.5
芳根京子の魅力溢れる物静かなストーリー

心の病を抱えた父親に代わり、実家の寿司屋を継ごうと決意した女子高校生の姿を描いた30分の短編作品

主人公は高校生なのにキラキラしている感じは全くない
あくまで描かれるのは、顔だけ異様に整っているけど、ごく普通の高校生の女の子

セリフは少なく、過度に感情を煽るわけでもない
現実的にさらっと映すからいやらしさもなく、逆にじんわりと感動を誘う
特にラストショットはとても良かった

自分を犠牲にしてでも、誰かに分け与えているという意味で、アンパンマンと先生に言われるシーンがとても印象的

実際、家庭の事情などで夢を諦めざるをえない状況の子はたくさんいると思いますが、そのような子達も決して輝いていないわけではないと
そんな監督の思いが伝わってきました